FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.01
18
CM:6
TB:0
10:45
Category : 未分類
 イプシロン打ち上げを祝うのもマヌケなものだ。

 本日、打ち上げに成功した件だ。仔細は「イプシロン3号機、打ち上げ成功 鹿児島・内之浦」で示すとおりである。

 だが、そのイプシロンには全く将来性がない。打ち上げ重量あたりのコストは欧州のベガよりも高い。インド開発中のPSLVの4-6倍の価格。ペイロードあたりの単価が3-5万ドル/kgする。ちなみにベガは1.8万、PSLVは大型のアリアン5やH-2AB同様の6500~9500ドルだ。

 それを言及せずおめでとうベースなのは迎合である。

■ 日本ロケットに未来はあると言い出す航空宇宙ホニャララ

 さらにいえば、イプシロンや日本のロケット打ち上げに将来性があるといい出す航空宇宙ホニャララはもっと不思議だ。

 例えば大貫さんの発言がそれ。 イプシロンは将来性があるという。開発費を付ければ勝てるという。
大貫剛‏@ohnuki_tsuyoshi
とはいえ、PSLVやヴェガがちゃんと飛んでるんだから「打ち上げ数確保の目途が立たない」ってのもおかしな話。需要がないんじゃなくて、充分な開発費をつけてないだけ。イプシロンは初号機がVer0、2号機以降がVer0.9みたいな感じなので、Ver1.0を作らないといけない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/952828311473864704


 実際には競争で勝てる見込みもない。それに投資をしろと主張してするものだ。しかも人口オーナスであえぐ国の貴重な予算である。

 金を焼き捨てるようなものだ。「みちびき」同然の役立たずに金を捨てる結果にしかならない。JAXA等の宇宙開発詐欺に騙されている構図である。


■ 9000億円使った「きぼう」には見合うリターンはなかった

 しかも、それが成長セクターであると信じ込んでいる点で性質が悪い。
大貫剛‏ @ohnuki_tsuyoshi
つまるところ、日本人が宇宙開発の意義を理解できない根源的な原因は、大企業病と同じだと思う。現在の枠組みが恒久的なものと思い込んで、いま自分が食べてるシノギをしっかり維持することが最善だと考えてる。新しい産業を創業して次の柱にしないといけないことをそもそも認識してない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/953451501468377088


 では、日本は「きぼう」で何か利益を得られたのだろうか?

 日本はフロンティアへの投資として「きぼう」に9000億の金を突っ込んだがリターンはない。また今でも「こうのとり」とやらに毎年300億突っ込んでいるがそれも慈善事業に過ぎない。

 そこにあるのは「日本の技術力が認められた」みたいな国威発揚だけだ。そして「頭の弱い子がそれを喜んでくれる」効果しかない。


■ H-3とイプシロンはすべて失敗したほうがよい

 日本のことを考えれば、今後H-3とイプシロンは全部失敗してもらったほうがよいということだ。

 それで以降の無駄な投資が控えられるからだ。その分を高等教育の無償化や社会保障につかったほうがよい。

 成功しても意味はない。先行するファルコン9の再利用には敵わない。さらに日本の投資規模だとそれに追いつくことも難しい。だからロケット打ち上げは早々に損切りして撤退したほうがいい。



■ 国は損するけど航空宇宙セクターは儲かるよね

 まあ、国家が損しても航空宇宙セクターは儲かる構造ってのがアレだけどね。日本としては無駄金で大損だけどJAXAやら三菱はそれで儲かる。あるいはヨイショ仕事が回ってくるジャーナリストも儲かるかもしれない。原子力PAやら利益相反も見抜けないHPVヨイショの理系カルトライターみたいな連中は宇宙開発にもいるだろう。

 このあたりは人の金使って東京オリンピックをやるのと同じだ。オリンピックで日本国中は損をするけど、建設土木セクターと広告業界は潤う。それと同じ構図である。

 だから、航空宇宙セクターはイプシロンだのH-3だの推す。商機とみた売文屋もヨイショする。また科学技術ライターもその扇動にのってヨイショする御仁が出てくる。連中は公式発表と技術的成功に弱い。宇宙作家クラブのたぐいはまったくその類だ。婉曲にいえば発想が素朴ゆえに利用されていることに気づかない。

