RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
19
CM:0
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 東京国立博物館での常設展に、上野戦争で使用された砲弾が展示されている。 この砲弾は「彰義隊戦争遺物」として知られる不発弾である。小説『大砲松』(東郷隆)で、東博収蔵として紹介され、有名になった。

砲弾WEB全体

砲弾WEB


「砲弾」(東京国立博物館収蔵,台東区上野公園採集)整理番号F-16530


 木に貼り付けられた由来(ただし、コンデジ撮影のため、よく読めない)には、明治41年に上野公園で発見されて収蔵されたとある。砲弾は、杉の大木、高さ7m程度に西南方向からめり込んだまま、明治の聖代を過ごしたことになる。
 口径は、目測で70mmから90mm。(収蔵品カードを閲覧すれば書いてあるかもしれない) 砲弾肩部に鋲がある。これは、ライフリングに噛みあわせるために取り付けられた、前込式施線砲(MLR:マズル・ローデッド・ライフルと呼ぶ)に特有の特徴である。東郷隆さんが小説中で説明しているとおり、弾頭部には信管らしきものはない。作動しなかった信管が砲弾内にめり込んだか、最初から信管をつけ忘れたか、いずれかだろう。
 大山柏さんの『戊辰役戦史』によれば※※上野戦争で参加した砲兵で、西南方向から射撃できた砲隊は肥前、筑後、尾張、備前、津、佐土原。このうち、いずれかの御家中が発射したものだろう。ちなみに、臼砲を除き、参加した砲は肥前砲兵が装備したアームストロング砲、尾張のナポレオン施条山砲、備前砲兵の「メリケン」砲、佐土原の四斤半山砲である。

 この砲弾は、図録や写真でしか見かけたことはない。ここ30年、年に1~3回は東博に脚を向けてきたが、現物を拝見は、まさに眼福であった。気になる向きは上野に行くべきである。
 刀槍武具から外れた展示も面白いもの。他にも、東博には変った火器がある。例えば、幕末期までに作られた風銃(エアーライフル)は、東博に少なくとも3点※※※ある。だが、東博で展示された例は知らない。この手の展示が増えれば面白いのだが。


※ 鋲を使用せず、発射ガスで広がりライフリングに噛み合う弾筍を用いたMLRもある。
※※ 大山柏『補訂 戊辰役戦史』上巻(時事通信,1988)pp.354-358.
※※※ 収蔵品カードでは、少なくとも3丁ある。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント