FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.07
14
CM:17
TB:0
11:54
Category : 未分類
 山本太郎さんじゃない方の表現の自由ってヘンテコな自由だからね。

 その主張の本質は「『信仰の自由』を守ります。ボクタチの信仰を与党に認めていただくのです。」(山本太郎さんじゃない方)といった内容だ。政府与党から「『マンガとアニメに限った自由を認める』という特許状をもらう」という主張でしかない。「表現の自由を守ります。マンガ表現とアニメ表現だけの自由を認めさせます」(山本太郎さんじゃない方)はそういうことだ。


■ 権力にお願いして業界の自由を認めてもらうのです

 しかもやり方は「権力にお願いするのです」(山本太郎さんじゃない方)ときたもんだ。

 表現の自由、思想信条の自由、信仰の自由は誰から与えられるものではない。人間がもともと持っている自由である。

 その自由や権利を確認しないで「お願いするのです」(山本太郎さんじゃない方)だもの。権力や国家による侵害を認めた上で、お願いして自分たちが関連する「アニメ表現の自由とマンガ表現の自由を特恵的に認めてもらうのです」(山本太郎さんじゃない方)ってどうかしているものだ。

 犬っぽいよね。黄犬契約とかのドックそのもの。昔あった「ボクタチの教団や信徒だけの権利を守るのです。信者で政党をつくります。それでボクタチの信仰を守るのです。特に教団幹部のセンセーの国会尋問を回避するのです。そのためには作った政党を衛星政党にして与党と協力するのです」に近いよね。


■ ボクタチの信仰が守られれば不受不施派の信仰はどうでもいいです

 山本太郎さんじゃない方の支持者のスタンスもそう。信仰の自由に例えりゃ「不受不施派が空気を読まないで政府と対立するから同系統のボクタチが誤解されて信仰が不便になる」みたいなことを言い出す連中だからね

 前にも書いたけど自然保護で「ホタルは必要だけど蚊は不要、不快だから」といいだすようなものだ。

 そもそも変な話であることに気づかない。その点で山本太郎さんじゃない方を支持する自称オタクはズレている。

 そして、そのような支持者にチューニングする山本太郎さんじゃない方は信用しがたい。やってることは間違えた支持者をおだてること。誤った発想に逆らわない発言することに終始している。

 あるいは権益がほしいのかねと疑うものだ。そこには理念のためには命はいらないといった使命感は見受けられない。「上手く立ち回るのです」といったTIPSめいた行動原理しか感じられない。

 まー、己のみるところ山本太郎さんじゃない方はそんなもんだ。アニメやマンガの自由が欲しいのではない。アニメやマンガの自由を主張する集団の頭に座りたいだけとみている。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

蝶ネクタイの支持者連中は、結局はアニメ漫画ゲームが元ネタな二次創作の、薄いエロ本の表現さえ認めてもらえればそれでいいんでしょうね。
同じエロ目的のセクシービデオみたいに、権力からの規制が怖いから、規制強化サイドに全力で媚びてお目こぼしを狙っていくって姿勢が感じられます。
あとは、元から自民党の熱心な支持層だってのもありそうですね。

No title

このあたりイシューになりそうなのはむしろはだしのゲンですよね。エロよりも。

今日、期日前投票に行ってきました

比例は、れいわ一択でした(^_^)。選挙区は...考えた末に、某宗教絡みの候補者をorz。自民候補は選びたくないし、さりとて野党も当てにならないし。こんな消極的な選択は久しぶりですね。

No title

その連中がつくったまとめを読みましたが、緑川だむさんの狂いっぷりが可哀想ですね。

我々、中国から指令されてるらしいですし、瀬川さんが偽ドカベン支持者は右翼ダーと言ったとか、風変わりな並行世界にお住いのようで。

言論の自由(ただし、反日はのぞく)

遊戯王の人に対するあれこれを見たら、そう思ってしまいますね。
どうも、政権批判とかそういう方面での自由を護っていただけそうな気はしませんのう。

低投票率かつ小選挙区制の国政選挙で政権与党が議席の大多数を占めるというのは、非常によろしくない状態だと思います。
議院内閣制でこの状況は、立法府と行政府は殆どイコール。
一部の支持層だけガッチリ掴んでさえいればあとは安心してやりたい放題。
大企業優遇の立法、施策を維持すればスポンサー命の民間マスコミは政権批判できない。
NHKも放送法に手を出さないとナシが通っていれば、いくらでも政府を忖度する。
有権者が興味も関心も持たず、マスコミもロクに検証しない期間が長引けば、どんな政治集団も必ず劣化する。
みんな選挙に行きましょう。そしてちょっとずつ世の中を動かしていきましょう。
ちょっとずつが続けば、十年後二十年後の世の中は、ずいぶん変わっていると思います。

