fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2023.06
09
CM:3
TB:0
00:36
Category : 未分類
 果たしてオタに厳しい専門家は悪い専門家なのだろうか。優しい専門家は良い専門家なのだろうか。

長門@F2viperkai
ミリ界隈で評価が高い専門家はオタをバカにする態度はとらず、自身のオタクぶりをネタにしたりしているのに対し、ミリオタを小バカにする専門家は大体ヤベー感じがする...
https://twitter.com/Viperzerokai/status/1666300047661891584


 ホンモノの専門家はミリオタ相手の商売はしていない。だからトンチンカンなミリオタ連を冷やかな眼で見ている。交通政策の専門家や鉄道事業者は鉄道マニアを冷やかな眼で見るのと同じことである。迷惑なカメラ小僧としか見ていない。

 ただ、オタを商売相手にする専門家もいる。当然だがオタには優しい。メシのタネだからだ。誰が撮っても金太郎飴の戦闘機やらの写真も一応は評価してやる。褒めるだけならタダだからだ。鉄道趣味誌のライターあたりも同じだろう。鉄道大好きなドデスカデンの皆さんを飯の種にしている。だから優しくなるというものである

 そしてオタからみれば後者の評価は高くなる。十把一絡なんの取り柄もないオタであるにも関わらず評価してくれるからだ。

 ただ、その評価を真に受けるのはナンだ。小学生が野球でヒットを打って「野球が上手だね」と褒められていい気になること本質的な差はない。下手くその段階だからヒット一つで褒められている。同じ大人はプロ野球の選手には決して「野球が上手だね」とは言わない。

 それを「オタをバカにする態度はとら」ない専門家として評価し支持するのも「どんなものか」とは思うものだ。オタ側は大事に扱ってもらっていると夢見心持だろうが、単にリップサービスにウツツを抜かしているような状態だからである。

 逆に、手厳しいことを言われたくらいで専門家としての低く見るのも不思議なものだ。そもそも本来の専門家の仕事はオタを相手にすることではない。幇間でもないのに相手をヨイショする必要はそもそもない。そのような専門家に感じ悪いと文句をつけても詮もないことである。面と向かって言っても「あたしは芸人じゃござんせんよ」と言われるのがオチである。

 オタ相手の商売をする専門家に馴致された結果なのだろう。元々は専門家はオタを相手にしない。オタが勝手に専門家を批評をするだけである。それがオタ商売の専門家のせいで「専門家はオタにサービスをするのが仕事である」と勘違いしているのだろう。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

そもそも目的が違いますからね。

ミリオタにやさしいライターさんは本当の事を知っていてもヲタが喜ぶことしか書きませんからね。そうしないとヲタ本が売れないし懐にお金も入って来ないですからね。
言うとしてもかなりマイルドな表現にするとか。
それと自衛隊に忖度した内容にしないと自衛隊から出入り禁止や困った奴扱いされると取材もしにくくなるし心臓を寸鉄で刺すような事は書けないでしょう。
新聞などで大々的に広まった場合は別でしょうが、率先して言うことは無いかと。

軍事としての専門家なら自衛隊の都合の悪いことも忖度せずどんどん寸鉄を突き刺すような事も厭わない位でないと。そして他国の軍事情報を元にアドバイスできる位でないと厳しいのかな。そんな風に思っています。

Re: そもそも目的が違いますからね。

 政府防衛省発表、メーカー発表以上のことは調べませんからねえ。
 あとはそれが正しい前提で解釈するだけ。
 聖書に「神は一週間で宇宙を作った」と書いてあれば、一週間でどうやって作ったかの解釈を書くだけ。ホントにそうなのかは考えない。
 政府防衛省が「太陽が動く」ようなことを言っても唯唯諾諾と従う。現実社会の問題をそれに合わせた記事を書く。太陽と惑星の軌道の問題を周転円で説明するように、如何に台湾有事が近いのかを書く。酷いのになると「まずは爆撃してから上陸戦をして台湾を占領する」「もしかしたら海上封鎖と戦略爆撃で干殺しにするかもしれない」みたいな、何も言ってないのと全然変わらないようなことを言い出すわけです。

No title

 侵略してきた敵軍が沿岸都市部を占領する前に山岳地帯にわざわざきてくれて戦うシナリオで戦争ごっこをしたり、侵略してきた敵軍が待ち構える離島に着陸性能に難の有るオスプレイで特攻をかけたり、ちょっとした波でも沈没する鈍足のAAV7で敵軍が待ち構える離島に辿り着けるとかの謎の信仰を持つカルト宗教ですな。