fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2022.10
29
CM:2
TB:0
16:35
Category : 未分類
 FFMの記事を書かなければならないけどまともな先行記事がない、今週発売の『世界の艦船』しかない。だから3時起きで木更津の一般公開に行ってきた。ホントは前日夜の8時には寝たかったけど中国TVメディアの電話取材を受けたので夜10時就寝。

 行きは16号をただひたすら。うちの目の前というか一回曲がると16号なんで、そこから3時間半は一切左右に曲がらず木更津新港までついて、そこから23回曲がって駐車場待ちの最後尾についた。

 「もがみ」と「くまの」に割り振られる形で「くまの」を見学した。

 まだ秘密の保持が図られている印象で後甲板から左右舷の、ステルスカバー内の通路を経由して前部甲板に揚がって戻る経路になっている。艦橋とか機関操縦室の公開はなし、公開部も写真撮影は限定されていた。

 ついにサウンドパワーはなし、速力標識もなしとなっていた。あとはバカの振りして失礼なことまでを聞いたら結構教えてくれた。それはその記事で書くつもり。

 11時には帰りは大島田と呼塚を避けたいので東京湾を左手でなぞって新木場まで、そっからいつもの道で帰ってきたけど、5時間近くかかった。中途、「かつや」で飯食って聞いた内容を浄書した時間を除くと4時間半かね。途中に漁協あったら干物でも買おうと思ったけどなかった。

 合計8時間運転、まあ、高速乗っても行きで1時間チョイ、帰りで1時間半チョイと短くなるだけ、それに往復7000円とかかけてもねえ。2時間半で7000円もらえるバイトはないもんだしね。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

次はいよいよテレビ出演ですね。

電話取材の次はスタジオ生出演か中継で、お茶の間デビューですね。

それも中国中央電視台だと面白いのですが。

最上見学しました

私も福生付近に住んでいた時は16号或いは新青梅街道を真夜中の車通りが少ない時間で延々と下道を走って木更津の航空祭まで行ったものです。
基本的に高速道路って何故か苦手なんですよ。
特に首都高...。
それはともかく、

先日フリートウイークで東京国際船ターミナルでの最上、熊野の両艦の見学で見てきました。
事前にシンガポールやタイ海軍のステルス艦の内部を見学しておけば良かったですね。
そうすれば違いを比較できたのですが。

それにしても艦橋下の格納式タラップから上がりましたがそこから前部甲板に出るまでが撮禁、後部へ行くまでの艦内と格納庫内が撮禁。どこに秘密があるのやら?素人には分からなかったですね。ただ薄暗いので足元が見えづらいのと頭上空間があまりないので背が日本人平均の自分でも猫背で歩く羽目に。
魚雷発射管があったり給油口があったり掃海具があったりそんな感じでしたが。
色々興味深い話を向こうから勝手にどんどん話してくれるので助かりました(汗)。
出口付近にあった灰色のカバーの掛かった謎の物がレーダー反射板だと教えてくれました。前と後ろに合計4個?。無いと船舶レーダーに映らないから危ないとか。
ヘリの着陸する甲板が前方に向かってかなり斜面になっているとか。後部のハッチから掃海具などを出すので後ろが高くなっているからとか言っていましたがどうなんでしょう?
私はヘリが着陸しにくいのでは?とちょっと心配しましたが。
とにかく今までの海自の艦船とは色々違っていて興味深かったですね。
船員の方にもこの船をどのように運用するのか聞きましたが嘘か本当かよくわからないと言われました。これから訓練しながら色々やっていくとか。ホンマかいな?
アスロックのようなミサイルは欲しいっていってましたね。SeaRAMだけじゃなくて。

あと東京国際船ターミナルの4階からだと多少見下ろすように見えるのでミサイルのキャニスターがあるべき場所が空っぽに見えました。下からだと艦橋の上の色々なものがあまり見えないのですが上からならよく見えました。