FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.01
26
CM:15
TB:0
21:34
Category : 未分類
 竹内修さんは問題の根本部分に触れようとしない。触れれば自分の反論が意味をなさなくなるからだ。だからそれには触れない場当たり的な反論に終始している。

 拙記事への竹内さんの反論はそうなっている。

 濫觴は次のとおりだ。筆者は『軍事研究』2018年11月号に戦闘機戦力の見通しを書いた。「安価な戦闘機を併用すべきだ」といった主張だ。それに対して脳内ニューロンでも発火したのだろう。竹内さんは次のように言及した。

竹内修@otfsx1228
忙しくてちゃんと読んでないんだけど、この一文で読む価値が無いとわかるし、こんな駄文を書きとばしてるから、文谷には仕事が来ねえんだよな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1050322725942648832


 以降、時折に「文谷の低価格戦闘機導入論はありえない」といった趣旨の発言をしている。

 だが、その発言は根本の問題に触れていない。戦闘機の高級化による保有数減少と中国とのバランシング困難については全く避けている。

 それを認めると主張が崩れる、低価格戦闘機論が意味を持つからだ。

 だからそこから逃げた発言に終始している。ディティールに関する反論めいた不明確な指摘を繰り返しているのである。

 本日の次の発言はまったくそれである。
竹内修@otfsx1228
すべての航空機のパイロットが不足してる状況下では、空自の戦闘機パイロットだって、今よりスキルの低い人材を採用しなきゃならないから、それを補完するには機械が人間をサポートしてくれる機材を買わなきゃならない訳で、それ故に文谷の主張する安い戦闘機を買えなんてのは、痴人の夢なのよ(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1089040979938598912

竹内修@otfsx1228
あとアラートに関しては、近い将来、今と基準が変わるって話があるんで、その辺の情報のアップデートが無いまま、アラートが主任務なんだから安い戦闘機で良いってのも、文谷のヌルい所なんだよな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1089042400855568384



■ 素養低下の中身を混同している竹内修さん

 だが、この反論は素養低下について誤っている。「空自の戦闘機パイロットだって、今よりスキルの低い人材を採用しなきゃならないから、それを補完するには機械が人間をサポートしてくれる機材を買わなきゃならない」(竹内)がその部分だ。

 これは身体的素養と知的素養を混同する誤りがある。

 確かに、今後はパイロットの素養は低下するだろう。採用水準を緩めなければならないためだ。そのため身体検査ほかでの水準は下がる。

 ただ、知的能力は今後もほとんど変わらない。なぜなら現状でもパイロット採用においては知的能力はほとんど考慮されていないためだ。現状でも航空学生採用あるいは幹部候補生採用の試験さえとおれば知的水準の検査はおわりだ。

 その点からすれば、「今よりスキルの低い人材を採用しなきゃならないから[中略]機械が人間をサポートしてくれる機材を買わなきゃならない」(竹内)は正しい主張ではない。

 また、これは拙記事への反論ともなっていない。「低価格機により非正面は負担できる」や「領域警備的なスクランブルはそれで対処できる」が主張だからだ。また「敵地侵入といった高度な任務はF-35にやらせろ」とも主張している。その意味で藁人形でもある。

 さらにいえば、素養低下の反論は竹内さんの従前の発言とも矛盾する。

 以前は「パイロットは不足する」と主張していた。
竹内修@otfsx1228
今日もSEECATの所々で少子化の話になったんだけど、戦闘機だけじゃなく、艦艇とか車輌なんかもオペレーターが確保できなくなるから、無人装備でそれを埋めてかなきゃってのが業界の共通認識で、軽戦闘機を買い増せなんてお花畑のいる場所はどこにも無いからな(笑)2018年10月12日
https://twitter.com/otfsx1228/status/1050748982996099073

竹内修@otfsx1228
LCCのピーチさんすらパイロットの自社養成を始めるほど、人材不足な状況下で、航空自衛隊に安い戦闘機をいくら増やしてみても、それはエプロンに金属の塊が並ぶだけの話だからな。2018年10月12日
https://twitter.com/otfsx1228/status/1050751030630133761


 その主張の奇妙な点は、以前に「自分の結論をださない人に言われるのもね」述べたので繰り返さない。

 だそれが今回は「パイロット不足は採用水準切下げで対応できる」としている。これは従来発言との矛盾である。


■ 任務負担の見通しで誤っている竹内修さん

 また、任務負担の見通しも誤っている。竹内さんの「今後、アラートは戦闘機の主任務にはならない」といった見通しである。

 具体的には「アラートに関しては、近い将来、今と基準が変わるって話があるんで、その辺の情報のアップデートが無いまま、アラートが主任務なんだから安い戦闘機で良いってのも、文谷のヌルい所なんだよな。」(竹内)の部分だ。

 これは「[アラートの]基準が変わ」った(竹内)ところで、空自戦闘機は領空警備の負担がなくなるのか?」 を考えればよい。

 まず数的把握が怪しいのだ。仮に実任務の9割が領域警備だとする。それが基準変わって仮に7割になった。それにより「アラートは戦闘機の主任務ではなくなる」と主張しているのが竹内さんの反論である。

 当然だが基準を変えたところで実任務の過半は領空警備であることは変わらない。訓練を除けば残りは全てそれだ。強いて言えば広報や演習参加や訓練協力、国際親善的な共同訓練もあるが時間的には無視してよい。

 その点で「アラートが主任務なんだから安い戦闘機で良いってのも、文谷のヌルい所なんだよな。」といった批評は根本から誤っている。

 さらにいえば「情報のアップデートが無い」(竹内)もなかなかの発言だ。情報のアップデートと言い出す御仁はたいてい公式発表鵜呑みである。さらには昨日聞いた内容と今日聞いた内容が矛盾していても情報のアップデートで済ましており、その矛盾を気にも掛けない。

 だから公式が誤ればアップデートした御仁も誤る。

 最近なら国際法解釈の例がそれだ。これまで政府は日米地位協定における主権免除は国際慣習法であると述べていた。だが、それは嘘だった。そして政府はそれをコッソリ変更した。そしてそれに依拠していた情報アップデート組もその誤りについて批評せず、再び情報アップデートをして終わりとした。当然ながら自己批判はない。*


■ 構造的な部分については反論できない竹内修さん

 繰り返すが、なによりも竹内さんは根本の問題には触れようとしない。

 記事の問題意識については徹頭徹尾に避けている。記事で提示した戦闘機の高級化による保有数減少と中国とのバランシング困難は何も言及しようとしない。

 まずは主張の構造的な部分については反論できないのである。それを認めると安価な戦闘機のオプションは有り得べき選択肢となる。それにより自分の「反論」がすべて意味を失われるためだ。だから安価な戦闘機オプションそのものの評価は避け、そのディティールに文句をつけているのである。

 これまでの竹内さんの反論を見るとそう判断できるのである。



* 中でも「国際法に詳しい」(自称)御仁の振る舞いは興味深いものであった。議論において「日米地位協定における主権免除は国際慣習法です、政府がそう言っているのだからそうなんです」と自分の理屈抜きにでかい顔をしてた。その梯子が外されたのだが、今でも知らんぷりである。国際法研究について各国の主張や事例を比較検討するのではなく、日本政府が国際法で主張していることを丸暗記しようとしているのだろう。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

安価な軽量戦闘機は必要

私は那覇の航空祭に行って、航空祭のデモフライトよりホットスクランブルで一杯上がっていくF15を見て今更のようにこりゃ大変だと思った次第。ほぼ毎日数機~10機位中国の相手(しかも観測機やドローンまで)していたらパイロットもそうですがF15が悲鳴を上げますよ。それ以外に訓練もあるし実際に那覇でよくトラブル起こしていますよね。整備も十分ではないのかも?と思っています。実際傷んだ機体を他の内地の部隊の機体と交換したり那覇の2部隊では機体をシェアして運用していると言ってました。こんな有様では機体の消耗が激しくお金が掛かるばかりか大事な機体が整備で使えなくなります。もちろん中国の狙いはそこでしょう。自分も大変でしょうが相手の体力を削ぐ戦略なんでしょう。F35は防空向けとは言えないですしスクランブルで使うには費用が掛かりすぎる。三沢に配備している時点でその気はないのでしょう。パイロットが減っていると言っても一人1機では無いですしパイロットより機数がずっと多ければ無駄でしょうが整備も考えると多少多いくらいでも全然問題ないですよね。整備士の確保のほうが大変かも知れませんが。で、個人的にはF16の中古を安く、新品ならグリペンでも買い足せば良いのではと愚考します。オススメのJF-17も実機を見たことがあるのでなかなか良いと思いますが中国が売ってくれるのか、整備はどうするのか、そもそも日本が買うのかという問題がまずありますね。

No title

早稲田出のU幹でCS受からない馬鹿って珍しいよね

No title

竹内修さんって知的に怠惰な人なんでしょうね。論理的に物事を考える習慣がなく、思い込みの強い人なのでしょう。読む価値がない駄文を書き飛ばしているのは、文谷さんではなく、彼自身ですから、笑止千万ですね。

No title

Twitterなんかでしゃべってると、発言一つ一つが場当たりで筋道立ててまとまった思考をしなくなるんだろうな
そもそも発言一つの長さに制限のある中でのことだし

そこをこうしてきれいに整理されてしまう、と

竹内氏は少子化でこれ以上パイロット数が増やせない、だから高性能機を一定数配備して量を質でカバーするお考えのようです。
ただ戦時はともかく、平時のスクランブルで疲弊する現場の負担をどう減らすか。残念ながらその点はスルーしている。
文谷さんは軍事研究最新号の記事で陸海空3自衛隊の機構大改革を主張しておられる。
スクランブル用の戦闘機を増やしても、パイロットや補給・整備要員は、実は陸自から予算ごと回せば手当て出来る。
省力化と人員予算の再配分は同時並行で可能だし、むしろそうするべき。

>早稲田出のU幹でCS受からない馬鹿って珍しいよね

あなた、竹内さんですか?

竹内修氏のツイッターを覗いてみましたが、ご本人もフォローしている人たちも、文谷さんの意見をずいぶん曲解しているように見えます。
なにやら文谷さんがF35を軽視しているかのような言いぶりでした。
文谷さんはF35自体は高く評価しておられる。
ただこれからの日本の国力で充分な数を揃えるのは難しい。
平時のスクランブルは二線級で間に合わせ、限られたF35は後詰めで温存しようと言っているだけなのに。
そういえば晩年の勝新を引き合いに出して、内情が火の車でも外面を良くして、対外的にハッタリをかますのが抑止力だ、みたいな意見もありましたな。
それならガワだけF35で中身はF5の戦闘機を1機30億円で500機くらい揃えればいい。
パイロットも離着陸が出来る程度の腕で促成栽培していっぱい配置する。
あとはその辺の目立つ場所でブンブン飛ばせばいい。
ハッタリの効いた抑止力の出来上がりだ。

No title

ツィッターでやりあったけど、自衛隊全体の人件費と装備のコスト比較の図を理由に言ってくる人ですからね。
戦闘機というくくりには戦闘機における装備費と人件費の割合を出さなくてはならないのを理解してなかったですからね。

愚かでいいのだろう(よくない)

あれだ、既視感あると思ったら、エマニュエル・ゴールドスタインだ。
清谷と文谷の旦那はネットミリオタから「こいつは叩いて良い」みたいな身勝手なコンセンサス作られてるから、関の旦那はもとより、清谷はんと馴れ合ってる竹内の旦那にゃ文谷はんは「リツイート」と「いいね♥」を稼げる格好の標的という訳だ。

問題は肝心の文谷はんが、堺雅人の銀行マンみたいに「やられたらやり返す」人だって事なんだけどね。

人員確保がより難しい潜水艦の増勢を決定してるのに、今更何言ってるのって感じ。
視力基準の緩和など、パイロットの採用基準を下げるなんて過去にもやってることだし。
パイロットの確保はやろうと思えば可能。また現実としてそれが必要な理由もある。文谷氏の主張は論理が明解。対して竹内氏の反論は意味をなしていない。

この手の差は現実の(行政)組織を批判的に見て問題を上げ改善案を出せる人と、組織のやること言うことに疑問を持てず考えられない人の差だと思いますね。
ネット軍オタには後者の形で防衛省や米軍は正義だバンザイのような方がウケますけどね。

No title

>早稲田出のU幹でCS受からない馬鹿って珍しいよね

反論出来ないので、関係のない話を持ち出してきた、と。
あの記事、発想さえあれば在隊歴のないサラリーマンでも書ける。
勿論アイデアを否定するものではないが、何か長期計画を立てた経験のある人なら、
一脈通じる内容だから。

とうとう、海自へも池上無双ががが。

>池上彰氏「『多用途運用護衛艦』は安倍政権お得意の“言い換え”です」

http://bunshun.jp/articles/-/10551

>>>外見はどう見ても空母ですが、日本政府はヘリコプターを運用する護衛艦だと言い張ってきました。

思いっきり、防衛省&自衛隊大好きなヲタを敵に回すとわ(((^_^;)。

>>>なぜかこのエレベーターは、「偶然にも」F35Bが入るサイズなのです。

池上さんにもバレてるorz。

No title

文谷さんの廉価戦闘機を配備すべきって提言は9年前から変わらんのだけどね

http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-29.html

清谷サンも毎度馴れ馴れしく引用でリプライ飛ばしてくる竹内サンの事を内心どう思っている事なのやら。

No title

>F35は老巧化した戦闘機の代替、浪費との指摘は的外れ=安倍首相

http://jp.reuters.com/article/japan-f35-idJPKCN1PP0R2

国内で最終組み立てしなきゃ、さらに良かったと思いますが。



>沖縄の海を守る海上自衛隊とアメリカ海軍の哨戒機部隊が共同訓練

http://otakei.otakuma.net/archives/2019013104.html

今からでも遅くないから、P-8を買い揃えてくれませんかね?


>中国が今月、艦船搭載レールガンの試験 2025年に実戦配備へ 米報道

http://www.sankei.com/smp/world/news/190131/wor1901310009-s1.html

UGVやらレーザーやらレールガンやら、次々と新型兵器を実用化しているだなんて、何とも羨ましい。

No title

一般幹候の受験でも飛行要員は飛び抜けて志願者多いですしまあ問題にはならないでしょうね
だいたいやたらP出身将官の子息が多かったり、年ごとの試験で部隊ぐるみで不正やってる時点でパイロットって実は誰でもなれるのでは?なんて僕みたいな人間は思っちゃうんですよね