FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.12
30
CM:4
TB:0
14:14
Category : 未分類
新刊3種です

3つめの「中国の水際機雷」のパンフを折っていたところ、宅配便で印刷屋さんに頼んだ新刊が来ました

2018冬新刊3種

・ 海自新空母6万トン 本 599円
・ 新艦種哨戒艦のパンフ 199円
・ 中国の水際機雷     199円

 です、他にも旧刊もっていきます


 まー、冷凍食品だけで1週間なので、折終わったら新狭山のチャーシュー力でブッチャー辛味噌か、花さんしょうで麻辣肉豆腐麺でも頼みます


オマケ

ちょっとだけね、ちょっちね

ちょっと2

ちょっとだけよ1
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

>>>機雷

性能も大事でしょうけど、最終的に戦争でモノを言うのは、やはり数ですかね。


>ポーランドでは学校で本格的な戦闘訓練を受ける高校生達が増加している

http://news.militaryblog.jp/web/Polish-teenager-learning/combat-tactics-at-school.html

銃剣道なんかより、遥かに実践的ですねえ。

明けましておめでとうございます。

今年も宜しく御願いいたします。

>原発1基分の「洋上風力発電」計画...海底に土台

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20190102-OYT1T50004.html

上手く行けば、そう遠くないうちに原発を減らせますね。

>日本はクジラ虐殺やめよ=IWC脱退再考求める―米紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000047-jij-n_ame

ここまで言われても意地になって捕鯨を続ける意味って、あるのでしょうか?

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

>上手く行けば、そう遠くないうちに原発を減らせますね。

KU様、実は日本はもう脱原発目前なんですわ。

2018年9月分の発受電電力量合計は902.7億kWh、このうち原子力はわずか50.8億kWhです。
http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/electric_power/ep002/pdf/2018/0-2018.pdf

2013年から2014年には原発稼働ゼロだったこともありますし。
https://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id035086.html

ドイツやイタリア、台湾、韓国みたいに政府が計画的に徐々に減らしているのではなく、電力会社のいい加減な安全対策や原発反対派による再三の差し止め訴訟、立地自治体の牛歩戦術のおかげなので、あまり褒められたものではありませんがw

今後は脱原発よりさらに一歩進めて脱火発を目指しましょう。

あるいは、火発から出るCO2を効率よく回収して資源として活用するのも一手!
https://www.jstage.jst.go.jp/article/agrmet2/08sp/0/08sp_0_102/_pdf/-char/ja
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31819470V10C18A6MY1000/

風力発電は低周波振動やバードストライク等の問題がありますが、原発の抱える諸問題に比べれば解決のハードルは低いですわ。

参考までにどうぞ。プロペラの無い近未来の風力発電機(なんか現代アートっぽいw)
https://wired.jp/2015/05/21/future-wind-turbines/
https://gigazine.net/news/20150518-vortex/

水際機雷と聞くと、この日記を思い出しますw

どうみても水際機雷にしか見えないよね
http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-268.html