RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.06
29
CM:0
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 気仙沼にある興福寺からは、鐘が出征している。戦争中、金属資源回収で興福寺梵鐘は供出され、戦後も戻ることはなかった。
 その梵鐘が、ボツワナで発見された。平成5年の夏に、東京国立博物館に梵鐘のレファレンスが来る。『ボツワナのカトリック教会に梵鐘が吊るされているが、どういう素性のものか』という内容。
 銘から、寛政元年に鋳られた興福寺の梵鐘と判明。鐘は、平成6年に半世紀ぶりに帰国したという。
 これは、積読いた『国立博物館ニュース縮刷版』平成6年12月号にあった『梵鐘ボツワナより帰国す』で見つけた話。
 梵鐘は、結局は資源化されずに終戦を迎えた。その後、イギリスに持ち去られたものらしい
 梵鐘は1976年まで、北アイルランドの修道院にあり、その後に鐘がないボツワナの教会に引き取られたとのこと。
 ボツワナに梵鐘があることを見つけたイギリス生まれのライターにより、東博に問い合わせがなされたというもの。
 その梵鐘は、関係者の円満な合意によって気仙沼に帰って来たということだ。

2007年01月16日 MIXI日記より
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント