RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.06
23
CM:0
TB:0
20:02
Category : 有職故実
 『衆議院先例集』(昭和53年 衆議院)を職場でヒマツブシ読書。『解散』の項目に『解散の詔書は会議中であると否とを問わず伝達される』という項目でふと思いついた疑問。「天皇がいなければ国会は開けないんじゃないの?」
 『国事行為』というオブラートで包まれているけれども、現行憲法においても、国会は天皇が召集するというスタイル。議員が勝手に集まっても、国会は開けない。天皇の「国会やるから集まれ」という詔書、まあ命令が必要。実際のところ、天皇が召集しない場合には国会は存在できない。内閣が依頼する「参議院の緊急集会」はあくまでも「集会」なわけだ。
 あくまでも国会は天皇が命じて開催する会議なのよ。そして、天皇によって開催された会議だから、議事進行関係なく、天皇の都合により解散できる。少なくとも、形式的にはこうなっているのだろうね、と。
 結局、国会の構造って帝国議会と同じなのよね。まあ『天皇の議会』と言っていいのではないか、と思う。

 その帝国議会にしても、天皇大権の下にあることにはなっていたけれども、天皇は国家機関の一部としてしか機能しなかったわけで、議会に対する天皇の働きかけって、ぢつは戦前と全く変わっていないのではないかと考えてみたり

MIXI日記(2009年02月27日分)より転載
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント