FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.03
15
CM:7
TB:0
20:01
Category : 未分類
 決心が遅い組織には共通する性格がある。それは内心の決心を正当化する理由を探すといったものだ。あるいは決心理由を外部化できる根拠を探すといいかえてもよい。

 コミケ準備会も同じだ。組織のプレイヤーもアクターもでは中止すべきである、あるいは他動的に中止になると内心考えている。だが、組織内外への説明や判断理由の提示を恐れている。だから「中止するかもしれない」としか言えない。

 それが今回の発表である。「コミックマーケット98の開催見通しについて」https://www.comiket.co.jp/info-a/C98/C98Covid19Notice1.html

 だから、実施する可能性はないとみてよい。そもそも情勢からすれば二月下旬には中止が妥当となっている。また中止を覆すような安全確保策もない。

 あとは理由が空から落ちてくるのを待っているだけである。幹部が準備会内部に対して、準備会が参加者や関連企業に対して「外部要件でできなくなった。衛生対策や社会情勢から中止判断を強いられた」と説明できる理由である。これは自らの責任で理由を立てて説明することを回避したいという心持ちの表れである。

 組織に方向と路線を確固と示せるリーダがいないとこうなるということだ。オーナー経営者に似た米沢さんがなくなったあとはトロイカ体制である。だれが一人が専従で判断を行う体制にはなっていないということだ。


■ コンテクスト読めない人向けの工夫がいるよね

 結果が文面だけを読むと「実施するよう努力する」となる発表である。

 もちろん、社会的コンテクストが読めればその含意はわかる。「日本型組織なんで決心表明はできないけど中止発表できる時期を待っているよ」が本来読み取るべきメッセージだからだ。

 だが世間にはそれが見えない人もいる。例えば次の反応はそれである。(趣旨上、名は伏せる)

準備会が可能な限り開催の方向で動くっつってんだから、こっちはそれに任せて本作るしかねえんだよ
中止だと思うなら黙ってお前だけリタイヤしとけ

準備会の人たちが開催に向けて努力しているのだから、なんとしても本を間に合わせるのだ( ・`ω・´)

中止か開催か、現段階で言えないのは
準備会が現在進行形で中止要請に負けずに戦ってくれているから…
サークルの皆々様は気が気ではないでしょうけども
戦っている準備会を応援して頂きたく候!!!


 本来なら、こうした人達にもわかるようなシグナルを出すべきなのだがね。公式発表前に「準備会は中止の方向に傾いている」といったニュースとして出させるような工夫である。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

下記の事態が現実になることを希求しないとは予め断っておきますが、準備会スタッフに感染者が出たとかだと割と使える理由になるのではなかろうか、と思ったりしてしまいますね。

No title

やっても行きませんな。4月に気温上昇して布団干しみたく完全死滅しない限りは。

やる大義も主催者の暴走もないので、見本市の時みたいに対策も考えてあげません。

※気温耐性ある方向に変位しなければ、減るとは思ってますが、所詮素人判断です。

No title

新刊は作成しておられるのですか?
参加しないとなると委託のみでしょうか

Re: No title

開催すれば新刊は作ると思うし、その際にはどんなものかと出店すると思う。
対策は糸釣った五円玉を見ながら「太っているから病気抵抗力は高い」と自己催眠かけるくらいかな。

> 新刊は作成しておられるのですか?
> 参加しないとなると委託のみでしょうか

No title

米国は朝鮮戦争時に役所を平時の割り振りのまま戦時動員する国防生産法の発動を決めたようですね。

ここ1週間程の急展開、トランプ政権中枢以外はもっと前から下準備を進めていたのでしょうが、冷戦時代に話題となっていた限定通常戦や核戦争ばかりでなく、BC兵器テロやパンデミック用の計画も準備していたのかも知れません。

幾らアングロサクソンとは言え、手際が良すぎです。

同じことは中韓台それから露英仏にも言えます。どこもあまりにも手際が良い。恐らく準戦時体制に移行する動員システムがあり、パンデミック用に応用したり、そのパターンの計画があるのでしょうね。

日本でそれを担うべく立法しておいたのが新型インフル特措法だったのでしょう(恐らく立法前の調査で各国の動員システムに触れてる)。しかし、現状は御覧の通り。

今は物資の備蓄、傾斜生産を可能にする法制は粗方無くなっているので、例えば人工呼吸器の大量生産は企業で余程頑張るところが出ない限り、まず無理でしょう。

???「審議が尽くされていない!!!!」

とうとう中止が発表されたみたいです