RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
06
CM:0
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 回覧板なんかをまわず板バサミ。紙板にクリップを取り付けたクリップボード。アレ、裏に返却元が書いてあるのだけれども、律儀に返却されることはほとんどない。

 同一部隊内は、混交があたりまえ。基地内でも混ざる。命令系統全く別の部隊の板バサミが混じっている。横須賀総監部なら、当直でオペ室に詰めると試験艦の板ハサミがあったりする。近隣地区で命令系統も異なる「誘訓隊」(船越地区にある)とか書いてある板バサミがあったり。あるいは、命令系統は同じだけど、はるか館山にある「しらせ飛行科」とかあって、誰も気にしないで使っている。

 これが航空部隊になると、全国的に混交する。P-3CやUS-1は旅客機みたいなものだから。航空機用のバインダーだけではなく、板バサミも日常的に乗っかってくる。航空部隊や航空基地内にある機関なんかだと、鹿屋(だったと思う)のASWOCとか、2整補の武器(光学ショップだったか?)とか、裏に書いてある板バサミが流通している。

 83空と書いてあるものがあって「岩国かねえ」と話をしていると「8番台は81空で終わり、空自だろうな」という。調べてみると那覇の空自83空。海空で一緒の那覇で混ざって、それがここまで来たのだろうと。

 板ハサミの裏書きにはあまり意味はないね。なんせ「行ったまま帰ってこない」「足りなくなった」といって総務に行くと「適当に持っていけ」と顎で示される。それで済んでしまう。「持ってたら返せ」と電話やメールが来るのって、3年に1回もない。天下の廻りものなんだろう。

 小出庫(基地内にある、消耗品が補充できるコンビニみたいなもの)から持ってきたばかりの板バサミに部署名を書いたり、ボールペン透明な軸に返却元の紙を入れたりするのは、無駄なあがきだなと思う。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント