FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.03
07
CM:6
TB:0
07:05
Category : 未分類
 CH-47が後部ドアを落とし沖縄県ドクターヘリが放電索を落とした件だけれども。

 特に後者はアレな子が騒いでいた。「米駐留軍ヘリに抗議をする左派は沖縄県ドクターヘリの危険性に抗議しないのは不思議」と揶揄をしたつもりになっている。

 だが「なぜドクターヘリへの抗議がないのか」「自衛隊ヘリへの批判は少ないか」を理解できない方が不思議だ。


■ 住民は受益を実感できている
 災害派遣の航空機とドクターヘリは受益を実感できる。その飛行は自分たちの利益になる。その利益は危険性よりも大きい。そう考えている。だから危険性を受容している。

 対して米軍、特に海兵隊機にはそれがない。植民地扱いして好き勝手に飛び回っている。そう思われている。だから事件が起きると危険だといわれる。

 これは那覇空港の埋め立ても同じだ。

 那覇空港拡張のためのサンゴ礁を埋立に文句はない。県全体の役に立つからだ。その公共性から埋め立ては肯定される。本当の意味での埋め立て免許である。

 辺野古では文句がでるのは当然だ。そこには住民にとって何の利益もないからだ。しかもその手続も県民感情を踏みにじったものだ。コンセンサスのない免許は免許とはならない。だからサンゴ礁を潰しジュゴンの住処を奪うと批判されるのだ。


■ 国軍であり自分たちの自治体の飛行機である
 もう一つは運用者が自分たちの国軍であり自治体であるということだ。自衛隊ヘリは国軍の航空機であり防災ヘリは所属自治体の機体である。

 自分たちの持ち物であり自分たちが運転している。その意識があるから多少の事故ではあまり文句は言わない。

 対して米軍機はそうではない。他国の軍隊に思い入れはない。それがあるのは横田で写真を撮る軍クラのボンクラ位だ。

 だから米軍機が事故を起こすとよそ者の迷惑行為として糾弾される。しかも万止むを得ずの事故ではない。どうみても適当な整備の結果である。航空事故以外にも事件を起こす。それを含めて指揮官や広報はヘラヘラとフザけた発言ばかりをする。


■ 自衛隊機や自治体による人道用飛行と他国軍の迷惑飛行を区分できない
 災派にあたる自衛隊機や県防災ヘリが抗議されない理由はそのようなものだ。

 むしろ問題は、それを理解出来ないで揶揄したつもりとなる連中の頭の悪さだ。

 なんというのかね。米軍はエライからそれをヨイショしよう。米軍に仇なす左派を批判することで自分のステージをあげようとしているようにしか見えない。

 まずは戦前に天皇陛下を持ち出して他人を説教するのと同じ構造だ。違う点は天皇陛下が米軍様に変わったくらいだ。そこで忠義を尽くすような言動をすれば自分のステージが上がると信じている点は何も変わらない。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

>国軍であり自分たちの自治体の飛行機である

こういう意識って実はこのエントリ中の「アレな子達」にも十分あると思うんですけどね。彼らの在日外国人を腐す話が耳に入ると、よそ者である中国人や韓国人に対してはよそ者故に日本に来るなという論調が目立つ事目立つ事。「在日米軍が日本の役に立つ」くらいには在日外国人も役に立ってるとは思うんですけどね実際。

Re: No title

トモダチ作戦とかも「居候してんだから大家が火事の時には火消し手伝え」くらいの話だと思うのですけどねえ
HA/DRであとで経費払ってんのに過剰な感傷的評価をしますね


> >国軍であり自分たちの自治体の飛行機である
>
> こういう意識って実はこのエントリ中の「アレな子達」にも十分あると思うんですけどね。彼らの在日外国人を腐す話が耳に入ると、よそ者である中国人や韓国人に対してはよそ者故に日本に来るなという論調が目立つ事目立つ事。「在日米軍が日本の役に立つ」くらいには在日外国人も役に立ってるとは思うんですけどね実際。

この記事を読んで、清谷信一氏は「自衛隊をドクターヘリに活用すべき」ってブログに書いていたことを思い出しました

http://kiyotani.at.webry.info/201601/article_2.html

ただ、佐賀でのアパッチの墜落事故等を見ると、自衛隊の機体整備も米軍同様不安を覚えずにはいられません。

いい加減な装備品調達のせいで整備費等にしわ寄せがきているのでしょう。

> 那覇空港拡張のためのサンゴ礁を埋立に文句はない。県全体の役に立つからだ。その公共性から埋め立ては肯定される。本当の意味での埋め立て免許である。

> 辺野古では文句がでるのは当然だ。そこには住民にとって何の利益もないからだ。しかもその手続も県民感情を踏みにじったものだ。コンセンサスのない免許は免許とはならない。だからサンゴ礁を潰しジュゴンの住処を奪うと批判されるのだ。

辺野古滑走路も最初は軍民共用・撤去可能な滑走路にする計画だったのにいつの間にか米軍・自衛隊共用で恒久的な滑走路に。これじゃ保守系の翁長知事でも「話が違うじゃないか!」って怒りますわな。

まあ、私が沖縄県知事だったら、那覇空港の埋め立て許可に親米ポチが文句言ったら「分かった、では辺野古だけでなく那覇の埋め立て許可も撤回する。その代り嘉手納の軍民共用化と那覇の空自第9航空団の移転を要求する!」って切り返しますがねw

No title

 ネトウヨ=サンのエライところは、少しググれば公表されている事実を無視して第三者を批判できるところですね。 (ネトサヨ=サンも右に同じ)

 沖縄国際大学の墜落も普天間飛行場の緊急脱出用窓の脱落も米軍が「ウチのミス」と認めているのに大韓航空が~!ですからね。

 実際に大韓航空の整備が原因なら、とっくに公表し損害賠償を請求して、「二度と触んじゃねえ!」で一件落着です。

 不思議なのは、なんであれだけ米軍ワッショイなのに米国に移民しないのでしょうね、あの人たちは。

 

No title

そもそもドクタヘリの「事故」は、航空法では報告義務すらない軽微な物なわけで、果たしてそれは「事故」と言えるのか、というレベルですし、そんな物まできちんと報告する自治体や運営側の誠実さが米軍に比べて際立ちまくりという話なのに、「事故は事故」だ、と本気で言ってるならウヨさんはダメすぎでしょう。

No title

> 「在日米軍が日本の役に立つ」くらいには在日外国人も役に立ってるとは思うんですけどね実際。

琉球新報社編集局編著「沖縄フェイクの見破り方」65頁を読むと、普天間飛行場のある宜野湾市内の食料店店主が「米軍関係者は市内であまり買い物をしない。基地は無い方が良い」ってインタビューに答えているんですよね。

地元への経済効果という面で見たら、基地内の店舗ばかり利用する米軍関係者<<<爆買いする中国人観光客と思うんですが、いかが?