FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.03
12
CM:4
TB:0
23:55
Category : 未分類
 3月9日売りの『軍事研究』に哨戒艦の記事をかいたのだけれども。

 その記事を出した後で水交会で同期会があった。そこでまあ色々話したんだが、哨戒艦は全然固まっていない感じだった。「ホニャララ方面は強力な武装つけたいらしくて『哨戒機に強力に武装できるんだから哨戒艦も強力に武装できるように』のロジック」(同期)だそうだけれども「そう言いだすってことはやっぱり武装なんか全然なんだろうねえ」(己)みたいな話をした。

 あとはFFMね。そっちは「護衛艦隊筋は強力艦にしたいらしいけど掃海隊群筋は入手性や省力化を重視しているみたいな話があるとかないとか」(同期)といった話を聞いたよ。

 別に具体的な装備水準を示すわけでもないし個人名がでるわけでもないので書くけどね。

 まあ、部分最適と全体最適が一致しない問題もあるかなと。内局や予算当局を説得して個艦の装備水準を切り上げさせれば、担当課や担当さんの勝利、功績になるけど、装備水準をあげると入手性や乗員数が犠牲になり予算枠を圧迫するからねえ。

 一番いいのは、LCCも見越した総事業規模の中で最大利益を得るような検討だねえ。それは海自だけではできない問題で利害関係のない識者やらシンクタンクを含めて検討しないと難しいだろうけど
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

FFMというと、世艦1月号で見ましたが

たしかFFMの1・2番艦はVLSを後日装備(とうとう「あぶくま」クラスがRAMを装備しないままで終わりそうな様子を見ると、一抹の不安がorz)という形で就役するのでしたか。

http://www.ships-net.co.jp/ships/201901/

(公式サイトがリニューアルされていました)

それでも数年前に見た三菱案↓

http://togetter.com/li/832447

よりも、かなり重武装化(基本的なコンセプトは変わっていなそうですが)していますよね...。あとは1隻あたり、どこまで予算が付くかでしょうか。

四月号の「龍や猛禽は選挙権持ってない」はよく削られなかったっすね。
そろそろ本邦でもフネに人名が来るかそれとも命名権で小銭稼ぎか

哨戒艦の目的は制圧・殲滅ではない

お邪魔します。
 哨戒艦の目的は制圧・殲滅ではありません。相手も「ひょっとしたら見つかるかも」というプレッシャーを与える事です。ですから武装も相手の妨害工作に対抗できるくらいで良いのかなと思ったりもします。例えば「遠隔操作の機銃」といった。それと武装「だけ」ではなく「至近距離からの銃撃に対する防弾装備」や「体当たりに対するための、できれば米ズムウォルト級のような艦全体の二重構造、無理なら館内にシェルターを設置」があればさらに良いのではないかと。尤も「コストを下げて数を増やす事で、最悪艦が失われても乗組員が無事であればダメージはそれ程大きくならないようにする」のも一種の「防御」と言えるでしょうが。

Re: タイトルなし

本文は削られないです、確認されます

でも、キャプションに書いといた「『はしだて』は首長をカレー接待するだけの屋台船だが、911では本気で常時港湾防備にあたっていた」みたいな部分の「カレー接待するだけの屋台船」はなくなってました。キャプションは自由に縮めてくださいとは離してますし、まあ余計な部分でもありますから。
でも、当時みんなは感心してましたね。「屋形船の無駄遣いとバカにしてたけど見直した」と。

> 四月号の「龍や猛禽は選挙権持ってない」はよく削られなかったっすね。
> そろそろ本邦でもフネに人名が来るかそれとも命名権で小銭稼ぎか