fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.09
01
CM:3
TB:0
23:57
Category : 未分類
 Japan in_depthで「空自からも見限られたASM-3」を書きました。https://japan-indepth.jp/?p=61544です

 先月頭のF-15改修問題で「LRASMの代わりに12式改良型を積むよ」とあって、「そこにASM-3が無い」ことを見つけて書いた記事です。納品したあとで先月末の防衛省の概算要求が出たのですけど「ASM-3」の語はどこにも出ていないあたりでもそうだというわけです。

 まあ、今でも超音速対艦ミサイルに夢持っている連中ってどんなもんだろうなあと。

 自称軍クラの類だからASM-3のスペックとかメカニズムとかに目が眩んでいるのだろう。まあ亜音速で超低空、ステルス、終末高機動のほうが有利というのを理解できないのは体のどこかが悪いから仕方ないとしよう。

 でもねえ、ここ3年の防衛省の扱いといった周辺状況見てればASM-3に先がないのはわかりそうなもんだけどね。技術とか戦術とかわからなくともその雰囲気になっている。とはいえ自称軍クラだから盆暗なのも仕方はないか。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

リンクに飛んで記事を表示した所、セキュリティソフトが作動しマルウェアが検出されるようです。対応の程よろしくおねがいします。

2008年ごろに書かれたやる夫アスキーアート作品ですけど、当時、開発中止になると思われてたASM-3を超音速で突っ込む貫通力の高さからレーダーサイト潰しに使えるに違いないと空想してるのが、なんとも言えない気分にさせてくれますね
(週刊オブイェクトとかでもてはやされた無人機実験機TACOMも国産巡航ミサイルの雛形になるはずだと空想されてましたし)

https://hobby2chlog.blogspot.com/2009/02/blog-post_9478.html?m=1

マネタイズに繋がりませんかね?

ふとエゴサったら中時新聞網に載ってますね。
https://www.chinatimes.com/amp/realtimenews/20210906000025-260417
そろそろ仕事回せw