RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.02
25
CM:1
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 浜口和久さんが、迷彩服通勤は悪く無いと主張している。「陸自の迷彩服通勤-『反対』が国民の認識?」で、毎日新聞電子版で報道された件に関して、「自衛隊員が誇りを持って迷彩服を着て活動できる環境こそが、日本の災害対応力の強化に繋がるのである。」と述べている。※

 浜口さんの主張するように、迷彩服をそれほど嫌う必要もない。外で着て悪いものではない。迷彩服が適しているなら、あるいは必要があれば着ればいい。

 しかし、通勤を迷彩服とするなら、通常の制服は必要なくなるのではないだろうか。

 自衛隊には常装という、いわゆる制服がある。冬は背広で、夏は半袖になっている。部隊勤務時は、基本は常装と定められている。作業服や戦闘服装、体育服装は、勤務時必要に応じて着用するものであって、基本はあくまで常装となっている。通勤時は、作業服や戦闘服を着る必要はなく、正門通過に際しては威儀を整える意味から、常装か私服での通過を求められることになっている。

 その常装を、通勤に着用しないのであれば、着用の機会はなくなる。特に大津駐屯地司令が「迷彩服での通勤は災害派遣に迅速に対応する」という英断をしている。それならば通勤以外でも迷彩服着用なのだろう。準備段階から長時間拘束される儀式の際も「災害派遣に迅速に対応する」ためには迷彩服なのだろう。儀礼での服装は日日命令なので「本職」の意嚮次第でどうとでもなる。おそらく、大津では常装は事実上廃されているはずである。

 常装はたしかに面倒くさい。毎日、アイロンを掛ける必要がある。ネクタイは煩わしい。軽作業にも向かない。官品は自宅で洗濯できない。(実際には普通に出来るが)だから、曹士は私服で通勤し、朝礼と終礼の時だけ常装を、シワがつかないように丁寧に着る。勤務時は作業服か戦闘服である。

 それなら、常装を廃止すればよい。陸空には、あまり常装の必要はない。海のように、海外等で登舷礼のような礼装(冬服なら常装+白手袋)機会はない。それならば、迷彩服を制服にすればよい。米陸空軍も、だいたい迷彩服を着てくる。昔のBDU、バトル・ドレス・ユニフォームみたいな制度を採用すれば、今の常装の必要はなくなる。変った幹部を除けば、隊員も喜ぶ。

 常装の煩わしさ、非効率にある点を明示しないで、左サイドへの憎悪につなげている点、浜口さんの記事は残念である。「中越沖地震発生の際、『反自衛隊』を主張していた一部の柏崎市民は、自衛隊の給水、給食、入浴サービスなどに並んだ。」といった、みみっちいことを言うよりも、常装や、それを着用することによる威厳の維持を旧弊なものと断じ、論じるべきであった。



※ 浜口和久「陸自の迷彩服通勤-『反対』が国民の認識?」(NetIB news,2013.2.19)http://www.data-max.co.jp/2013/02/19/post_16449_hmg_1.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

現行の制服を無くすまでに至らなくても常装ではなく礼装と定義してしまえば、貸与数を減らして合理化できるでしょうね。その分予算を合理化できたり、必要性の高い被服を充実できそうですね。

例えば海上自衛隊とかは従来型の制服は礼装として1着のみとして、そのぶん性能・実用性・見てくれに優れた、作業服を3着貸与した方が良いでしょう。