RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.12
24
CM:18
TB:0
19:01
Category : 未分類
 瀬戸の住人@ガルパンSS不定期連載中 さんの作品を拝読させていただきました。 瀬戸の住人「戦車道にのめり込む母に付き合わされてるけど、もう私は限界かもしれない」『WEB小説投稿サイト ハーメルン』(https://syosetu.org/novel/135973/1.html) がそれです。

 総括すれば、瀬戸の住人さんが自称のとおり45歳なら「この作品は読めたものではない」と判断できるのではないか、それをアップするのは「サーバー容量の無駄遣いではないか」と判断できるだろうといったものです。


■ オリジナリティがない
 まず、作品にオリジナリティは全然ありません。

 ガルパンのフォーマットをなぞり、そこに新しいキャラクターを入れたと瀬戸の住人さんは述べております。

 ですが「オリジナルキャラクター」そのものの段階で摸倣とはどういうことでしょうか。

タグに「艦これ」がありますが、これはストーリーの記述に専念する為、本作に登場するオリジナルキャラクターの大半の外見のモデルを艦娘達から引用した為です(一部を除く)。
https://syosetu.org/novel/135973/


 ちなみに話の中でキャラの外見が話に関係することは全くありません。それなら「外見のモデルを艦娘達から引用」する必要はありません。

 その上さらにいえば、外見そのものが作品を読んでいて全く意識されておりません。髪型や服装を「引用」(瀬戸の住人)と参考にされたのでしょう。ですが、どんな服装をしているかなんて読んでいて全然気づきませんでした。

 瀬戸の住人さんは頭の中に絵を浮かべて書いたのでしょう。

 でもそれは全く伝わっていないということです。


■ ディディールだけに凝っている
 普通、物語を書く際は作劇に凝るものです。ガルパンと構図的に重なる兄弟姉妹ものなら『アストロ球団』『野望の王国』であれば兄弟の相克が描かれます。

 ですが、それに力を入れた形跡はありません。ガルパンのフォーマットに沿った平板な構図であり進行も山も谷もない形になっております。

 ドラマツルギーが蓄積されないからカタルシスは全然ありません。読んでみると主人公が勝ったことでクライマックスにしたいのでしょうが、ああそうですか程度でしかありません。ハラハラしないし主人公に勝って欲しいと思うこともありません。

 そもそも話の展開は読者に全く届きません。話の展開にしてもサイコロで一六が出るか出ないかが読者の意識に上ることはありません。路傍の石が勝手に転がっている程度の話でしかありません。

 対してディティールだけには執着を感じます。
私は、ソ連製の軽戦車T-26・1933年型の砲塔ハッチから顔を出して、前方を警戒している。
https://syosetu.org/novel/135973/1.html

「小さなT-26のハッチを開けて警戒していた」だけでいいのではないでしょうか?

この時、観客席に設置されている大画面スクリーン(但し、戦車道の公式戦で使われている列車砲改造の鉄道車両に搭載した物ではなく、本来はイベント用に使われている大型トラックに搭載されたリフター付きのLEDビジョンである)には、迫り来るヤイカの7TP単砲塔型から必死に逃げようとする「みなかみT-26」の姿が映し出されていた。
https://syosetu.org/novel/135973/2.html

「但し、戦車道の公式戦で使われている列車砲改造の鉄道車両に搭載した物ではなく、本来はイベント用に使われている大型トラックに搭載されたリフター付きのLEDビジョンである」(瀬戸の住人)とわざわざ断る理由はあるのでしょうか?

  「ヤスはテレビを横目にラーメンを食っていた」を「中曽根康弘はソニーの41型有機ディスプレイでお笑いスター誕生(ただし地方UHF局の再放送であり最新話ではない)を見ながら汁なし担々麺大盛りを食っていた」と書く必要があると判断するのは不思議なものです。マドレーヌ食うと子供の頃を思い出すほどの意味もないものです。

『母の工場は、普通の自動車やトラック・バスから農業機械の整備もやるのですが、本業は戦車の整備なのです。戦車道で使う戦車の整備や修理・レストアが主な仕事ですが、他にも戦車用部品の製造販売から戦車の買取り・販売、レンタル・リース事業とかその他諸々。戦車に関わる事なら手広くやっています。だから工場は結構大きくて、更に一般人向けの戦車道ショップまで経営しているのです』
https://syosetu.org/novel/135973/5.html

「母は戦車道工場を経営しているのです」だけですよね。これ。


■ 言い訳臭い
 なによりも気になる点としては言い訳くさい点です。

ただ、もしかしたら主人公よりもその母親の方がキャラとしては面白いかも知れません。自分の仕事の都合上、不定期更新となりますが、よろしくお願いします。
[中略]
※艦隊これくしょんファンの皆様へ。
タグに「艦これ」がありますが、これはストーリーの記述に専念する為、本作に登場するオリジナルキャラクターの大半の外見のモデルを艦娘達から引用した為です(一部を除く)。
従いまして、対象のオリキャラの性格・行動等はモデルになった艦娘達とは必ずしも一致しませんので、どうかご了承下さい。
[中略]
以上の点に不満の方は、プラウザバックを願います。
https://syosetu.org/novel/135973/

最初から言い訳をしてどうするのでしょうか? 自信がないなら投稿しなければ良いだけの話です。

 小ネタといいながら自分でいいわけ的に紹介するのも不思議なものです。小ネタにするなら中で判るように書くものです。
今回の小ネタを紹介します。

今回のプロローグ前編、嵐達・群馬県連合チーム対隣県連合チームの試合終了後に、会場で中継していた司会者が、嵐の今季撃破戦車数が通算117両に達し、非公式ながら強襲戦車競技史上最多の年間戦車撃破数を記録したと報じていましたが、実を言うとこの「117両」、第二次大戦の戦車エースとして高名なミハエル・ヴィットマン(ドイツ武装SS、最終階級SS大尉、1914-1944)が1944年1月29日時点で撃破していた通算戦果から引用しています。
ちなみに、この翌日の1月30日、ヴィットマンに柏葉騎士十字章授与が決定されると所属していた第1SS装甲師団長と同師団の戦車連隊長・ヨーヘン・パイパーSS中佐が祝辞に駆けつけ、特派員が記念写真を撮ったそうです。
https://syosetu.org/?mode=kappo_view&kid=163508&uid=212221

それが書けない。気づいてもらえないことで作品外で言い訳している構図です

 言い訳に終始する作品ってどんなもんですかね。出来が悪くても自分の作品であり責任を持つ覚悟が要ると思うものです。


■ 45歳なら「投稿すべきでない」ことは理解できるはず

 以上、総括すれば「読めたものではない」といったものでしょう。一通り読むのも辛いものでした。まずはサーバー容量の無駄使いとでも言うべきものです。

 瀬戸の住人さんが自称しているとおり、45歳ともなれば「どうしようもない作品」であることくらいは理解できるものだと思います。
 「中年趣味人。軍事・鉄道関係を中心に趣味多数」(瀬戸の住人)と自己紹介してますが、それならゴミクズはゴミクズであると判断できるはすです。

 だらしない作品を発表する前に、瀬戸の住人さんには一般の小説を一冊でも読んで参考にすることをオススメします。 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

「目には目を、歯には歯を」の故事に乗っ取って徹底的に反撃しましたねw

Re: No title

馬鹿を言っちゃいけない、己は読んでから批評した
テキストを確認しないで批評した御仁と一緒にされては叶わない

> 「目には目を、歯には歯を」の故事に乗っ取って徹底的に反撃しましたねw

スゴいですね。。。

私なんぞ、冒頭の冠を読んだだけで断念してしまいました。
だって、つまんない駄物なので。

>馬鹿を言っちゃいけない、己は読んでから批評した

Re: スゴいですね。。。

「つまらない」「読むに堪えない代物」といったような失礼な評価は憚られますが
「面白くなく惹き込まれもしない」「読み続けることについて耐え難い苦痛を与える文芸作品である」
とは言ってもよいとおもいますです

> 私なんぞ、冒頭の冠を読んだだけで断念してしまいました。
> だって、つまんない駄物なので。
>
> >馬鹿を言っちゃいけない、己は読んでから批評した

プロのダンサーってどうはしゃぐんだ?

ガルパンと艦これって安永航一郎も小ネタ描いてたなぁ…
さて読んでみましたが、なろう小説ってこんな物なんですかね?
なろうはおろかラノベも読まない為か、
どういう状況か不明なフィールドやら変に熟れてないアナウンスやら一人しかいないはずの肉親が増えるのやらに、読んでて一々つかえて正直辛かったです。
艦これ云々の要素もわかりませんでした。容姿の描写あるのはガルパンのキャラみたいですし…ラリーやってる艦これキャラでもいるんでしょうか?

結論
・とりあえず作者の方は書いた後に読み直して下さい
・口直しに安永の魔法使いの嫁でも読みたいです

No title

>最初から言い訳をしてどうするのでしょうか? 自信がないなら投稿しなければ良いだけの話です。

なろうでよく見ますね、言い訳がましいもの。なら投稿するな、本当にその通りで…
そのくせ批判にナイーブなんですよね、だから言い訳がましいんでしょう。
露出狂が開チンした時に小せえなって言われるのが嫌だって言うようなもんですよ。

No title

添削付き。これは反論の余地無しですなぁ。

昔、kyuumarutkとかいう自称だか他称で戦車兵だと言っている軍クラな人物が同人誌を企画した時、某オブスレで添削されてたのを思い出しました。

本のタイトルからして仰々しいからと言って、元の文案の3分の1位にされてましたね。

Re: プロのダンサーってどうはしゃぐんだ?

> ・口直しに安永の魔法使いの嫁でも読みたいです
30年後に中年になったチセが、「おブリテンでは」みたいな本を出すアタリまで幻視した
辻政信みたいな『住んでみたイギリス田舎生活 15対1でイギリスの勝ち』を書いて美魔女呼ばわりされる感じ
なんか簡単な病気はハーブで治すとか、学院での特別待遇をもってきてイギリスの学校にはイジメはないとか書くんじゃあるまいか

> ガルパンと艦これって安永航一郎も小ネタ描いてたなぁ…
> さて読んでみましたが、なろう小説ってこんな物なんですかね?
> なろうはおろかラノベも読まない為か、
> どういう状況か不明なフィールドやら変に熟れてないアナウンスやら一人しかいないはずの肉親が増えるのやらに、読んでて一々つかえて正直辛かったです。
> 艦これ云々の要素もわかりませんでした。容姿の描写あるのはガルパンのキャラみたいですし…ラリーやってる艦これキャラでもいるんでしょうか?
>
> 結論
> ・とりあえず作者の方は書いた後に読み直して下さい
> ・口直しに安永の魔法使いの嫁でも読みたいです

もしかしたら

お邪魔します。

>だらしない作品を発表する前に、瀬戸の住人さんには一般の小説を一冊でも読んで参考にすることをオススメします。

 もしかしたら、一般の小説を「読めない」かも知れません。「全ての文章・文節及び単語の重要度が全て同じ」は無いでしょうか、その「仕分け」ができなかったりして。昔見たシェイクスピアの『リア王』に関して書かれた本で、「グロスター伯の庶子エドマンドが父グロスター伯に『父を殺して財産を山分けしよう。』という内容のグロスター伯の嫡子エドガーの手紙(実はエドマンドのでっち上げ)を見せるというシーンがある。『父親が息子の筆跡を知らないのか』という疑問は当然わくが、そこはツッコむところではない(本筋とは無関係なので)。」といった事が書かれていました。

