FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.09
30
CM:6
TB:0
21:42
Category : 未分類
 「無症状の市民に幅広くPCR検査をやるのがマズいわけ」なのだけれども。

 まずは相当に無理をしている。


■ 別にPCR検査をやっても損はない

 一つはPCR検査が有害と無効のスリ変えである。記事は「PCRの増強はコロナ対策として有害である」と主張している。その理由として「コロナ対策として効果がない」を挙げている。

 主張は「なぜ無症状者に幅広くPCR検査をすべきではないのか」である。

 それに対して「毎週、人口から無作為に選んだ5%の人に検査を行」っても「感染したであろう人のうち、2%程度しか減らせないという結果になった」を根拠に挙げている。

 まずはこれはオカシイ。なぜならPCR検査には僅かにしても効果がある。またマイナスにははたらかないことを示しているためだ。

 まずは有害とは言えてないのである。


■ PCR検査機が増えれば何の問題もない

 もう一つはPCRを希少資源としていることだ。

 記事では有害論の根拠として「検査を大規模に実施するとPCRの資源が足りなくなる」との理由を挙げている。

「検査は適正に使うことが大事です。限られた資源ですから必要な人が迅速に、確実に検査できるようにしなければいけません。無症状の人に繰り返し検査を行って見つけていこうという場合には頻度を上げる必要がありますが、それにも限界があります」


 だが、PCR資源に余裕があればどうなるだろうか?

 実際にソフトバンクの孫さんは新機材で検査をしようとしている。使う機材は従来検査資源に上乗せされる形である。

 この場合、PCR検査の能力は逼迫しない。

 だが記事はそれを責めている。その点でも無理がある。


■ 無差別で10%を検査したら感染数は半分になったりして

 その上で付け加えれるならば「検査数が10%になったらどうなる」がないあたりである。

 5%を無差別検査しても感染は2%しか減らないという。

 それが10%になったらどうなるのかね?

 案外、感染は半分になったりするのではないかと思っている。

 想定反論は「人口の1割やるなんて無理」だろう。

 だが、人口稠密な場所でアクティブに活動している人に無差別検査するとかならどうか。

 日本全人口のうち働いているのを仮に1/2、都市部に居るのがさらに半分の25%、で、そのうち東京大阪の満員電車に乗っているのがさらに半分で13%、仮に1000万人とする。その連中を毎週検査すれば日本人口比8%となる。二週1回でも4%だ。

 そうなりゃコロナは激減するのではないか。掴みで考えればそんなものだ。


■ いまさらPCR検査有害論を信じるやつもね

 もっと不思議なのはこの手のPCR検査有害論を信じている連中だけどね。

 うまく行かないかもしれない。でもやって損はない。

 また検査を受けたい人も一杯いる。それに健康保険に負担を掛けずに安価なPCR検査を提供する。それは健全な商売である。また悪いことではない。

 それに対して「有害」文句を言っているあたりはねえ。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

PCRで感染者隔離されて減るとワクチン商売に支障するからと専ら言われてますね。

生産力に上限がありと言われても、世界150位なら0点のび太な訳で伸び代は幾らでもあるでしょう。金メダル欲しい訳じゃないんで。

No title

検査を増やさずとも日本はどういうわけかしのげたみたいなことにもなれば、その成功体験が後々の大失態につながりそうな予感も

国の為ならPCR検査を貶す医クラ連中は、
昔ならチッソやミドリ十字を擁護してたでしょう。
名門大学を出ていたり医学博士であったてしても、科学より権力に迎合することを選んだカスどもです。

No title

>《独自》無人機が次期戦闘機と編隊 防衛省が開発本格化

http://www.sankei.com/smp/politics/news/201003/plt2010030017-s1.html

どうやら、本気で開発を目指すようですね。

No title

 PCR検査が希少な資源か?と言えば、国内で最高性能全自動PCR検査機を生産しOEMで輸出、SARS-Cov2用検査キットも国内で大量生産して世界に輸出ですからねえ。既存のPCR能力だって、東大力のごく一部に過ぎない(東大医学部+先端研)だけで1日5万、京大の山中研だけで1日10万ですから、文科省傘下の大学と研究所、農水省傘下の研究所、警察や自衛隊、食品会社等の能力を併せれば1日に数百万件は可能でしょう。武漢の全員検査のようにプーリングを使えば千万単位さえ可能です。特に緊急事態宣言中は、機械と場所と自粛で浮いているが人件費を払い続けている人たちが膨大にいたのですから、実費(慈恵医大によると800円前後)だけで膨大検査が出来ました。下働きは政府自民党の大好きな10万人近い公安や機動隊、自衛隊にやってもらえばこちらも追加経費はほとんどかからないし。
 陽性者の隔離にしてもやる気の問題に過ぎません。極論すれば、十数%は空き家ですし、空きビルやスカスカの宿泊施設、季節営業のスキー宿など沢山ありますし。強制休校もやったのですから、学校だって使えないこともないしね。お金もGDPが百数十兆円飛んで3/4に減ることに比べれば経費なんて誤差レベルでしょう。実際ここに金と精力をつぎ込んだ国はGDPへのダメージを抑え込んだわけで。本朝にこの件でお上に反対する向きはほぼいないでしょうが、米国のトランプ支持者の群れのように問題になるレベルなら災害も含めた有事法制(徴発、接収、徴用が可能に)を強引に発動する手もないわけじゃない。
 結局(1)平民の健康、安全に無関心なのでそこに金を使うと死んでしまう(2)路線変更は失敗を認めるのと同じだから、死んでも嫌(3)コロナ禍を制圧ではなく利用し、ショックドクトリン(惨事利用型資本主義)で無茶を押し込み私腹を肥やしたい、くらいが連中の思いなのでしょう。日帝は今日も生きているというお話。

検査機も余ってますよ。
まあ余ってるは言い過ぎにしても、民間医療検査会社勤めの友人に言わせれば、わが社には余裕があるし、業界としても余裕があると思うの由、3月くらいから数ヵ月ごとに聞いても答え変わらないですもの。
聞くたびに苦笑いしてましたけどね、彼は。
特に緊急事態以降は。
コロナ絡みの案件が特に増えてるわけでもないんだよねぇって。