FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.04
19
CM:11
TB:0
21:22
Category : 未分類
 C-2の話で思い出したのは、勝手にC-2擁護をするような愚か者扱いされたことだ。

■ C-2が失敗作であることは変わらない
 C-2は失敗作だ。できたときには既に能力不足である。それは何度でもいう。

 まずもって褒めるものではない。逆にC-2を褒めているやつは馬鹿にしていい。

 己の評価はそれだ。実際にC-2褒めているヤツは馬鹿しかいない。


■ C-2を褒めるタワケ扱い
 だが2017年4月7日の『中国国防報』によると己はC-2を褒めたことになっている。
"C-2服役后、自衛隊向周辺争端島嶼快速部署重装備部隊成為可能"日本<<軍事研究>>主筆文谷数重如是説。
苗鶴青「日本列装C-2運輸機跨海口」『中国国防報』(2017.4.7)

「C-2を評価した」といった酷い愚か者の扱いに「それはいくらなんでも、それはいくらなんでも」と腹が立ってメモしたものだ。

 屈辱でしかない。C-2ごときで「島嶼戦が有利になる」なんて馬鹿な発言をさせられたことになっているからだ。

 まずはフシアナ東京と一緒にされるのはたまらない。「民航機と同じ速度で飛行可能というXC-2最大のセールスポイント」と公式の苦しい自己擁護を見抜けないような連中と同列に扱われるのは屈辱でしかない。 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

それはいくらなんでも、それはいくらなんでも

中国国防報=和田政宗議員、文谷さん=太田充理財局長!?

ごめんなさい、思わず笑っちゃいましたw

> 屈辱でしかない。C-2ごときで「島嶼戦が有利になる」なんて馬鹿な発言をさせられたことになっているからだ。

中国国防報に抗議&C-2への自身の見解を示したメールを送ってはいかがです?

財政審ではC-130Jが示されていましたが、先生の主張からすると能力不足ですよね。
現状ではC-17も入手困難ですし、選択肢としてはC-5かロシア機ですかね?

米軍その他とのインターオペラビリティーを高めたいのなら

C-130Jを採用した方が良いんじゃないですか?C-2より安いし、不整地運用能力も高いし。

C-2がC-130J並みの不整地運用能力を獲得し、かつ米軍はじめNATO諸国がこぞって採用するベストセラー機になれば話は別ですが…

No title

>F2後継に無人機搭載、遠方の敵を探知...防衛省

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20180420-OYT1T50098.html

後継機はともかく、記事を見た限り無人機を自主開発するのか共同開発するのか分かりませんね。

海外派遣任務にC130では能力不足なんだけど、どのみちC2でも能力不足に変わりはない。
財務がC130推しと言うことは、C2に比して航続力と搭載量の足らない分は機数でカバーしなさいって話なのかしら。

強度改ざん素材使用"自衛隊機"に重大疑惑 虚偽データを信じた可能性は……

http://president.jp/articles/-/23441

改ざん病はアレ総理のお友達案件だけでは無かった模様。

あっ、そう言えばアレ総理って若い頃神戸製鋼に勤務してたんだっけ…orz

データ不正「神戸製鋼」に勤務した安倍首相サラリーマン時代
https://smart-flash.jp/sociopolitics/27038

No title

海外派遣なんて国内外世論対策のご機嫌取りでしかない以上、優先度は低いでしょう。「何か大変な場所に日本が兵隊を送った」という実績さえ作れれば積荷の質とそれを運ぶ輸送機は何だっていいものです。C-130で兵隊と機関銃付きトラックを送ろうがC-2で機動戦闘車を送ろうが、ミリオタ以外は誰も気にせず日本のポイントも変わりません。
一方、欠かすことのできない国内の日常業務にC-2は不向きです。機体が中途半端にデカくてお金がかかる。それでいてC-2でなければ積めない荷物はほとんどない。
結局はお金の問題でしょうね。

文谷さんが以前「軍事研究」で書いてましたけど

C-2がC-17とC-130の中間の性能に設定されたのは両者との競合を回避するためであり、先行する米国機と同性能とすると、信頼性やコストで太刀打ちできない。さらに国産開発する必要もなくなるからなんでしょ?
http://s.webry.info/sp/hiroaki1959.at.webry.info/201702/article_16.html

要は国産航空メーカー(=自衛隊幹部の天下り先)への利益供与か…orz

「原資は国民の血税だからコスパを重視しよう」とか「現場の隊員が使いやすい機体を供与しよう」とか、そういう意識が薄いんでしょうね。

で、C-2開発でジタバタやっているうちにC-17の生産ラインは2015年に閉じちゃった…orz
https://japan.cnet.com/article/35038944/

ブログの主題とは関係ないのですが「フシアナ東京」なる語を用いられているのはTBSラジオのアフター6ジャンクションを愛聴されているからなのですか?

結局。C-17を買えなかったのは、防衛装備行政の失策でしたね。

今の日本が備えるべきはまず大規模災害。このさい弾道弾や尖閣は二の次三の次。
1機のC2より2機のC130が必要。
もっとも相手が自然では「敵」を設定できないから、
非難したり罵倒したりの憂さ晴らしが出来ない。
人によってはストレスが溜まるんだろうけど、そこまで知るか。