 まあ、詳しい人こそ諌めるもんだがね。邦家のためとはそういうことだ。『宇宙開発と政治』の鈴木一人さんみたいな人がでてこなければならないのだけれども、なぜか理系からはほとんど出ない。お理工さん系のライターはヨイショしかしないのは不思議なものだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

その点、ISSのカナダの立ち回りはうまいなと。ロボットアームですからね。

金は無くてもその気になれば食い込めるのに、金を浪費する方向にしか視野が無いというのはトータルで損だと思うんですがね。

No title

ツイッターとかで宇宙クラスタとかいって威張ってる人たちははその再使用ロケットをスペースシャトルの失敗を持って無駄だとしてたので

単純に技術レベルの話で見てもどうしようもない人たちだと思うんですよ

「きぼう」というかISSは冷戦終了で開店休業状態のロシアの科学者・技術者に仕事を与えて
ならず者国家やテロリストにわたらないいようにするということが大っぴらに議論されてましたね。

基礎科学的に無重量状態での生物実験なんかはありますけど、

工学的なそれは計画時代よりずっと半導体の微細加工やらクリーンルームやらなんやらで
地上でもできるってことになりましたね。

宇宙関係全般で言えばはやぶさでののイオンエンジン技術の実証は人工衛星の軌道維持のためのスラスタとしては化学燃料より優秀で長寿命化に貢献したくらいですかね


ただHPV(によるがん)の話は
利益相反といっても、製薬会社はがんになってくれた方が高いがん治療薬売れますからどうでしょうか?

No title

と言っても、何でもダメダメというのも「2番じゃダメなんですか」の仕分けした 蓮舫議員みたいに無能感しか感じないんだよね。

結局は評価基準をどうするかという基準を示さないムダ論って あまり有効な議論でなく偏見でしかないという感じもしてしまう。
結果論をあげつらうだけなら誰でも言えるけどだったら10年前に予言しとけよって話でもあるしね。

No title

> と言っても、何でもダメダメというのも「2番じゃダメなんですか」の仕分けした 蓮舫議員みたいに無能感しか感じないんだよね。

ペジーコンピューティングのスパコン詐欺事件を見ると、「原子力ムラ」ならぬ「スパコンムラ」の胡散臭さを見抜いた蓮舫って、実は慧眼だったのかもw(目先の経費削減でなく、もっと突っ込んで日本の科学界の闇を暴くべきだった…)

No title

あの時の蓮舫氏は、説明しどろもどろの理研サイドに対して精一杯の助け舟出してあげたんだよ。
https://togetter.com/li/884055

蓮舫の「助け舟」を曲解して、民主党の事業仕分け叩きに悪用したのは誰なんでしょう?

利権、もとい、理研関係者?あるいは、自民ネトサポ?

日本だけではなく

お邪魔します。
 日本の宇宙開発は「技術大国だから、宇宙ロケットなんか容易にできるはず」という思い上がり、「技術大国だから、宇宙ロケットくらいやっていないと恥ずかしい」という見栄の部分が少なからずあるのではないかと思われます。現状では目先の華々しさを求めるのではなくて、「ぼったくられないための勉強としての宇宙開発」程度にしておいて、先行がこけるか止めてしまった時に前に出られるようにするのが賢明ではないかと思われます。宇宙開発は「未だ発展途上で、未知の領域も少なくない。先行者のやっている事が必ずしも正しいとは限らない。」と思われますので。
 アポロは月に人類を送り込みましたが、その後人類は月に行っていません。スペースシャトルも退役して有人ロケットもカプセル型に戻ってしまいました。その中で「途中もしくは行った先で何かあったら絶対生還できない」であろう有人火星旅行が計画されています。日本に限らず宇宙開発「自体」が結果的に何をもたらしたか、今の在り方が本当にあるべき姿かを考えてみる必要があるのではと思います。後米の民間ロケットも「実態は公金ビジネス」というのも見た事があります。