fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.09
28
CM:1
TB:0
02:56
Category : 未分類
 今日も働いた。溜まった資料をファミレスで読んだ。軽食と飲み放題で五時間粘った

 そこで鄭会欣さんの「従議価、平価到限価」*1 を読んだのだがね。抗日戦争中の悪性インフレで蒋介石さんは「ついに物々交換制度を使うしか」まで追い込まれているのを紹介している。


■ インフレ1000倍

 全面抗戦からの八年間で中国では約1000倍、正確には933倍、9万3328%のインフレが発生した。

 原因は物資不足である。工業製品を生み出す沿岸先進地帯を日本に占領された。海上封鎖を受けた。日本に交通網を破壊された。後方には日本占領区から脱出した多数の民衆が殺到した。食料も不足した。そして最後には太平洋戦争勃発でビルマルートも停止してしまった。

 その上で買い占め発生した。インフレ状況下では物資を手元においたほうが有利である。貨幣でもっていても仕方がない。そう判断した結果だ。地方実力者が率先してそのような振る舞いをした。

 記事はこの状況での国民党政府の対応である。それが価格協議、平価設定、限価設定と変化したといった内容だ。

 ただ、物資不足が改善しなければ何をしても無駄である。だから1000倍にも至ったのである。


■ 貨幣やめようか(蒋介石)

 その諸対策のなかでも一番スゲー内容が蔣介石の「貨幣やめようか」である。

 これは中期の1942年の公文書の中に出てくる。貨幣を使わずに物々交換で凌ぐのはどうか。一つそれを検討してくれと蔣介石は経済部物資局長に命じた。計画の特質や1-2箇所で試行する場合のやり方を報告しろといったものだ。

 そして出てきた報告は「どうにかなる」と結論づけている。蔣介石が言い出したことだから「馬鹿なこと言うな」とは言えなかったのだろう。

 具体的な内容は次のとおり。これは経済部長の報告を記事中で引用したもの。*2
為謀公教人員、軍警等生活之安定、似可単独実行実物分配、以減軽其所受物価上漲之圧迫。至関於市場生活必需品価格乃至物価之穏定。治本之図、似在於疏導饗応及謀法幣与物資数量之平衡、而不在遽行停止貨幣媒介之効用

[DEEPLでの翻訳、未調整]公務員、軍人、警察官の生活の安定のために、彼らへの価格上昇の圧力を軽減するために、商品の物理的な流通を別個に実施することは可能です。 市場での生活必需品の価格、さらには商品の価格の安定化については この問題を解決するには、貨幣と財のバランスをとることであり、貨幣の使用を中止することではない。

ちなみにDEEPLの最後の「貨幣の使用を中止することではない」は話に聞く機械翻訳側のゴマカシだ。辻褄が合わない内容をそれっぽくしようとしている。「貨幣の使用」ではなく「貨幣の流通媒介機能を止めることではない」あたりである。

 ただ、蔣介石も正気に戻る。貨幣廃止までは言っていない。仮に物々交換にするとどうなるかを聞いてみただけだよと答えたという。

此所拟欠点是膠柱鼓琴之道、哪有貨幣完全停用之理? 我所説的是以物物交換為標準的一種試辨、而非[停用]法幣之意也。
[]は鄭会欣による。

[DEEPLでの翻訳、未調整]ここで問題になっているのは、ガムシャラなやり方であって、お金を完全に無効にすることではない。 私が言いたいのは、物々交換のテストであって、不換紙幣の廃止ではありません。


 まずはそれだけ追い詰めたということだ。

 ただ、同時にそこまで追い込まれても抗戦はやめていない。

 仮に更に状況が悪化しても抗日戦はやめなかっただろう。貨幣の価値が完全になくなったとしてもその際には公定交換比提示による物々交換にする。それにより社会生活は不便となっても侵略者である日本軍と戦っただろう。


*1 鄭会欣「従議価、平価到限価」『史林』2021年3期(史林雑誌社,2021年6月)pp.74-92.
*2 「何浩若呈拟米塩布棉及燃料試行物々交易制度之特質(1942年9月19日)」『翁文源与抗戦争档案史料匯編 下冊』pp.655-658. 当然ながら孫引きである。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

ようやく、ここまで来ましたね。

>護衛艦「いずも」へのFー35B発着艦検証作業について

https://www.mod.go.jp/j/press/news/2021/09/30a.pdf

>海自、いずもで垂直離着陸試験へ 甲板改修を完了、10月上旬に

https://nordot.app/816254482974228480

今の時期なら天候が比較的、安定しているんですかね。