「敢えてツッコまない」という事ができず、本筋にまで至れない人なのかも知れません。

清谷信一氏も瀬戸の住人氏の作品を批評したようです

駄目な軍オタのサンプル その2
http://kiyotani.at.webry.info/201801/article_2.html

いやはや(苦笑)



No title

>だらしない作品を発表する前に、瀬戸の住人さんには一般の小説を一冊でも読んで参考にすることをオススメします。

藤沢周平の「隠し剣」シリーズなんてどうでしょうか?
起承転結がしっかりしているし、人物描写も巧みだし、カタルシスも得られるし。

まあ、瀬戸の住人氏が好むような美少女キャラはほとんど出てきませんがね…

途中で断念したヘタレです

この作品ディテールだけは凝っているのに、リアリティーが感じられない。
なんでソ連製のT-26に外部と通話できるような高性能の無線機が付いているんでしょうか。それはまあいいとして、試合中に外部のマネージャーと通話するのってルール違反にならないんですか。それがアリなら、何でマネジャーから敵の情報を色々と聞かないんでしょうか? マネジャーは情報将校や作戦参謀みたいなことはやらないんですか?ガルパンみたいに観客は大画面で戦況を逐一見ているんですよね…

全部読んでませんけど…

この「はあ?」みたいなタイトルだけでもどうにかならんのですかねえ。逃げるは恥だか数撃ちゃ当たるとか、戦車団長殺しとか、戦車道 何がやりたいとか、女車長 直〇とか。
内容にオリジナリティはないのですが、タイトルだけは強烈な個性と芸術性に満ちあふれているのはなんでだろ~

No title

> 逃げるは恥だか数撃ちゃ当たるとか、戦車団長殺しとか、戦車道 何がやりたいとか、女車長 直〇とか。
> 内容にオリジナリティはないのですが、タイトルだけは強烈な個性と芸術性に満ちあふれているのはなんでだろ~

先頃終わったNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のサブタイと同じで、他作品のパロディでは?

でも、直虎はプロの脚本家(森下佳子)が書いているだけに、巧妙に伏線を張りまくって最後はきちんと回収するなど、内容も楽しめましたけどね。

被本塁打大王様へ

その通りパロディでございます。これ以上の解説は勘弁してください。
「直虎」は見ていなかったのですが、さすがはプロの脚本家ですね。でもこの人には無理です。だってストーリーの執筆に専念するために、キャラクターは艦これから流用した、みたいなことを言ってますけど、キャラクターを作り込まないで、どうやってストーリーを作ることができるんですか(笑) むしろ魅力的なキャラクターを生み出すことによって、ストーリーが出来上がっていくものではないのでしょうか。
例えば「こち亀」であれば、両さんと部長という魅力的なキャラクターと時事ネタがあれば、ストーリーが自然と出来上がっていくではありませんか。人物像をなおざりにして、ホントにストーリーが作れるんですか。結果はご覧の通りです(笑)

こんなタイトルはどうでしょう。

もしも45才軍オタのおっさんが文谷氏の同人誌も読まずに小説を書いたら

No title

一時期流行った娯楽戦記なんかもそうですけど
最近では「確固たるストーリーがあって個々のシーンで紡いでいく」のではなく、「個々のシーンをつなぎ合わせることで、確固たるストーリーがあるように見せる」のが昨今の風潮のようで
だから「つまらない」とはどこか違うわけで

>女車長 直〇とか
「女囚さそり」を思い出しましたけど?

No title

> むしろ魅力的なキャラクターを生み出すことによって、ストーリーが出来上がっていくものではないのでしょうか。

ひゃっはーさん、某有名漫画家も貴方と同じ正論を吐いてます。

小林よしのり「ギャグだろうとストーリー漫画だろうと、基本は【キャラ立ち】なんだよね。キャラが立っていないとストーリーだけになるから、途中から読者が入ってこれない」。
http://buzz-manga.blog.jp/gag-manga-artist-meigen

> もしも45才軍オタのおっさんが文谷氏の同人誌も読まずに小説を書いたら

「もしドラ」のパロですかwww