RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.04
21
CM:13
TB:0
00:20
Category : 未分類
 なんでも憲法9条のせいにするのは簡単なものだ。夕刊フジの佐藤正久さん記事では、朝鮮有事での在外邦人救出は憲法のせいで難しいといっている。

 また、安全保障関連法が成立したことで、自衛隊による在外邦人の救出が可能になった。だが、現実には難しい壁が立ちはだかる。在外邦人を救出できる要件が厳しいからだ。[中略]佐藤氏は「この要件を韓国に当てはめると、かなりハードルが高く、現状では邦人の救出は難しいだろう。憲法9条が最大の足かせとなっている。『憲法を改正しなければ、守るべき命も守れない』という現実を改めて受け止めるべきだ」と語っている。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170420/plt1704201100004-n3.htm


 だが、朝鮮有事での邦人救出はそれほど難しいものではない。韓国政府が崩壊しなければ、空港あるいは港湾までの移動にさほどの支障はない。日本が輸送力を出すならそれで終わる。そして韓国が北に敗北し、支配体制が崩壊することは考えがたい。

 そこでなぜ憲法9条が出てくるのかは不思議なものだ。頭の悪い支持者や産経読者向けに「『憲法を改正しなければ、守るべき命も守れない』」と見栄を切っているが、法人救出なら変えなくても支障なくできるし、逆に憲法を改正してもできないものはできない。

 まずは、防衛費増強と9条改正しか言えない御仁である。

 それ以上は何も言えない。支持者の手前、防衛費の中にある非効率、陸海空配分費や無駄な国産化方針には何も言えない。現実的には9条があっても海外派兵しており、改正しても今ある問題は何も解決しない。

 あとは、銃剣道を学校でやらせろくらいか。あんなものやっても何にもならない。銃剣道協会から支持もらっているからそうしたのだから、靖国神社奉賛会ほかの支持がもらえるなら「学校のボランティア活動で靖国社や護国神社で清掃奉仕しろ」とかも言い出すのだろうね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント


No title

憲法云々の前に、まず、朝鮮半島有事に於ける在外邦人の救出で、自衛隊を派遣するには、まず、韓国政府の同意が必要です。是は当然ですが、歴史的背景から、彼等が同意するのは難しいでしょう。その上、現状でも、数万の日本人が滞在しています。滞在届を出している在住者なら、まだしも、行きずりの観光客等まで手が回るか・・・。

とは言え、この場合でも、在韓邦人を避難させる手段として、民間航空やフェリー会社だけでなく、特別目的会社(フェリー会社などが出資)高速マリン・トランスポート(株)所属のはくおうとナッチャンWorldを使えば、良いかも?

両船とも防衛省が自衛隊や在日米軍の輸送用にチャーターしたものとは言え、民間籍で敷居が低いでしょうから。

それから、船舶は国際法上、船籍国の法が適応されています。13年に施行された海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法では、日本籍船舶に、小銃で武装した民間警備員が乗り込むことについて、別に「政令」で指定する「海賊多発海域」に限り、銃刀法違反の適応除外として認めることを規定しています。

そして、日本船に乗船して小銃等で武装する民間警備員が接近する海賊船に威嚇射撃ができ、人への発砲は船員や警備員に危険が生じた場合のみ認める規定となっています。(ウィキ参照)

北朝鮮が航空&海洋優勢を得る事は無理でも、テロ攻撃を行う事は大いにありますから、武装した自衛隊&海保、警察要員を護衛に当てる、若しくはこの法を拡大解釈し、表向き民間人警備員にした彼らを使えば、良いかも・・・。

唯、問題は、命からがら、釜山まで逃げ出した邦人をこれ等の船に乗せる時です。今年の2月にタイで自衛隊、米軍と共同で、海外初の邦人救出訓練が行われましたが、これとは比較にならない大規模で、その他の問題も・・・。

それから、防衛費の予算配分についてですが、是はBMDの問題が大きいのでは?04年度以降、十三年間の関連費用は約1兆5800億円。この半分でも、装備更新や後方の充実に充てる事が出来れば、この分野が、より向上したでしょう。その代わり、周辺国の弾道弾恐喝に対し、今より劣る対応しか出来ませんが。

また、防衛装備の国産化路線追及も其れなりの意義が有ります。この世界はお金がたくさん有っても、海外の供給先から、欲しいだけ最新鋭装備の供給と支援が受けられる訳ではないです。台湾海軍の潜水艦など、その実例が・・・。

No title

元幹部で部隊指揮した自衛官が言ってるとは思えない、先のことなどまともに考えたことも無い戦争待望論。

そんなこと妄想してるよりも高飛車な癖に危急のテロ・政変で毎度邦人から批判されてる
日本大使館の運用改善でもやった方がいいんじゃないのですかね。

開戦前ならともかく、北朝鮮がソウル攻撃に踏み切った後では、邦人の脱出は不可能でしょう。
地上戦で首都周辺が大混乱している最中、万単位の外国人を国外脱出させる余力など、どこの国にも無い。
日本に置き換えたら判りますよ。首都圏に敵地上軍が侵攻している真っ最中に
「首都在住のアメリカ人を4万人ばかし国外脱出させるから日本は必要なリソースを提供しろ」
と言われて引き受けるわけが無いでしょう。
結局、戦争が終わるまで当局の指示に従って避難場所で待機するのが一番現実的、と言うよりそうするしかない。

Re: タイトルなし

そーいった細かい状況考えずに「ケンポーのせいだ」で終わりですからねえ
頭使ってないなと思いますですよ

> 開戦前ならともかく、北朝鮮がソウル攻撃に踏み切った後では、邦人の脱出は不可能でしょう。
> 地上戦で首都周辺が大混乱している最中、万単位の外国人を国外脱出させる余力など、どこの国にも無い。
> 日本に置き換えたら判りますよ。首都圏に敵地上軍が侵攻している真っ最中に
> 「首都在住のアメリカ人を4万人ばかし国外脱出させるから日本は必要なリソースを提供しろ」
> と言われて引き受けるわけが無いでしょう。
> 結局、戦争が終わるまで当局の指示に従って避難場所で待機するのが一番現実的、と言うよりそうするしかない。

うん、でも文谷さんて9条改正論者でしょ?
『戦争』でしかできない後背地攻撃を提案してるんだから

Re: タイトルなし

憲法を改正すれば「男が子供を産めるようになる」みたいな話でもないからね
戦争になればなんでもやるし、逆に具体的な攻撃能力なければ法をいじっても意味はないし

> うん、でも文谷さんて9条改正論者でしょ?
> 『戦争』でしかできない後背地攻撃を提案してるんだから

No title

>まずは、防衛費増強と9条改正しか言えない御仁である。

中韓に対するコンプレックスから、第二次朝鮮戦争待望論が生まれているんでしょう。経済で中国に水をあけられ、そのうち科学技術でも中韓には勝てなくなる。
要は、戦争が起きたら一発逆転できるんじゃね?って趣旨。万が一、負けたらどうするんだろうね。

その前に、英会話教えるだけの学校教育なんとかしろと思いますけど。日本を捨てて移民になれって言ってるようなものでしょ。
英語より国語、体育より古典ってどうして右の人たちは言わないんでしょうか?

>戦争になればなんでもやるし、逆に具体的な攻撃能力なければ法をいじっても意味はないし

だから戦争としての行為はできない、9条に従えばね
出来るのは自衛の範疇

Re: タイトルなし

自衛隊が海外に派遣される時代にピュアな発言だと思いますね

> >戦争になればなんでもやるし、逆に具体的な攻撃能力なければ法をいじっても意味はないし
>
> だから戦争としての行為はできない、9条に従えばね
> 出来るのは自衛の範疇

No title

> また、防衛装備の国産化路線追及も其れなりの意義が有ります。この世界はお金がたくさん有っても、海外の供給先から、欲しいだけ最新鋭装備の供給と支援が受けられる訳ではないです。

チャイカさん、だったら防衛装備の国産化率より、食料自給率やエネルギー自給率を高めないとね!

No title

そもそも9条に従えば自衛隊は存在出来ないし、更に戦争法が違憲立法されているのに微笑まし事です。

>だから戦争としての行為はできない、9条に従えばね
出来るのは自衛の範疇

当記事からは外れますが

お邪魔します。
 当記事からは外れますが、米空母は「中小国の空軍を凌ぐ航空兵力を、世界の様々な場所に展開できる」事が存在理由なので、制海艦が取って代わる事は難しいと思われます(搭載機数が少ない?)。しかしその他の海軍では「ようやく艦隊の中核足り得る艦が出現した」というか、「航空機や潜水艦に押されっぱなしだった水上艦艇の希望の星」のように思われます。海軍の第一の役割は「海上優勢の確保」ですが、航空機では滞在時間が限られ、「身を隠してナンボ」の潜水艦では敵の海上優勢は脅かせても、自ら海上優勢の確保はできないでしょうから。