FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.07
26
CM:13
TB:0
11:06
Category : 未分類
 『はたらくくるま』の増刷とりやめは妥当である。

 幼児向けの絵本に戦車を乗せれば抗議は来る。その理由もわけがわからない内容でもない。本質は人を殺すための武器である。それを掲載するのは道徳的に正しくないというのは由ない話ではない。

 対応も不思議ではない。講談社は増刷しないと約束したがそれもおかしな話ではない。なにより『はたらくのりもの』への戦車の掲載は必須ではない。そもそも志のある本でもない。絵画の構図や抽象化に労苦を費やした本当の絵本ではない。手軽に作れる写真本だからだ。

 それを言論弾圧というほうがどうかしている。講談社は左翼の抗議に応じて言論を枉げるのか。表現の自由、出版の自由を侵害している。そのような主張がなされているがいずれも無理くりなものだ。


■ アクロバティック擁護

 その上でアクロバティックな擁護まで出てきている。「国民の生命、財産、人権を守るために働く車」(須賀原)がそれである。

須賀原洋行@tebasakitoriri
おかしいのは、声を上げた人たちのほうでは。国民の生命、財産、人権を守るために働く車を図鑑に載せちゃいけないなんて、いったいどんな論理なのだろう。論理じゃなくただの感情?感情で表現をつぶすとは......
新日本婦人の会 京都府本部@NJWAkyoto
幼児向け「はたらくくるま」図鑑に戦車 不適切との指摘
今後増刷しないと発表
(link: https://www.asahi.com/articles/ASM7S6W6SM7SUCVL022.html?ref=line_digest) asahi.com/articles/ASM7S…
おかしいことは「おかしい!」とみんなで声をあげれば変わる!
https://twitter.com/NJWAkyoto/status/1154181398451769344

https://twitter.com/tebasakitoriri/status/1154339416166420480


 その主張はむしろ「いったいどんな論理なのだろう。論理じゃなくただの感情?」(須賀原)と言われるべき内容である。。

 自衛隊武器は戦闘勝利つまり殺人を第一に作られる。その効率を競う機械である。

 そこには確かにやましさや不道徳はある。基本的に戦闘や支配にしか使えない道具だからだ。殺傷や抑圧は少なくとも善ではない。

 だから通例では「防衛のため」「平和のため」と言い換えられる。

 それは身内の欺瞞である。もちろん世間に欺瞞は必要であり現実に欺瞞に溢れている。だが欺瞞であることに違いはない。

 しかし、それをさらに進めて「感謝しないのはおかしい」「称賛しないのはおかしい」まで行くとどうかしている。それが「国民の生命、財産、人権を守るために働く車」(須賀原)だ。


■ 核兵器ヨイショに近いよね

 その発想や主張はかつての核兵器ヨイショを想起させる。

 冷戦時代には核は必須といった主張があった。「世界の安定は核によって保たれている」「核兵器抜きの安全保障/国際政治はありえない」といった中身だ。

 それはそれでリアルだっただろう。当時はみんなそう考えていた。それゆえに現実世界もそのように動いていた。社会は核兵器は必須として動いていたためだ。

 だが、当時でも「核兵器は素晴らしい」「核廃絶運動は通敵行為」までいくとアレとして扱われていた。必要悪を善と言い換える嘘だからだ。欺瞞の範囲を超えているからだ。

 須賀原さんの戦車擁護もその類である。「国民の生命、財産、人権を守るために働く車」(須賀原)は必要悪を善と言い換える嘘だからだ。

 さらにいえば「大陸で戦っている兵隊さんは」のモメンタムも窺える。日華事変以降、市電が九段坂に差し掛かった際に「英霊に黙祷」の類である。パーマネントはやめましょうの類である。英語はすべて追放しましょうの類である。

 なによりも本人はそれを言って得意である。敵である左翼を批判したつもりで満足している様子が窺える。だが、その主張は論理にもとづいてはいない。まずは「論理じゃなくただの感情?」(須賀原)である。




■ (オマケ) 「床屋さんの捕虜処分」(主演:フランキー堺)も支持するのかね

 なんつーかね。ミャンマーとかスリランカとかタイとかの「仏法に帰依しない異教徒は人間ではない。殺しても不殺傷とは矛盾しない」とか「それが救済である」に近いアクロバティックだよね。

 まー、星野くんの二塁打の支持にもそれが窺えるけどね。
須賀原洋行@tebasakitoriri
筆者の寺脇さんは野球の知識がほとんどないのだろう。バントのサインを無視して二塁打が出たからOKなんて、戦地でじっと待機の命令が出てるのに「俺は連射に自信がある。敵を一気に全員殺せる自信がある」と飛び出して行く無謀な兵士そのもの。たまたま出た結果を優先してたら、いずれ全体が崩壊する
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/1154460037600825344


 「私は貝になりたい」でもそういうのかもね。
連合国は皇軍の精神を知らないのだろう。日本軍隊では命令は絶対。国際法で捕虜虐待は禁止されているから命令拒否なんてあってはならないこと。それを認めていたら軍隊は規律を失いいずれ戦地住民を虐待する。

とかね
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

「国民の生命、財産、人権を守るため」に人を殺していいのは、せめて漫画やアニメの話にしてくれよな。

てかさ、こいつらは何時、いかなる時に、日本国内で戦車が「国民の生命、財産、人権を守るため」に働いてるところを見たのか、教えてくれよ!

「自衛隊は暴力装置」発言で低能ネトウヨがファビョってたけど、古今東西「軍隊及び警察が暴力装置」なんて「聖闘士に同じ技が聞かない」とか、「エジソンは偉い人」と同じぐらい常識中の常識なのによ。

この手の人間から透けて見えるのは、軍隊とか警察が「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」みたいなものと勘違いしていて、「自分たちを守ってくれるもの」であり、「守ってくれるもの」だから「媚び売っておかねばいけない」という、卑しい性根。
本当は「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」の制作者たちは、これを見た子供たちが大きくなったら、「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」のように真の正義ややさしさをもって世の中に貢献するような、立派な大人になってほしいと願ってたのに。
でも実際は、まさかいい歳こいてもミラクルライトを振るしか能のない、いつまで助けてもらうことしか考えす、強いものには媚びを売り、そのためには弱者をしいたげも当然と考える情けない大人になるとは思わなかっただろうな。

本当に「命を懸ける価値も無い、それほど汚れた日本」になったよな。

No title

自動小銃と包丁を同列には語れないですよねぇ。どっちも殺傷能力があるとはいえ。

<「国民の生命、財産、人権を守るため」に人を殺していいのは、せめて漫画やアニメの話にしてくれよな。

フィクションの中でもダメですよね。フィクションだから現実に影響はないは嘘です。

No title

船の図鑑の軍艦を取り上げてるページに載ってたひゅうが型の説明文に「空母のような形をしています」って書かれてたのは同じページにニミッツ型が載ってた事もあって凄く笑えたな

ツイッターを見ると「子供が様々な考えを持つきっかけになるから兵器の掲載を外すな」という意見があります。
ならば「コイツは殺し壊しの道具だよ」という説明も載せる必要があるでしょう。
そうすると今度は兵器を貶めてるだの使わずに済ませる抑止力だの言いだすんだろう。
兵器は第一義的に殺しの道具であり、裏をめくったら血と肉片がベットリであることも示さなければ、様々な考えも抑止力もあったもんじゃないと思います。
口では国防に関心があるだの国を憂いているだの言いながら、結局は単にホビーとして軍事を消費しているだけの人も多いんじゃないですかね。

No title

新日本婦人の会のツイッターアカウントを初めて読みましたが、やはり基本のきとしてそもそも車ですらない物が入ってる点も指摘されてましたね。

それに対する擁護も滅茶苦茶。中国の戦車やら共産党の選挙カーを延々貼るしか能がなく、自衛隊が役に立つと言い張るために、絵本に載っても無い炊事関係の車両を持ってくる等。

やはり本を刷った奴も擁護する奴も頭が悪いんでしょう。

加えて公官庁の車ばかり取り上げ、車そのもののバリエーションも少ないですね。車に興味も無く、知らないから車以外のもので頁を埋めたと思われても仕方ない、ほんま志の無い代物。

No title

https://yodokikaku.net/?p=27546

どうやら「くるま」じゃない自衛隊の航空機や艦艇ものせてるらしいですね

それなら「ほとけをはこぶためにはたらくくるま」霊柩車は当然,ひいては
「にほんのみらいのためはたらくくるま」街宣車,「ちゅうとうやアフリカでもはたらくにほんのくるま」武装テクニカルが載ってないのは
おかしいですよね

ま、いつもながらミリオタとモデラーの「ボクの大好きな戦車ガー」
「軍隊ガー」以上ではないわけで。「論理じゃなくただの感情?」
16式が載ったらのったで「これは戦車ではない。『砲塔があれば戦車』と
いう子供に誤った知識を教える出版社はサヨクだ、出版中止を」と
怒り狂う連中であります。

…と言う割には『PANZER』誌とかを読んでなかったりするんですよね。
ひょっとして、幼児向け図鑑以上の本を読まないのかな

追記。
兵器は国防上大事なものだし、その圧倒的に危険なパワーは時に人を魅了する。
それでもそれが人殺しの道具であり、暗い側面を持つことはまぎれもない事実。
今回のように丸ごと誌面から削除するのは乱暴だという意見は確かに一理ある。
ただ兵器の本質がそういうものならば、そういう書籍を子供に読ませるかどうか保護者の判断も別れるでしょう。
あえて読ませる親もいれば、まだ早いと考える親もいる。中には載せないでくれという親御さんもいる。
子供の思考や感情の成長度合いには差があり、何歳くらいから教えるかも保護者により様々。厳密な線引きは出来なくて、そのあたり性教育と似ている。
今回ツイッターに散見される兵器好き諸氏の発言は、絵本に載せるなという人間に対して短絡的だの物知らずだのと切り捨てている。
兵器の危険な本質を考えれば、中には子供にはまだ見せたくないという人間が出てくることも、その心情も理解出来るはず。
そのあたりの謙虚さや想像力が丸っきり欠けている。
大好きな兵器にケチをつけられたという発想しか持てないのだろうか。それこそ短絡的で傲慢ですよ。


No title

だいたいにして幼児向けの絵本にしちゃやり口が粗雑なんですよね。
真偽はさておき、資料を下さったお役所に忖度した結果なんじゃないの?という指摘も散見されますが、
昨今の状況では勘ぐりと捨て置けないのが辛いところです。
https://twitter.com/hayakawa2600/status/1154593122598305793
https://twitter.com/hayakawa2600/status/1154593958896390145
https://twitter.com/dentetsu_363738/status/1154389802843684864

あと本件、明らかに問題なしと言えない表現が問題になり、
表現側があっさり引っ込め、
それで廊下鳶みたいな連中が群がって騒ぎ立てる点、
いわゆる「表現の自由」案件を連想させるものだよな……とも思いました。
雑な表現ってのは受け手の側に無用の労力を強いるものなんですけどね。
そのへんこちらに書いてみましたのでご笑覧ください。
https://note.mu/segawashin/n/nd89abf298203

Re: No title

たぶん役所から資料すらもらってないと思いますよ、面倒だから
担当1人が有償無償の写真データベースから拾ってきて並べただけ
絵コンテもなし、表紙1日、あとは3日で作って最終日に御脱字チェックで1週間仕事じゃないですかね

まー、ホントにはたらく車で車名と用途を追っかけるの編プロには難しいでしょう
モータグレーダ、キャリッジスクレバー、マカダムローダ、圧送ポンプ、ショベルローダ、スノーマスターとか
どれがどれだか、ホントにその名前か、本当に何に使うかはわからない
でも自衛隊車両なら基本的に制式化された車種と用途が明示されているから簡単に書けるわけですよ

なにより写真図鑑って安直に過ぎる。
本来はそこには網羅性とか分類の妙があってその特徴を最も示す絵図があってしかるべきで
車なら断面図とかエンジンとかも書くものでしょうね

かこさとしの絵本は幼児向けでしたけどそこらへんは手を抜かず全力で丁寧にやった
でも写真絵本はまあどうしようもないですね

> だいたいにして幼児向けの絵本にしちゃやり口が粗雑なんですよね。
> 真偽はさておき、資料を下さったお役所に忖度した結果なんじゃないの?という指摘も散見されますが、
> 昨今の状況では勘ぐりと捨て置けないのが辛いところです。
> https://twitter.com/hayakawa2600/status/1154593122598305793
> https://twitter.com/hayakawa2600/status/1154593958896390145
> https://twitter.com/dentetsu_363738/status/1154389802843684864
>
> あと本件、明らかに問題なしと言えない表現が問題になり、
> 表現側があっさり引っ込め、
> それで廊下鳶みたいな連中が群がって騒ぎ立てる点、
> いわゆる「表現の自由」案件を連想させるものだよな……とも思いました。
> 雑な表現ってのは受け手の側に無用の労力を強いるものなんですけどね。
> そのへんこちらに書いてみましたのでご笑覧ください。
> https://note.mu/segawashin/n/nd89abf298203

オタクにインターネットって、けっきょく気違いに刃物だったんでしょうか。
ネットには頭を抱えるような意見が溢れかえっていて、最近では読むのも辛い。

Re: タイトルなし

というか同じことしかいわないのがねー
異口同音とはことのとで、誰かが言ってることを口真似しているだけだから

しかも、なんかこう80年代のリアリズムみたいな「平和を愛好するためには戦争を知る」みたいな手垢で
そういっている連中のいう安全保障ってただのスペック羅列とか政府発表の丸暗記だから

> オタクにインターネットって、けっきょく気違いに刃物だったんでしょうか。
> ネットには頭を抱えるような意見が溢れかえっていて、最近では読むのも辛い。

No title

画像を見ましたが表紙に載っている高機動車、何だか見覚えのあるアングルなんですよねorz。やはりと言うか色々な所から、かき集めてきたのですかね。


>海自艦 無人ヘリ搭載へ

http://mobile.twitter.com/syousei_1/status/1155210758323445760

予算の関係もあるのでしょうけど、20機揃えるのに10年も掛かるのって、どうなのでしょうね...