RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
07
CM:0
TB:0
06:01
Category : 未分類
 産経ニュースのWEB編集チームが言いたいことは、「ウイグル会議代表は桜井誠のお仲間」ということなのだろう。記事「殺気立った沿道で、ウイグル人の男性は語った『こんなに素晴らしい国でこんなくだらないデモが…』」を読むとそうとしか読めないものだ。

[アパホテル抗議デモに対し]「行動する保守運動」を中心とした右派系グループら百数十人が陣取っていた。
 「20万人しかいなかった南京市で30万人の虐殺? ふざけたことを言うな」
 行動する保守運動代表の桜井誠氏(44)が声を張り上げる

桜井氏が1人の外国人男性にマイクを渡した。男性は中国・新疆ウイグル自治区出身[中略]トゥール・ムハメットさん。世界ウイグル会議日本全権代表


 つまり、世界ウイグル会議日本全権代表は桜井誠のお仲間であるということだ。


■ ウイグル弾圧があっても、アパ思想は正当化されない

 ちなみに、ムハメットさんの言うこともよくわからない。

 確かに「ウイグル人は弾圧されている」は事実かもしれない。本来は民族自治で国を作れたかもしれない立場にあった民族であり、さらに今の新中国の体制から独立する自由はないからだ。

 だが、それだからといってアパホテルが正しいことにはならない。仮に、ウイグル人が過酷な弾圧下にあるとしても、南京大虐殺はなかったことにはならないし、日本軍国主義の中国侵略は正当化されない。アパ思想は肯定されないからだ。

 ちなみに、世界ウイグル会議は言うことがあまりアテにならない。もちろんウイグルに反体制運動があり、漢族支配への反感もある。だが、独立運動への支持はあつまっていない。さらに会議はその代表とも言いがたい。ウイグル民族独立運動はバラバラでまとまっていないからだ。そして、功を焦ってか会議は都合の良いことばかり吹きまくる。その点でチベット亡命政権(亡命政権なのでこれも言うことは結構アレ)よりもさらにアテにならない。


■ なんで桜井とペアに報道したのか分からない

 さらになによりもわからないのは、なんで二つを一緒に報道したのかだ。

 産経精神で「中国憎し、アレは中国が援助した官製デモ」とポスト真実をするなら、世界ウイグル会議だけを抜き出して書くべきだからだ。ご本尊の発言の中身は矛盾したものだが、そう書けば少なくともキレイにそれっぽくまとまる。右派を容易に騙せる訴求力のあるポスト真実の記事となる。

 だが、桜井誠を出してガッチンコするのが怪訝だ。それだけで下品となり、胡散臭さの自乗となる。桜井誠からマイクを渡されたと書くだけで「コイツも仲間だろ」と感づかれてしまう。

 このあたりは普通は気付く。ポスト真実の立場なら、バカ正直に書かず、全く別個の事態であるように二つに分割するだろう。

 その点「このWEB編集チームとやらは桜井誠の別働隊なのかね?」と疑うものだ。桜井を出しても人気は出ると勘違いしている崇拝者、青林堂のジャパニズムそのものではないか。ちなみに、産経や夕刊フジは(PR)なしに宗教に記事として紙面を渡している。ソレくらいはやっても不思議はない。




■ オマケ:抵制APAはガツンとくる

 デモはアパ一味と日本人全体をわけて考えている。アパやその支持者はクズだが、それ以外の日本人・日本社会とは調和しようと訴えかけるものだ。極めて穏当であり、主張としても首肯できるものだ。

 そのあたり、まず官製デモじゃないだろう。大使館やら華僑はなんらかの援助したかもしれない。だが、中国政府が指導したデモとも見えない。それなら日本の歴史認識そのものに苦言を呈するだろうからだ。

 なかでも「抵制APA」はスゲー横断幕だと感心したものだ。APAが内外人問わずに忌避され、アパ利用者が馬鹿にされるようになれば素晴らしいことであるよ。

 ちなみに、産経やらアパ思想の大好きな台湾のしかもグリーン系の自由時報もデモに好意的(あたりまえだ)に書いている。「在日中國人新宿遊行 抗議APA酒店」がそれ。逆に言えば、味方は例のウイグル会議だけということだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント