FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.06
24
CM:7
TB:0
13:03
Category : 未分類
 東奥日報に記事が載りました。2019年6月20日の朝刊7面です

F35記事

 F35の墜落原因が空間失調症とされた件について

・ 防衛族議員はいささかの疑問を持っている
・ 結論出すまでの時間は短いのではないか
・ 空間失調症は誰にとっても都合がよい結論である

といった内容です。

 最後に「制空権掌握って本当は航空撃滅戦:敵基地攻撃でやるよね」が主張できたので満足でした。多分、空自三沢と防衛局三沢事務所と東北局から市ヶ谷に上がっているでしょう。昔はそうしてましたし。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

上手く落とし所を見つけたね、って感想

文谷さんの記事内容に同意です。
決定的な証拠が見つかってない(隠して無ければ)ならバーティゴでお茶を濁すのが誰も悪者にならない良い?解決策ですからね。
もっとも今公開されている状況証拠が正しいとすると(バーティゴにミスリードする為に意図的に改竄して無ければ)バーティゴでも不思議では無いと思いますが、真相が分かる日は来るのでしょうかね?
米軍は最初から事故のことを過小評価しているのか?我関せずで普通に飛ばしていますからね。何となくこの辺からバーティゴかね?(或いはしたい)と言う気がしていました。

No title

ドラレコの記録どころか事故車両の残骸もほんの一部しか見つかってないのに事故はアクセルとブレーキの踏み間違いが原因で車両に異常は無いと結論付けた、と言い換えることができるでしょうか。昨今ホットな話題にたとえて言えば。

No title

F35は、データーが米軍に筒抜けらしいんですが、あの墜落は米軍が誤って『他爆装置』のスイッチを押したんじゃ無いかと思ったりする。

他爆装置:あろひろし=サン考案の他のマッドサイエンティストが作成したメカの自爆装置を強制作動させる画期的発明品。

No title

>メーカーが認識していない、あるいは把握していないエラー

重大度の高低はさておき、この手の未確認の不具合はいくらでもあるでしょうね。インテルのCPUといった世界的な使い古しの機器ですら、販売から10年以上経った製品について、特定条件下でメーカー未把握の不具合が起こって再現テストにウンヶ月、なんてこともありますから。ソフトだって更新されるごとに周辺機器との互換性が変わる上にメーカーは把握してないわ従来の設定が引き継がれる部分もバージョンアップ方法もコロコロ変わるわで大企業や官公庁では古い機器・ソフトを使い続けることが多いですからね。単発単座の新世代機のハード・ソフトなんか怖すぎて飛びたくないです(ITインフラ系並みの感想)
新しい→つよい→大正義な人々の考えとは違うんです…

No title

>>>F-35

すっかり事故自体、忘れ去られた感がありますよね。

>海保と海自が異例、南シナ海で初共同訓練 中国牽制か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000057-asahi-soci

何年かすれば、あんな哨戒艦も加わるのでしょうかね。

No title

逆に言えばすでに使えるからこそ欠陥機ではないという話
完璧な飛行機ではない

最後の敵基地攻撃か洋上撃滅というのはわかるのですが
防空にしても、相手がステルス機を持ってくるなら
迎撃の方もステルス機でないと一方的に撃破されてしまう気がしますが。

昔のエントリのように旧式の爆撃機を単独で送り込んでくるならともかく、一応ステルス爆撃機なりステルス戦闘機なりは中国も開発か量産してますし

No title

完璧な飛行機じゃないのはOH-6もF-35も同じなのに結論を出す速さが違う(おまけに前者は機体も発見できている)のが問題点でしょ。