RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.03
23
CM:7
TB:0
21:47
Category : 未分類
 自民有力者が首相になる方法として、お腹を痛くさせる選択肢はある。「今の安倍体制が続くから首相の出目はない」立場からすればそうだ。病気でいなくなることは最良の選択肢である。選挙で負けるのとは異なり、議席を失うことがないからだ。

 それに対して「病気に対する差別」といった批判は意味はあるのだろうか?

 青山一二三さんの批判は次のとおりだ。
都合のいい時に道徳律を持ち出す青山一二三さん
青山一二三‏ @aoym123
このブログもそうなんだけど、なんで普通に批判すればいいものを「お腹痛くさせて」とか病気に対する差別を助長させるんだろう。あんたらは長谷川豊の同類だよ。 / “隅田金属日誌(墨田金属日誌) 解散の出目はないのかね” http://htn.to/7AhSpW
https://twitter.com/aoym123/status/843542554788290560


 ちなみに、その記事では筆者はなにもアレ政権を批判していない。自民有力者の立場を想像し、示しただけだ。今の自民は従来の有力者を封殺して成立している、いわば不自然なる多数党だ。それが安定するわけがない。大政翼賛会と同じで内閣の指導力がなくなるとなんでもする。その中に病気が進むようにするオプションもあり得ると述べただけにすぎない。


■ 可能性予測について非道徳的と反論

 可能性の予測について差別というのは、なんだろうか?

 つまりは、不都合な見通しを「道徳的ではない」と拒絶するものでしかない。それは、例えばネパールの予測をするとしよう。政治混乱からマデシ運動が選挙をボイコットし破壊的活動に転じる可能性は高い。それを指摘した時に「選挙ボイコットや破壊活動を肯定するのか」と言い出すようなものだ。


■ いつものテンプレ

 まあ、体制擁護の御仁の党派性発言なのだろうけどね。リツイートをみていると
・ CatNA‏ @CatNewsAgency
・ 加藤AZUKI@「超」怖い話怪顧‏ @azukiglg
・ 菊池誠(4/8SilverWings)‏ @kikumaco
・ 上念 司‏ @smith796000
非常にわかりやすいものだ。

 批判の中身としてもテンプレだ。ネトウヨ系御仁が「お腹痛くなればいいのに」をアレな宰相の悪口にとる。そしてそれを不道徳だとして反論するいつものテンプレにすぎない。沖縄の基地反対運動を米軍へのヘイトだというアレなテンプレの亜種だ。

 道徳的ではないとして相手に優位に立つ、あるいは相手に罪悪感をもたせようと言った程度にすぎない。

 まーアレだ、連中はそのうち不能犯に怒り出すのではないかね。「『アレ宰相のお腹が痛くなりますように』と祈祷をしました」程度の発言に、「その発言を聞いて、心理的ストレスでお腹が痛くなったら傷害罪」とかいい出すんじゃないかなと思うよ。


■ 爺ちゃん妖怪だったけど、女房には容喙させなかった

 なんにしても、心技体そろってダメ宰相を支持してもね。

 「ジッチャンの名にかけて」というけどさ、お爺さんは帝大を出て内務省じゃないけど高文通ってる。「岸を倒せ岸を◯せ」といわれたが「岸は馬鹿」といわれたことはない。そして、ジッチャンは巣鴨にブチ込まれてのお腹が痛くなって逃げたり、いわんや政権を放り出したりはしない。

 しかも女房の始末もできないわけでもない。蒋介石や東条英機は許したが岸は政治に口を挟ませていない。

 心技体そろってダメ、その上、女房のコントロールもできないということだ。別人格とかいうなら、じゃあ政治に容喙させるなと。オマエの爺ちゃん妖怪だったが、政治に女房は容喙させなかったぞと。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

自民党はカゴちゃんを詐欺師扱いしてますね。
それだと自民党は詐欺師に簡単にひっかかる人物を総裁に選ぶ間抜けぞろいという事になります。

No title

所詮は穂放射線障害への懸念を揶揄する連中だからね

文谷さんのブログなんで、文谷さんの好きに書けば良いですけど、基本的に持病とかのネタはどんな場合でも社会的にアウトですよ。政権批判とか関係なく。
いくら理屈こねても、もう、そんな社会になってるんですよ。人種とかジェンダーと同じ。
個人のブログに書くことまで秘密警察みたいに探し出して批判する必要まで無いと思いますが、そんなに大丈夫と思うなら、雑誌や本などの刊行物で同じこと書いたら如何ですか?

的外れ

個人ブログと普通の刊行物とは性格が違うわな。

前回持病を理由に辞任しているのだから、政治的に追い詰められたから辞めるわけではないという名分は一応立つ。

それにしても首相に関すること言ったら名誉を損ねたという理由で証人喚問されるとは呆れた話。

これこそコトダマ信仰では?

要するに良くも悪くもコトダマを信仰する典型的かつ善良な日本人ということなのでしょう。
もし本当にそういう事態が起きたら、文谷氏の発言と発病に何らの科学的因果関係が認められずともご本人か擁護者の誰かさんから謝罪を求められても何の不思議も感じません。さすがに某国ではないので賠償こそ請求されないでしょうがね。

東京都知事選で鳥越俊太郎氏が自称保守層からどんな攻撃を受けたか、もう忘れてるんでしょう。

現都知事の「ガンの病み上がりは出てくるな」が許されるなら、高々個人のブログにお腹がイタイと書いたくらいくらいで騒いでるのはなんなのよと。
過保護すぎ。

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/politics/amp/160719/plt1607190046-a.html

No title

なんかもう百回ぐらいループしてる話題ではあるが
安倍氏の病気については公人が病気を理由に政権放り投げた、
そして復帰の際には完治する性質の病気じゃないものを「完治した」と主張した経緯があるわけで
自ら進んで政争の場に病気を持ちだしてるんですよね
そういう都合のいい利用の仕方をしておいて
揶揄するなと一方的に言ってもその理屈は通らないんじゃないの?とは思いますね

そもそも昔から自民党のセンセエは調子が悪くなると「体調不良で入院」とかなさってたわけで
こういう病気の都合のいい利用についても
もうちょっと民草は敏感になってもいいんでないのかな