RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
05
CM:16
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 自衛隊は陸自向けに新しい大砲を開発したいらしい。現有榴弾砲であるFH70がそろそろ耐用年数を迎えるといい。それを更新するために、装輪式自走砲開発をリクエストしているのだが。その必要はどうみてもおかしい。

 まず、既存FH70が使えなくなる前提がおかしい。陸海空自衛隊とも、火砲からライフリングが消えるほど射撃はしていない。榴弾砲は戦車砲やかつての高角砲とは異なる。極端に高初速でもなく、精度もそれなりでよい。砲身命数にしても少なくとも1万発程度はある。仮に年間に1門あたり200発を実射しても、調達から30年では6000発程度にすぎない。砲身は当分寿命に達するとは考えられない。

 また、わざわざ新型砲を国内開発する理由も弱い。FH70後継砲の所要数はそれほど多いものではない。FH70後継砲の所要は200門もない。陸自が保有する重装備は、規模縮小により余剰を生じている。戦車ほどではないが、砲も余剰は生じる。火砲は定数600門から新定数400門となった。400門の枠内に残る火砲は、当然、ヨリ高級な自走砲から充当される。すでに新式である99式15センチ自走砲は100門が調達されており、継続整備中である。長射程大威力である20センチ自走砲100門も※残っている。FH70は500門製造された。しかし、その後継砲への所要は200門あるかないかである。この規模では国内生産するメリットもあまりない。国内開発する必要となると、さらに希薄である。ライセンス生産なり輸入で済ませる規模にすぎない。

 そもそも、防衛省が必要性として挙げた戦略機動性もいかがわしい。日本本土内での移動であれば、戦略機動性はほとんど問題にならない。交通網が正常であれば、北海道から九州まで、装軌式自走砲でも、急げば2夜3日は掛からない。これが牽引砲でも装輪式自走砲にしたところで、1夜2日になる程度である。また、最近、防衛力整備で重視している離島域や、いずれ焦点になるだろう海外への戦略機動性では、優位とはならない。この場合に限定すれば、車体分重くなる自走砲は不利である。ヘリでスリング輸送できるような軽量砲(それほどの数もいらないだろうが)が有利となる。

 省力化も繋がらないだろう。まず、いいことしか書かない予算要求で、人員省力化が示されていない。FH70自体がすでに少人数で運用できた。次に自走化しても、あまり減るものでもないのだろう。また、自走砲化すれば砲側での要員数は減る。しかし、部隊全体として運用に必要な人員数が減るかはわからない。砲が砲塔構造に押し込まれ、車体もそれなりに手入れが必要となる。

 新型砲を開発する必要性はない。既存砲は充分な寿命を持っており、その更新にしてもわざわざ開発する規模ではない。装輪式自走砲導入によって、戦略機動性は実用上向上しない。離島や海外派遣ではむしろ不便となる。

 防衛省はとにかく新兵器を開発したがる。しかし真に必要が、所要があるかといえば、怪しい物が多い。P-3Cアップデートで問題もないのに、わざわざP-1を作る。90式戦車と戦力的に大差ない10式戦車を作る。上陸戦の脅威も減ったのに88式SSMの性能向上型を作る。防衛省とその開発セクションは前例により予算がつくという理由だけで、必要のない仕事を作り出して浪費をしているわけだね。



※ 長射程・大威力なので、どうにかして残すだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

微妙な話ですね
素人政権、民主党のお陰で国庫は空っぽw
今後の兵器開発はエベレスト登頂より難しくなりますが
野田政権は最後の大盤振る舞いで予算をばらまいています
防衛省もそれに乗ったかな?
ところで155mm榴弾砲ですがアメリカも新型を採用したとか
軽量化を推進してジュラルミンを多用
中型ヘリでも空中輸送が可能なタイプです
榴弾砲開発は人気のようですね

No title

>軽量化を推進してジュラルミンを多用
>中型ヘリでも空中輸送が可能なタイプです
それって記事本文の

>ヘリでスリング輸送できるような軽量砲(それほどの数もいらないだろうが)が有利となる。
でしょ。陸さんのFH70後継はカエサルみたいなの作るんだから別だよ。
こんなもん新規開発するくらいならAPC調達ペース上げろっての