あと、この人まだなんかブツブツ言ってます。

https://mobile.twitter.com/otfsx1228/status/1150788792665534471

この人の記事は首肯できるものが多いのですが、この件についてはいただけません。
文谷さんの軍研記事に対して茶化し半分で反論し、
その反論に対して文谷さんが切り返した内容については、結局ダンマリのままです。

ネタ違いですが

>陸上自衛隊、2系列の装輪装甲車ファミリーを導入へ

http://www.tokyo-dar.com/news/6293/

なんでまた、わざわざ同じ用途の車体を別々に調達しようとするのやらorz。装輪装甲車向けの予算だけ特別枠でもないでしょうに。

3連投失礼。

日本の人口は約1億2千万人。アメリカの人口は約3億2千万人で日本の約2.7倍。

主要国航空兵力(2014年当時)の記事を見つけましたが、
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/各国軍の航空配備一覧

これによると自衛隊の総航空機数は約1,500機。アメリカのそれは約1万2千機で自衛隊の約8倍。
ソースによって異なるだろうけど、日米の配備機数は大同小異でしょう。
1シートあたりのパイロット数が日米どっこいだとして、機数8倍ならパイロット数も8倍。
民間機の機数とパイロット数は調べてません。
さすがにアメリカの民間パイロットが人口に比して圧倒的に少なく、航空希望者がみんな軍に流れているということはありますまい。
日本におけるパイロットの確保は、工夫次第でまだまだ余力があると思います。

No title

「表現の自由を認めるってことは、自分が不快になる表現を誰かが発表する自由も認めるってこと」だって言ってた作家さんが山田太郎支持してるのを見つけた時はとても残念だった

新イージス艦の名前が決まりましたね

>7月17日、海上自衛隊は、ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場において、「平成28年度計画護衛艦の命名・進水式」を実施し、「はぐろ」と命名しました。

http://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2444104175651286&id=161912430537150&__tn__=%2As%2As-R

来年は30FFMの1・2番艦の進水式ですね。

No title

遊戯王の作者が政治的発言をしてバッシングされて謝罪に追い込まれたことについて
何のリアクションも起こさない山田太郎&そのシンパという
まあある意味予想通り過ぎて微苦笑を誘うしかない光景が
参院選一週間前というタイミングで見られたのはホント神がかってると思いましたね……。
アレいいの?ひょうげんのじゆうのききじゃないの?とは思いましたが、
まさしくご指摘通りの「漫画とエロ本の自由のみオカミ(≒大好きな自民党)に認めていただく」というのが
彼らの本意なのであればまあ矛盾はないのでしょう。

Re: No title

支持者に忠実なんでしょうね、盲目的に忠実で多分ワンワンとしか鳴かないと思いますよ
赤松さんもそうだけど反規制をやりたいんじゃなくて反規制団体の親玉になりたいのでしょう



> 遊戯王の作者が政治的発言をしてバッシングされて謝罪に追い込まれたことについて
> 何のリアクションも起こさない山田太郎&そのシンパという
> まあある意味予想通り過ぎて微苦笑を誘うしかない光景が
> 参院選一週間前というタイミングで見られたのはホント神がかってると思いましたね……。
> アレいいの?ひょうげんのじゆうのききじゃないの?とは思いましたが、
> まさしくご指摘通りの「漫画とエロ本の自由のみオカミ(≒大好きな自民党)に認めていただく」というのが
> 彼らの本意なのであればまあ矛盾はないのでしょう。

ボクタチの信仰はボクタチで守る。
非ボクタチの信仰は非ボクタチで守れ。

No title

>反規制団体の親玉になりたいのでしょう

反規制団体という名の規制団体、潜在的反社の親玉になるつもりかもしれませんね。

正直作風は露骨なパクリと呼ばれ、絵も含めて凡庸でしかないですし。政治に係る動機としては正直・・・・としか。
(彼を批判するからそう書いてる訳ではありませんが。)

No title

山本太郎は政党立ち上げて97万票取って二人を国会に送り込めた
もう一方は自民に潜り込んでやっと53万票なのを考えると力量の差は歴然

No title

山本じゃない方の「表現の自由」がこんなに早く試される事態になるとは思いもよりませんでしたね。責任が伴う(今回あいちトリなんとかで特定民族に対する憎悪表現があるとか個別に指摘すればまた別でしょうが)という言い方で逃げを打ってるあたりはダメみたいですね。