RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.03
19
CM:1
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 戦争中、米潜水艦にいいようにやられたのは、日本レーダ技術が未熟だったせいもあるのではないか。潜航中の潜水艦にいいようにやられたのはソーナーや対潜兵器の能力不足である。だが、攻撃後の潜水艦が船団を先回りし、再攻撃や再々攻撃を許したのは、レーダ技術が未熟であったせいではないのか。

 日本船団にとって、航空機よりも潜水艦のほうが厄介だった。航空機は強力な攻撃力を持っていたが、魚雷や少数の魚雷を使えば大したことはない。15分も経てば居なくなる。しかし、潜水艦はズーっとついてくる。1回発見されれば、それこそ船団が壊滅するまで追いかけられる。

 大戦型の低速潜水艦で船団を追いかけられる理由は、水上航行を行ったためである。潜水艦の水中速力は最大8kt程度であり、その場合、電池は1時間も持たない。一応は10kt程度出る船団速力よりも遅い。しかし、浮上して水上航行をすれば20kt程度は出る。潜水艦は水上航行を行い、船団を先回りして射点について攻撃し、離脱後に水上航行で先回りした。

 この先回りを許さなければ、船団被害は小さくなった。戦争中の米潜水艦は、攻撃後、安全距離まで離脱してから浮上し、ディーゼルエンジンで先回りをおこなった。仮に日本側レーダ技術がヨリ発展し、普及していれば、潜水艦は遠くまで離れないとウカウカと浮上できない。より遠回りを強要されるし、先回りそのものが難しくなる。また、浮上してもレーダ波を感知すればまた潜航しなければならない。これでも先回りが難しくなる。

 実際に、日米のレーダ技術は隔絶していた。米潜水艦がレーダで船団を探しているのに対して、日本側はレーダの活用が相当に遅れた。仮に、護衛艦艇へのレーダ搭載と応用が進んでいれば、同じ潜水艦に何回も攻撃される事態は減っていただろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

レーダーを使えばこっちの位置がばれるじゃないかとか
頭のわるい意見で潰されましたっけww

いまはまだ軍人さんはマシなほうです
最新の戦術ソフトの開発とかもコツコツやってます
問題は法律ですね
地雷はダメ、MLRSはダメ、UAVは航空法が~、電波法が~
装甲車は道交法が~
現代の戦争に法律が付いて行っていません
レーダー云々の話は今そこにある危機です!