RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.06
27
CM:0
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 ゴルフ場や射撃場の提供は、国民感情にそぐわないねえ。

 駐留軍提供施設、まあ米軍基地のことだが、航空基地にはゴルフ場まで存在しているのはご承知の通り。ゴルフ場は北から三沢、横田、厚木、岩国、嘉手納にある。

 まあ、土地が余っているところなら、まだいい。三沢とか、土地が余っているところで、弾庫の保安用地を兼ねてなら、まだ判る。

 しかし、土地が貴重なところで、ゴルフ場を作ることは理解できない。厚木や嘉手納のような都市化が進んだところで、米軍がゴルフ場を維持している。これは、日本人には面白くない。貴重な国有地を粗放的に、しかも娯楽に使う。維持費も日本側が負担している。米軍に基地を提供することへの賛否、騒音問題への温度は色々ある。しかし、基地に賛成する立場であっても、ゴルフ場まで提供しても良いとは思わない。

 厚木には娯楽用の射撃場まである。飛行場地区内にも関わらず、散弾をつかうスキート射撃場がある。ターニングしているP-3Cがいる、その方向にパカスカ撃っている。散弾はそれほど飛ばないため、安全には問題ないのだろうが、日本であれば航空保安上文句を言われる距離にある。人家や道路にも近い。民間射場とは違い、苦情を受け付けないので、何かの拍子で軽い事故でも起きれば、また基地問題に障ることになる。


大きな地図で見る

 人口密集地にゴルフ場やら射撃場を作るのは、日本の国民感情を害する。ゴルフ場を提供し、その維持も行う点は、30年前から問題にされている。問題が燃え上がる前に、処分させたほうがいいのではないかね。

 まあ、米軍は権利維持に汲々するので、すぐに解決する問題ではない。旧施設庁施設部あたりが何を言っても聞かない。シビルの米軍民生部長は、この手の米軍側権利、まあ権益を守ることが職務なので、絶対にウンとは言わない。その手の話をすると、本当に顔を真っ赤にして反論してくる。米軍指揮官も、権利上の譲歩をすると負け犬扱いされる。官対官ではどうしようもない。

 使っていない通信敷地と同じように、政治で要求するしかないのだろうねえ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント