FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.10
31
CM:6
TB:0
05:30
Category : 未分類
 ブルーリボンバッジをつけていれば愛国者なんだろう。

 だが、間抜けにしか見えないものだ。

 なぜなら実際に間抜けだからだ。北朝鮮の拉致を許さない。捕まえた日本人を返せ。それはそれで御尤もな意見だろう。ただ、それを日本人に向けて言うのは意味もない。今の日本に拉致を否定する政治勢力もないし、当然だが擁護する勢力も意見もない。居るなら返せで日本の国論は統一されている。いまさらそれを日本国内で繰り返し言っても意味もない。場違い太郎でしかない。

 得られる効果は自己満足だけ。「ボクは北の拉致を許さない愛国者なのです」と聖戦士気分が味わえる程度だろう。


■ 「ボクは(思慮が足りない)自称愛国者です」をアピールするバッジ

 実際に喜々としてつけているヤツもその程度である。付けているのを見ても「ボクは思慮の足りない『自称普通の日本人』なのです」をアピールする効果しかない。今では「救う会」は神がかり右派としか見られていない。そう見られて構わないほどのガチか、あるいはそれに気づけない程度の頭の持ち主である。

 ブルーリボンバッジ着用の意味は脱構築されているということだ。着用者が意図した「北の拉致を許さない」アピールとして機能していない。まずは「ボクは杉田水脈の類です」でしかない。


■ 結婚式で新郎が付けたんだってさ

 それを結婚式で新郎が付けるのもヒトシオである。身内や親類縁者の前で「ボクは(思慮が足りない)自称愛国者なのです」とアピールしようと頑張っているわけだからだ。

 実際にそんなヒトシオ先生がいらっしゃるのだろうか?

 それがいる。何かの壁にピン留めされた、何かの標本を杉田水脈さんが例示している。類は友を呼ぶという。アレのフェロモンはアレを惹きつけるのだろう。

青いバッジ

杉田 水脈‏認証済みアカウント @miosugita
フォローする @miosugitaをフォローします
その他
昨日は福岡で結婚式に参列いたしました。ブルーリボンバッヂを礼服に付けた新郎。芯の通った好青年です。末永くお幸せに💕
今日はこれからまた東京に戻ります。台風、大丈夫かな?
https://twitter.com/miosugita/status/924421269549867008



■ 日本青年会議所あたりに入れ込んでるボンボン内蔵助先生じゃないかね

 まー、日本青年会議所あたりに入り浸ってるボンボン内蔵助先生じゃないかね。どっかの会社の三代目だがアレすぎて大旦那と番頭さんからお店にいると邪魔だから厄介払いされるイメージ。できることは愛国者アピールだけという。実際に杉田水脈を呼んでるんだからそんなもんだろう。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

ショボいバッジ一つで似非愛国者アピールをするぐらいなら、挙式費用を支援者団体に寄付してくるぐらいの義侠心を見せるべきですね。

No title

いっそ、人質交換で北朝鮮に渡ったらとも思いますけど、さすがに言い過ぎか。
でも、なにかを捨てないと塩漬け案件で風化してお終いですよ。

No title

救う会って拉致被害者家族の蓮池透さんを攻撃しているアレ団体ですよね。

No title

>>救う会って拉致被害者家族の蓮池透さんを攻撃しているアレ団体ですよね。

ガネット様、もっとヤバい団体になりつつあるようです…

「北朝鮮拉致問題を政治利用するな!」選挙で拉致被害者家族をフル活用する安倍首相に「救う会」元幹部が怒りの告発!
http://lite-ra.com/2017/10/post-3525_5.html

>>元幹部B しかも「救う会」の何人もの幹部が、日本会議や「美しい日本の憲法をつくる国民の会」のメンバーだったり、嫌韓・反中的な排外主義の考え方をもっています。のちに“米軍基地反対運動は中国の工作”という主張を繰り返す「沖縄対策本部」を結成したメンバーもいました。ほかにも宗教団体やモラロジー研究所、日本遺族会なども集会に動員されたり、頑張れ日本!全国行動委員会のメンバーも参加していたりします。

>>そして、武力を使ってでも被害者救出を、と言う者も多い。まったく現実的ではないのですが、それを指摘しても聞く耳はもちません。また、拉致問題を右翼運動につなげたい、憲法改正に利用できると、まるで“道具”のように公言する人もいました。過激でマッチョな考え方に陶酔しているのです。だから、北朝鮮からのミサイルに対して先制攻撃まで主張する。

※上のリンクより

日本人の言説の多くは

お邪魔します。

 日本人の言説の多くは「その時その場の空気に忖度したもの」でしかありません。ですから例えば「味方航空機の援護無く艦隊を出すのは自殺行為と言っていた連中が戦艦大和を沖縄に突っ込ませる」といった事が起きるのです。かつて「拉致はでっち上げ」と言っていた連中が居ました。金正日自身が認めたのでそれは言えなくなりましたが、その内「かつての植民地支配への謝罪と補償こそが重要で、それに比べれば拉致など取るに足らない」と言い出す人間が出てくるかも知れません。「そういう事を言わせない"空気"を作るためにブルーリボンは必要」と考える人間もいるのでは。

「宴の席に政治や宗教といった、見解の相違があり、かつ一旦持ち出すと譲歩も曖昧にする事が難しい話を持ち込む事が無粋」なのでは。

ブルーリボンすら毛嫌いする反日は楽しそうね