FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.06
06
CM:8
TB:0
14:18
Category : 未分類
 スーパーカーがブームの時代、免許を持たない小学生がスポーツカーを礼賛していた。彼らが興味を向けるのは最高速力と最大馬力だけである。それ以外は低性能と切り捨てられていた。軽トラックの利便性や経済性にきづく小学生はいなかった。

 (哲)さんの拙記事批判はそれを彷彿させる。

(哲)@Tetsu__tw
あと「小銃はボルトアクションで十分」はな、まず筆者の名前を見るんじゃ
そして閉じろ
次からはその名前を見たらページ閉じられるようになろうな
https://twitter.com/Tetsu__tw/status/1136440815754989569
 
これは拙記事「海自・航自はボルトアクション小銃でよい」(航自を含む題名は編集部)への批判にもとづいた発言だ。だがその中身は軽トラの利便性や経済性に気づかない小学生を彷彿させるものだ。


■ (哲)さんは64とボルトアクションを使ったことがあるか?

 まず(哲)さんは64とボルトアクションの両方使ったことがあるのだろうか?

 使ったことがあればボルトアクションは馬鹿にはしない。実用上の問題はない。発射速度は遅くもない。普通に構えたままでボルトの開閉もできる。なにより手間がかからない。ボルトを外して洗矢を通せば整備は終わる。ボルトほか機構の分解整備の必要もない。実際に10年使ったボルトを分解したが特に汚れもない。

 逆に64が勝つ要素もない。警備で配分する弾薬数は極めて少ないからだ。半自動射撃も2割の銃はほぼ手動の必要性が生じる。回転不良あるいは撃発不良で尾栓の引き直しが必要となるからだ。

 だいたい、半自動射撃にしても2発目以降は狙い直す必要がある。そうしなければ集弾域は姿勢で狙っている範囲にとどまるだけだ。伏射あるいは委託しなければ2発目はアサッテだ。


■ 自隊警備の水準もご存じない

 また自隊警備の水準もご存知なのだろうか? といった疑問も浮かぶ。

 自隊警備で渡す弾薬数は少ない。連発どころか半自動で撃っても無くなる。この状況で自動銃の利点は生かせない。

 また警備は交戦を前提としない。基本的には警備員の巡回と変わらない。小銃はあるから渡す程度である。それに64を渡す理由も、たまたま在庫があるから渡しているだけだ。以前は全自動がないガーラントであった。また今でもトンプソンは使われている。自隊警備ではなんでもよいのだ。

 そもそも海空による自隊警備と陸戦の差の理解も怪しい。

(哲)さんほかは野戦や前線近くでの戦闘だけを念頭においている風がある。だから火力でしか評価できない。

 だが、海空自にとって小銃は戦闘がない後方域で使うものだ。しかも海空基地の周囲は警察ほかの警備も厳重となっている。そこで火力ベースの評価は意味を持たない。

 それを理解していない。あるいは全ての海空隊員が専従の特殊部隊や警衛隊のような陸戦対応をすると考えているのだろう。A4やBARといった機関銃を含む本格編制を取るのは彼らだけだ。

 発言を遡るとサバゲに興じる写真が出ている。そこで遊戯銃をもってご満悦のご様子である。その意識で小銃を評しているのだろう。かつての小学生が模型を手にしてスーパーカーの品定めをしているように。



■ (オマケ)まあ軍事研究の自由とかのタイプみたいだしね

 軍事と大学との、いわく因縁を知らずに気軽な発言をするような方だからねえ。
(哲)@Tetsu__tw
ウチの(助)教授、軍事研究はしないって言い張ってるけどコレ関係はすっごい関わってるあたり分かってんのか感はある
https://twitter.com/Tetsu__tw/status/834404917716545539


 学部生が院生かしらないけど、「『軍事研究はしない』はお花畑」とかいってそうだね。あの界隈は語彙も論理展開も理解力も豊かじゃないから、なんても「お花畑」っていうし、それで勝ったつもりになれるからねえ。

 あるいは問題の説明でよく出てくる「実際には2つに別れている」も理解できないかもしれない。「マルクス的理解から資本家は一つと思い込んでいるけど、実際はケインズが指摘したように金主と経営者の2つに分かれる」と説明しても「資本家は資本家だろ」というようなものだ。

 お理工さんにたまにいる抽象と具体の間を行ったり来たりできない子はそれができない。

 その点でも理解は厳しいのだろうね。「自衛隊の小銃用途は戦闘と一括りされて理解される。だが、実際には戦闘正面での熾烈な陸戦と安全性が期待できる後方域での警備と大きく2つの用途に大別される」といっても駄目な子はだめだから。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

海自の潜水艦は拳銃が自隊警備で使われてるのにね。64なんて積んでるけど鱶対策用でしかないし。

No title

少々表題とはずれますが、考えてみれば米軍の弾薬を利用できるという触れ込みで5.56mm小銃を開発したのであれば何で米から小銃も輸入しなかったのでしょうね。以前ここで拝見した話に輸入弾薬と国産小銃の組み合わせ云々にまつわる話が出てたと思うのですが、輸入弾薬だと不具合が出るというのであれば次期小銃を国産するべきではないという結論も導けそうですし。

第二次世界大戦で日本が主要兵器の国産を余儀なくされた環境を想起するのであれば、むしろ周辺諸国全てを敵に回した外交政策の失敗を責めるべきだと思うのですが兵器国産論者からあまりそういった話って聞かないですよね。

No title

>中央調達予定品目(中央調達分)

http://www.mod.go.jp/atla/souhon/supply/jisseki/choutatsuyotei.html

輸入調達官の所に海自向けの「高性能ライフル銃」「試験用機関けん銃」なんて物品が記載されていますね。にしても散弾銃(M3)は、毎年調達しているみたいですね。

No title

スーパーカーブームの頃のフェラーリやランボの12気筒DOHCは馬力サバ読みしていたのが有名でした。
フォードやシボレーの市販V8を搭載していたデトマソやイソと実力は大差なかったですし。

No title

ディーゼル潜水艦は拳銃の弾がお好きなのでしょうね。

No title

「(哲)@Tetsu__tw」さんの脳内では「八人いれば一個師団並み」な(ゲーム・映画・漫画などで刷り込まれたであろう)無茶苦茶強い特殊部隊(ゲリラコマンド)がシュワちゃんみたいにRPGやらグレネードランチャーやらの重装備を抱えて安全だと油断している後方をかく乱しに空海自の基地を大挙して襲撃するイメージがあるんではないかと。
問題は「特殊部隊は精強だが実質的には単なる軽歩兵」という事に気付けてないから、そんなものは幻想に過ぎない事なんでしょうけど。

Re: No title

そもそも特殊部隊は見つかったら終わり。あるいは攻撃成否は別で相手の警備を厳重にさせて負荷を掛けるだから。
射撃戦で勝てなくとも急射撃をなして存在を暴露させればまず無価値化しますね

まあ、火力もRPGやらグレネードを持ってきてくれれば肝心の爆薬とか減るので逆にありがたいんじゃないかと

> 「(哲)@Tetsu__tw」さんの脳内では「八人いれば一個師団並み」な(ゲーム・映画・漫画などで刷り込まれたであろう)無茶苦茶強い特殊部隊(ゲリラコマンド)がシュワちゃんみたいにRPGやらグレネードランチャーやらの重装備を抱えて安全だと油断している後方をかく乱しに空海自の基地を大挙して襲撃するイメージがあるんではないかと。
> 問題は「特殊部隊は精強だが実質的には単なる軽歩兵」という事に気付けてないから、そんなものは幻想に過ぎない事なんでしょうけど。

この人に銃の機構など関係無い

お邪魔します。
 結局この人には銃の機構もそれが使われる状況も関係無く、「文谷数重とかいう奴は目障りだから俺は無視する。だからお前達も無視しろ。」としか言っていないように思われます。あと余談ですがこの人はホリエモンロケットについても「1960年代末にアメリカは月に人を送り込めるサターンⅤ型ロケットを作っているのに、何を今頃ゴダート(ロケット黎明期のアメリカの開発者)に毛が生えた程度のロケットを作っているのか。」とでも言うのだろうか(サターンⅤ型に比べればHⅡすら赤子?)。