No title

耐用年数って、ライフリングや砲身寿命だけの問題じゃないよ?
砲架や照準装置の問題もあるし、そもそもFH70自体基礎設計は70年代のもので性能の陳腐化も進んでるし。
元来、陸自は砲火力と装甲重視だから、戦車や火砲の更新順位がAPCや他の装備より高いのは当然だわ。

Re: No title

大砲の本質って、チューブにすぎない砲身と、閉鎖する尾栓と、あとは駐退機でしょ。それで射程と命中精度と発射速度が決まる。既存FH70は砲身も尾栓も駐退機も大して消耗していないし、問題もない。砲架にしても、APUが老朽云々ですけど、適当な自動車用エンジンくっつければいいでしょうし。

照準装置を近代化するにしても、砲側での取付面精度に問題があるわけでもない。照準装置だけを近代化して、砲がわは手を付けなくてもいいでしょう。あとは合致する信管を買う程度ですよ。

それで新型砲を開発して、生産するのと同じ効果でしょう。

わざわざ国内で新規開発、国産してもお金がかかるだけ。できた新型砲は、大砲としてはFH70と大差もない。だいたい、別に高級な新型砲である99式自走砲があるんだから、それ以下の数物に金を掛けるのも無駄遣いでしょうねえ。


> 耐用年数って、ライフリングや砲身寿命だけの問題じゃないよ?
> 砲架や照準装置の問題もあるし、そもそもFH70自体基礎設計は70年代のもので性能の陳腐化も進んでるし。
> 元来、陸自は砲火力と装甲重視だから、戦車や火砲の更新順位がAPCや他の装備より高いのは当然だわ。

No title

99式は北海道中心に120~130両、M110は大威力だが長射程ではなく威力的には15榴で充分ともおもわれ、人手もかかり維持も大変そうなのでリタイア、と予想すると400門の枠でも250~300両の需要はあり、と見込んだのではないでしょうか。あとは99式と比してどの程度の調達単価に抑えられるか次第では。

Re: No title

そうですねえ。99式と同じ大砲つかえば射程は伸びますね。

ただ、更新が立つかどうか、それ以前に開発が立つかどうか。私は、FH70については、老朽更新を主張しにくいのではないかと思うのですよ。

> 99式は北海道中心に120~130両、M110は大威力だが長射程ではなく威力的には15榴で充分ともおもわれ、人手もかかり維持も大変そうなのでリタイア、と予想すると400門の枠でも250~300両の需要はあり、と見込んだのではないでしょうか。あとは99式と比してどの程度の調達単価に抑えられるか次第では。

No title

砲身ってタダのチューブじゃないですよ?
冶金的にも加工技術的にも
そも、砲弾に余程のブレイクスルーが無い限り、砲身が耐えられる腔圧変わんなきゃ、射程なんてさほど変わらんですよ
たとえ砲身が耐えても腔圧が変われば砲身命数は大きく変わるし、発生する反動も大きくなる
そうなりゃ駐退機やら尾栓は全取替ですよ
腔圧変わるなら、現行の性能じゃ耐えられないですから
射程変わるならFCSも全面更新の必要がある
新規開発と何処が違うのでしょう?
というか、中古の砲身使ってる分、新規開発より寿命が短いと思うんですが?
そもそもライセンス生産のFH70にどの程度改造自由度有るんですかね?
契約的にも余裕的にもね
あと、FH70自体は色々陸自内だと評判悪いですけどね
運用面での不自由が大きいって

あとですね、大砲としてFH70と大差ないってどういう根拠なんですか?
重量が30%軽減されるだけで運用の幅は大きく変わります
先進計量砲の研究は軽量化を主眼においてるみたいですし
そもそもFH70自体、ドイツやイギリスだと退役してるわけですし、後経の牽引砲は諸外国では強いて言えばM777ぐらいしか無いわけで、新規開発は別に悪い選択でもないと思うのですがね

No title

追伸
教育隊とかは普通に砲身命数が来て砲身交換してます>FH70
砲身命数がまだまだ残ってるとか、ありえません
導入開始から30年が経過しようとしてますし、潤沢な予備砲身の在庫があるとも思えませんよ

新しい大砲でなければ困る切実な理由もないでしょう

> FH70自体基礎設計は70年代のもので性能の陳腐化も進んでるし。

というご意見を頂戴した方ですか?

