RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.11
16
CM:0
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 仕事中に仕事をしている夢を見る性質がある。もともと居眠り常習犯なのだが、朝方一人で仕事をしていると朦朧としてくる。だいたいの部署は誰かいるもので、仕事をしながら話なりしていれば特に眠気もなくなるのだが、部屋に一人きりだと全くダメだった。

 海自の後方部門での人員不足は酷いもの。確かに、艦艇が少ないよりは、陸上部隊が少ない方が害はない。だが、あまりにも足りない。予算定員5名、訓令定員◯名(訓定はナイショあつかい)の部署に幹部2人だけだったことがある。科長は定年前の3佐で、そのころ己は1尉だった。科長は生徒出身の気さくな人で、「じゃあ二人で掃除するか」と、部屋の掃除、ゴミ出し、区域内にあるトイレと共同の喫煙所掃除をやっていた。トイレは使用各科が気づいて、海曹(部に海士はいなかった)を輪番で派出してくれたが、掃除をやっていればそこそこ手伝った。

 別に二人とも曹士の仕事は嫌いではない。むしろ事務仕事をやっていて疲れると、気分転換になんとなく掃除をする。小出庫(消耗品を補給するコンビニみたいなもの)に物取りに行く。芝刈りもやる。

 ただし、部の筆頭科であるので、部割当も含み書類仕事の量も莫大で、だいたい夜10時くらいまで夕飯も食わずに残業、2-3ヶ月ごとに1回ある繁盛期には、一週間は深夜2時くらいまで残業をしていた。かつて出向していた施設庁なら翌日は1-2時間遅れ出勤なのだが、自衛隊だと、それでも翌日は7時半には出勤、8時には国旗掲揚と課業整列なので寝不足になる。

 そして、科長は部先任なので、日例会報やら会議やらでだいたい午前中はいない。そこで己一人だと、まあ、寝てしまう。寒ければ寝ないだろうと、真冬に窓を全開にして、ワイシャツ1枚(2種ワイシャツは貰うが着た事ない)でいても寝てしまう。眠気に襲われるのは科長も同じで、会報やら会議やらでは「時間の半分は寝ていたよ」とのこと。

 とはいえ、寝ている間には仕事が進まない。文書だけのどーでもいい仕事も捌かないと溜まる一方になる。仕方がないので、ラジオをつけっぱなしにしていた。家がTBS党で、聞き慣れていたので、午前中は常にゆうゆうワイド。それをズーッと昼までつけっぱなし。だいたい毒蝮三太夫のミュージックプレゼントが終わるころ、科長が帰ってくるのだが、科長も慣れてラジオはそのままにすることにした。

 偶に部長が来ると「大工の仕事場じゃねえぞ」とそのたびに言われたが「『情報収集中』のテレビと同じだから、ラジオはお構いなし」とも言われていた。

 ラジオは聞きながら仕事ができるのと、時間が把握できるので便利だった。秋山ちえ子が聞こえれば10時で、毒蝮が10時半、森山陽子が11時、永六輔が11時30分、浜美枝が11時50分。だいたい永六輔の話が始まると、海自は自主的な昼休み時間になる。

 飯を食って、12時を超えたころからは、これまた海自伝統のお昼寝タイムにはいる。科長はソファーでゴロリ、己は腰が悪いので、硬くてダニのいない倉庫のタタキの上にゴロリ。暖房もなにもない倉庫だが、腰がラクなので冬でも雨衣を着て寝ていた。

 残業中もラジオだった。最初のうちは、午後7時あたりからはNHKのテレビをつけていたのだが、面白い番組をやっていて、二人とも釘付けになり、2時間だかを無為に過ごしてしまったことがある。これでは商売にならないと、やはりラジオに変えた。これもTBSだったが、どちらも野球中継が嫌いなもので、野球シーズンは進駐軍放送に切り替えていた。進駐軍放送は英語なので意識しないと引き込まれない、そう思ったが、偶に明瞭に分かる話者がいてその時には、やはり仕事をやりながら聞いていた。

 このとき使っていた庁舎は、GCAかなにかの局舎に近かったので、中波の入りが悪かった。そこで庁舎に勝手に孔を空けてアンテナを引き回し、川口送信所に向けて屋上にループアンテナを取り付けた。資材は廃用器材の中から頂戴したものだが、転出するときに元に戻すのを忘れていた。いまどうなっているのかは知らない。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント