FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.12
05
CM:12
TB:0
16:34
Category : 未分類
 アレな人たちはディティールに拘る。「電車じゃない気動車だ」や「ゼロ戦じゃないレイ戦だ」「ジャンボじゃない777だ」の類だ。

 よほどカンに触るようでそれだけで激昂する。だから面白い。

 お理工さんも同じだ。おしどりマコさんに論難をしかけデマ呼ばわりする中身を見ていたらいい歳こいてなかなかの発言を見つけた。

kikumaco(12/10ベアーズ)@kikumaco
おしどりマコが「飯舘村の土壌にプルトニウムがたくさんある」というデマを流したために、いまだにそれを理由に帰村できずにいる人がいるというのは、まさにおしどりマコによる放射能デマの実害です。実害を引き起こしています。この責任を彼女はどう取るのでしょう
#おしどりマコ擁立問題 @CDP2017
https://twitter.com/kikumaco/status/1069774338553929728


 これは「放射能汚染の原因はセシウムだ、プルトニウムなんてデマを広めるな」ということだろう。別にセシウムが原因であるかどうかはしらないが、「デマである」と怒っている中身はその程度だ。

 セシウムでもプルトニウムでも放射線の害は変わらないのにね。仮にそういわれると連中は「体内被曝の恐怖の呪いを福島県民にホニャララ」みたいなこというだろうけど、「セシウムなら飯舘村に帰るけどプルトニウムだから帰らない」なんて住民もまずいないだろうから意味ない主張だよね。

 一番滑稽なのは「メルトダウンじゃないだす」とか「馬鹿はだまってろ」との整合性だけどねえ。モノホンのデマ屋が自分たちよりも世間のお役に立っている他人様を妬んで「おしどりマコはデマ」(菊池誠)とはねえ。ナムコも765プロも菊地真さんもとんだ風評被害だよね。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

いずもを指して、「あれは空母じゃない。護衛艦だ(キリッ!」と言うようなモノでしょうか?私も、昔は何かと拘りましたけど(^_^)、さすがに今は気にもしませんが。いちいちツッコむのも疲れますしorz。

>高齢化する自衛隊の深刻度、前線兵士がいなくなる?

http://dot.asahi.com/wa/2018120400026.html

足らなければ足らないで部隊を整理縮小するなりして、それなりの規模にしてくれ...ませんかね?

No title

https://twitter.com/kikumaco/status/1070127180368162816
ある意味ディティールが見えてないですね。
おそらく氏の念頭には避難した生徒が苛められた件とかがあるのでしょうけど、他にもっと対策としてアプローチあるとは思うんですがね。自分の興味のない所では基本的な問題の切り分けとかもできていないように思います。零戦パイロット云々しかり。

ディテールの間違いだけ指摘したところで、
「あら?プルトニウムじゃなくてセシウムでしたか。ごめんなさい。ご指摘ありがとう。さて、セシウムの害についてですが」
で、終わってしまう話ですからねえ。

No title

御利口な中核メンバーに特徴ですが、女だから取り分け気に食わないようです。

【おしどりマコ氏に加え】東電下請あさくら氏が晒したマンスプレイニング【あの妹まで】
http://iwamin12.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/pa-c8ef.html


彼女に対する攻撃は異様にひっかかるのに同様の主張をしてる別の著名人にはそれほどでもないという傾向があります。キクマコも同じ口でしょう。
最近大人しいみたいですが、消印所沢も結構感情的ですよねw 批判されると「もんちゃんがフンダララ」とかhtmlソースのどこかに書き込んでるのを見ましたよ。

私も前回エリート養成大学上がりの自民女性候補を馬鹿にしましたがね、女だからじゃないつもりです。
同年齢の男子でもあの主張なら馬鹿にしますよ、当たり前のこと。

モノホンのデマ屋、菊池誠

「科学!科学!とほざいている割に、推論に穴がありすぎるところを見ると、文谷数重さんが言うとおり、菊池誠はわざとやってる「モノホンのデマ屋」ど思います。
セシウムだろうがプルトニウムだろうが同じ放射性物質であるし、セシウムでひどく汚染されているのも事実で、これは五十歩百歩の話でしかない。
そもそも、放射能のことでさんざん偉そうに講釈されれいるんだったら、核種でもα線、β線、γ線の違いとか、なぜ放射能を測る時はセシウムなのかとか、ガイガーカウンターで警報が鳴なった時の本当の意味とか、絶対知っているはずです。知っているはずなら、絶対「プルトニウム汚染じゃなくてセシウム汚染だからデマ」なんて解釈されるようなことは言わない。
こんなことを平気で言えるのは、「自分が放射能に大変詳しい」と勝手に思い込んでいる狂人か、わかっていながらわざとデマを垂れ流しているデマ屋の二択で、普通に考えたら菊池誠はぜった後者。

No title

>F35、100機導入 与党了承 防衛大綱 安保法を追認

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201812/CK2018120602000147.html

>>>多用途運用護衛艦

政治家の皆さんも、いろいろ考えるよな、と。

No title

菊池誠 (大阪大学) - Wikipedia
曽祖父の菊池楯衛は、「青森りんごの始祖」と呼ばれる人物。
祖父は園芸学者で京都大学園芸学教室の初代の教授だった菊池秋雄。
父は園芸学者で弘前大学名誉教授の菊池卓郎。

https://twitter.com/kikumaco/status/81203654375383040

農家が現場で築いた知識や技術を体系化することを試みた経験から書いたのが 「農学の野外科学的方法」(菊池卓郎、農文協)。科学哲学プロパーの前ではまったく発表されていないし荒削りでしょうが、実際に現場で数十年かけた思索のまとめなので、ぜひその道のみなさんに読んでいただきたい

農学の野外科学的方法―「役に立つ」研究とはなにか (自然と科学技術シリーズ) 2000/8/1
https://www.amazon.co.jp/dp/4540992309

「奇跡のりんご」園は研究者の宝庫 故菊池卓郎 弘前大学名誉教授(当時)による「奇跡のりんご」評
https://togetter.com/li/519159

>セシウムでもプルトニウムでも放射線の害は変わらないのにね。

要するに現場技術的には耕作不適地なんでしょ。
親父さんが細かいことに拘ってうだうだ言うような性格だったら、本を書く前に鍬で頭かちわられてるよ

No title

>韓国、KAAV-2と呼ばれる、アメリカのEFVのような次世代の水陸両用装甲戦闘車両を開発しようとしてるとな

http://mobile.twitter.com/obiekt219/status/1069955467214913537

車内のレイアウトは、EFVとほぼ同じですね。

>未来の偵察は100年前に逆戻り? 再び飛行船が注目されるワケ

http://otakei.otakuma.net/archives/2018120602.html

グローバルホークより安くて使い勝手が良さそうですけど。

現場から言って欲しい気がする。

 この手の話でいつも思うのは、安全と主張する人たちが現地に住んでみて検証するのが一番手っ取り早いのではないかいナと思うわけだ。

 家族で10年くらい住んでみて健康被害がなければ概ね安全ではないかと判断してみてもいいのではないか?
 まあ、当該者の子供にとっては凄い迷惑な話ではあるのだが。

 普段出鱈目なコメントしかしないヲレが言うのもなんなんだが「現地確認」をしていない人の言うことを真に受けるとえらい目に会うのだけは確かなのだ。

 

No title

>こんなことを平気で言えるのは、「自分が放射能に大変詳しい」と勝手に思い込んでいる狂人か、わかっていながらわざとデマを垂れ流しているデマ屋の二択で、普通に考えたら菊池誠はぜった後者。

デマバスターを自称しながら平気でウソを垂れ流すんだから非常に悪質なんだよねえ。
https://twitter.com/usi4444/status/795036378153111552

No title

>自衛隊、陸海空の統合強化へ新組織 与党が大筋了承

http://r.nikkei.com/article/DGXMZO38660120X01C18A2EA3000?s=0

既存の部隊の規模はそのままで、次から次へと新組織を作り、人員の手当てなど本当に大丈夫なのでしょうか?

芥川龍之介の文章に

お邪魔します。
 芥川龍之介の文章に、「桜に対して『匂いは正にある。ただそれだけだ。』と言う」というのがあったように記憶しています。ご存知の通り桜は色や形に注目され、香りはあまりない花ですが、その乏しい香りを引き合いに出す事で、一見認めているように見せかけて否定する文章だそうで。今回の言い方もその流れを汲むものではないかと思われます。