でも、大砲の基礎設計は第一次世界大戦から同じですよ。チューブの製造法も、尾栓まわりも、駐退機も格段に進歩しているわけではない。
切削加工で作った無継目チューブに、自緊かけたってあたりでしょ。尾栓も特に進歩したわけじゃない。駐退機も第一次世界大戦から対して変わってもいない。

百歩譲って、WW1、WW2で作った大砲からは、鋼材材質や熱処理とか、設計での有限要素法導入とかで相当進歩はしているとしても、ここ30年で大きく変ったわけではない。不純物排除にしても、真空造塊にしても、ここ30年では大差ないわけですよ、
正直、70年代技術で作った砲と、今の技術で作った砲にそれほど大差があるとも思えないんですよね。

FHの照準器だけ交換すればいいんじゃないですか。
GPSと光学ステーションを組み込む。あとは方位盤から、リンクでボイスに頼らない目標指示や発砲、信管設定くらいでしょう。今の信管がそのまま使えるかはしらないけど、艦載砲だとそういう信管も出てきているし。

>教育隊とかは普通に砲身命数が来て砲身交換してます>FH70

これは酷使している大砲だけじゃないですか
年に何発打つか存じませんけど。持ち回りでやる米海兵隊実弾射撃でも、1回で300発/門程度と聞きますよ。
それに、大砲が減ったから、予備部品は増えるのではないかと

No title

大前提として、照準装置だけ変えた所で射程は伸びないし、重量は軽くならない
耐用年数消費秒読みのエンジンや駆動系の時間は戻らない
つか、ここ30年で大砲は射程が30%伸びてる
射程にさほどの進化を見せなかった米軍のM777は重量をFH70の半分以下にまで削り、陣地転換の速度や展開の速度を大きく向上させてる
構造が変わらないから、全体的な構造が変わらないから性能に大差ないってのは材料工学やシステム工学に対する冒涜に等しいよ?
ここ3年で自動車はどれだけ進歩しましたか?
エンジンも、車輪も、サスペンションも、それほどは変わっていませんけども、それでも性能は大きく向上してますでしょ?

消耗に関しては、酷使してない大砲でも駆動系は限界ですな
FH70の駆動系取り替えるとして、それだけのことをやる意味がある大砲なのか?ってことも考えるべきです
というか、退役した砲からの部品取りとか、まあ品質管理の難しいことを考えるものです
暴発のリスクが高い中古部品を使用するとか、やめたほうがいいと思うのですよ、管理コストもかさみますし
そこまでのコストをかけて、リスクまで犯す価値のある大砲ですか?FH70って
あと、教育隊だけじゃなくて九州や北海道の特科のFHはすでに砲身命数つきかけのが結構あるって聞きます
教育隊とか、すでに複数回オーバーホール入れてるし
文谷さんの想定ってすごーく甘い計算だと思いますよ?

Re: No title

確かにね、ここ30年で射程が伸びたかもしれない、軽くなったかもしれませんね
でも、ここ30年で本土に敵が上がってくる蓋然性はほとんどなくなったでしょう。

北の脅威は去った、中国との競争はゲームにすぎない。
考えにくいけど、仮に中国とホニャララあったとしても、それは離島での戦いでしょ。
そこに、長射程大重量の、新型自走砲の必要性は立ちますか?
新しい砲を、国内開発してまでの大射程とか軽量化って必要ですかねえ。

いまある大砲を大事に使えばいいんじゃありませんか。
砲身なんてタダのチューブですよ。砲身交換しても暴発のリスクなんて増えません。

まず「調達から30年経ちましたので」と官僚の言うとおりに新しくするなんて、官僚機構に甘すぎだとおもいますよ

No title

周辺諸国の大砲の性能が向上してるのに、それに対応しないというのは、ずいぶんと相手に甘えた発想です
島嶼戦に関する考察もそうです
島嶼戦に大砲がいらない?
太平洋戦争は硫黄島や沖縄に限らず、グアム、サイパン、タラワの戦いですら火砲が運用されてます
現代の両用戦艦艇は性能が上がってますから、揚陸は中国であろうとも可能ですよ
規模に関してはアメリカよりは小規模かも知れませんが
で、島嶼戦に大射程や軽量化が必要ないという想定は正直、どうかしてます
機動性が発揮しにくい島嶼戦だからこそ、射程は大きな意味を持ちます
少ない移動距離でも広い面積をカバーできるのですから
機動性が発揮しにくい島嶼戦だからこそ、軽量化は意味があります
急速展開と迅速な陣地転換が可能となり、初期からの特科投入や持続的かつ粘り強い特科支援が可能になるからです
自走砲にする意味もあります
陣地転換も、急速展開も、いずれも自走砲は牽引式野砲に勝るのですから
新型火砲の導入は、文谷さんの島嶼戦限定の想定出会ったとしても相応の蓋然性を持っています

Re: No title

>周辺諸国の大砲の性 さん

多分、何を見ているかですよ。

私は今のFH70で性能は十分だと思っています。
たしかに周辺諸国の大砲が性能向上したかもしれません。ですが、私は日本本土での戦いは無いと見ている。
日本海空戦力、日米同盟により、周辺諸国が日本本土に大挙することはありません。本土防衛戦力は、それなりで充分なんですよ。
大陸でドンパチやるわけではない。陸上防衛戦力は保険です。既存砲で困ることもない。無理して新型砲を国内開発する必要性を見いだせないのです。

島嶼戦も、たしかに火砲は運用されている。しかし、大射程の火砲で戦闘が決したわけでもない。
結局は制海権と制空権です。それさえ握れば、装備の優劣は問題にならない。
況や新型砲でなければ勝てない状況は考え難いですね。

考え方で言えば、私は「何にでも使える海空戦力にお金を傾斜配分しましょう」ですから、話は落着しないと思いますけれども。

No title

火砲の性能は戦術レベルでの流血量を大きく左右し、ひいては戦略や政治レベルでは問題解決までの時間を左右します
それを30年前のものでも十分というのは、いささか自衛隊員の命を安く見過ぎですし、紛争による日本の経済活動への悪影響を小さく見積もり過ぎです
そもそも個人的には海空戦力を「何にでも使える」という発想が正直、信じられません
天候に大きく左右される海空戦力は特科や戦車の本格的な代替には成り得ないと私は考えています
優秀である必要はありますが、海空戦力に偏った編成は非常にリスキーだと思いますよ

Re: No title

>火砲の性能は戦、さんとは、スケール感覚が異なっているのですよ

> そもそも個人的には海空戦力を「何にでも使える」という発想が正直、信じられません
> 天候に大きく左右される海空戦力は特科や戦車の本格的な代替には成り得ないと私は考えています

海空戦力は、海の上で使えます。海上戦力は外洋でも使える。そういうことです。それこそ、「戦略や政治レベル」でも有効に使えます。戦争以外でも、インド洋での燃料補給や海賊対処にも、ハイチへの空輸にも使えるわけです。
陸上でしか使えない、陸戦装備とは違います。中でも本土防衛程度でしか使えない、野砲や戦車よりも海空装備にお金を傾斜配分したほうがいいでしょ、というのが私の考えです。

最新鋭の戦車や火砲は、今の日本には屠龍の術です。本土上陸はない、できても限定された規模です。
その保険に千金を費やすべきではないのですよ。

> それを30年前のものでも十分というのは、いささか自衛隊員の命を安く見過ぎです
これも感傷的な御意見です。脅威として存在していない日本本土への上陸への過剰な想像ですよ


馬鹿じゃない?

90式は、自衛隊の失敗作だよ〜〜知らないの❓FH70は、開発国は更新して、さすがに時代遅れになり、厳しいのが、現状だし、安全に関わるトラブルも続出してます。死人もできました…