RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
02
CM:0
TB:0
00:36
Category : 未分類
 岩波ホールだから仕方がない。それは覚悟して金と時間を払うものだ。

 今、上演している『皆さま、ごきげんよう』がそれ。ようやく暇ができて見てきたのだがそうだった。『汽車はふたたび故郷へ』のオタール・イオセリアーニ監督とのことで、それほどヘンテコではないかなと思っていたが、果たしてヘンテコだった。



 話の筋がないのが困る。最初にフランス革命と断頭台のシーンがある。そしてそれはほぼ回収されない。グルジアでの紛争と略奪もあるが、これも回収されない。さらに家の立ち退きの話もあるが、さらにこれも回収されない。

 爺ィ二人と国家憲兵だかパリ市警だかのオッサンが対立する話に整理すれば分かり易い。パリのテロ対策徹底を契機といった話にすればそうなるのだろうが。

 だが、それはされていない。とにかく散漫で困る。最近五年だと『風にそよぐ草』よりも散漫としている。まあ、酷いことをするやつはいるものだが、悪い目にあっても明るく生きようよがテーマと言えばテーマなんだがね。


■ 次の次はアタりっぽい



 ただ次の次、パキスタン映画『娘よ』はあたりっぽい。部族間トラブル解決で10歳の娘を相手の酋長に嫁がせる話で、15の時に嫁がされたおっ母さんが娘は勘弁してくれと逃げ出す話。

https://www.iwanami-hall.com/movie/%E5%A8%98%E3%82%88
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント