FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.10
07
CM:6
TB:0
10:45
Category : 未分類
 アレの交代でスガが宰相となったのだけれども。何をしたいのかが全然見えない。

 学術会議の件も手を突っ込んで何をしたいのかが見えない。見えるのは左派っぺえから嫌いだけだ。そしてそれをなんで決心したのかも全くわからない。やったところで何の得もない。損があるだけの話である。

 何とはなしに窺えるのは本能的な自己増殖の欲求だけ。自分の政治勢力を涵養し敵対する政治勢力を破壊したいくらいなもの。今回の件も後者の役に立つ程度の発想でやったとしか思えない。「ホントなら保安条例とか社会主義者鎮圧法とか欲しいよね」くらいの無思慮な感覚で決めたようにしか見えないものだ。

 まあ何にもないようにしかみえない。今持っている権力を保持することだけが目的である。それを使って何かをしたいといった発想は見えない。出てくるのもどうでもよいデジタル庁の類である。

 まずは鈴木善幸未満かねえ。鈴木はピンチヒッターであり大目標、政策があったかは怪しいが施策の方向性や方針といった軸は持っていた。それすらないのがスガじゃないかね。





 そいえば青森の県漁連には鈴木善幸の書があった。南部影響圏だけじゃなくて津軽方面にも影響力はあったようではある。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

マスコミ宣伝の賜物とはいえ、スガを「令和おじさん」「パンケーキおじさん」などと呼んで
親近感を覚えることのできる人たちの感覚が理解できない。

自分からすれば、安倍内閣官房長官時代から現在まで彼のイメージはずっと「死神博士」。

No title

尚、ブログ主さんと犬猿の仲の某軍事ライターさんは、問題の本質を差し置いて学術会議の粗探しにいそしんでいる模様。
先のマスクの件といい、政権擁護に与しないブログ主さんのスタンスがむしろ奇異に思えてきます。

No title

じゃ小磯あたり?

Re: No title

小磯は問題意識はあって最初から内鮮一致とか言ってましたしその後も繆斌工作とか比島決戦とかに着手しましたからねえ
それすらないのがスガという

簾禿晒すぐらいならスキンヘッドに屈する方がマシ

行政の長たる総理大臣が今回の件について理由すら説明できないとは失望した、国会答弁の「総理大臣に任命権があるから拒否した」では何の理由にもなっていない、「警察だからお前を逮捕できる、裁判所だからお前を懲役にできる、でも理由は言えない」がまかり通る社会がどれほど恐ろしいか”親近感を覚えることのできる人たち”は考えられないのか。

腹痛野郎も簾禿にしても何ですぐバレる悪事ばかりやるんだろうね、すぐバレる悪人は三流の悪人だと思うが、マスコミを含む国民が甘やかすから三流の悪人が社会を牛耳る。

毒食らわば皿まで

お邪魔します。
 菅総理は「安倍がやった事他の問題点が明らかになった時にそれを引っ被らせる」ために総理にされたのではないかと思っています。派閥の領袖とかではないので、潰れても一蓮托生になる人はそれ程多くないでしょうから。ほぼ確定と思われるのは「来年のオリンピック・パラリンピックの"敗戦処理"」でしょう。菅総理も「党内で上手く立ち回った」結果であったとしても、政権中枢部に長くいた以上責任は逃れようがないので、「毒食らわば皿まで」の心境なのではないかと。
 学術会議の件も総理本人というよりも党内の「これ以上左翼どもをのさばらせるな」という声に応えただけなのではないかと思ったりもします。