fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2022.05
30
CM:0
TB:0
03:56
Category : 未分類
 午前3時半にゴミ捨てに行ってきたのだがすでに薄明となっている。その中でも東の方に明るい星が2つあり、よく見ると高い方の下に別の暗い星がある。両者の差は乱視で二重に見える程度の距離でしかない。

 「明るい方は金星と火星、高度が高いほうが太陽から遠い火星だろう」と思ったのだがねえ。暗い星が木星か土星かは判断できない。

 家でググると天文台の「今日のほしぞら」に行き当たった。みると木星とのこと。https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi
 画像は今日の星空、さいたま、2022年5月30日0300

 別の『アストロアーツ』では「2022年5月下旬 火星と木星が大接近」の記事があり視野角で1度以内とのことだ。 https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/12318_ph220530

 で、落ち着いて考えると推測した「明るい方は金星と火星、高度が高いほうが太陽から遠い火星だろう」は正しくないことにも気づいたよ。金星が見かけ上、最も太陽から離れた位置にあるとき、その奥のほうで火星が太陽に見かけ上接近する場合もあるだろう。その際は火星は太陽と金星の間に入り込む形となるからだ。

 あと、この記事を書いたあとの3字55分くらいに外を見ると明るくてモウ見えない。夏至が近いのと関東は標準時刻の135度から5度、時間では20分間ほど東にあるからねえ。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント