RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.03
28
CM:2
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 ライフルで無垢の鉛の弾は普通に撃てる。鉛無垢の弾は危険云々と言ってきた人が居たのだけれども。鉛無垢の弾には、特に危険性はない。

 まず「暴発云々」という危険性はない。暴発は、銃の動作・安全機構、付け加えても雷管(プライマー)の材質での問題で起きる。弾頭の素材の影響は受けない。

 銃身内に停弾する危険性もない。鉛はライフリングに溜まりやすいが、非常に取れやすい。次の弾でこそぎ落とされるし、大した邪魔にもならない。弾頭も非常に柔らかい鉛である。多少抵抗が増えても、弾丸が容易に変形する。火薬の入れ忘れでもなければ停弾しない。

 鉛無垢の弾でもでも危険性がない証拠としては、次の2点が挙げられる。まず軍用銃でも歴史的に問題がなかったこと。そして今でも使われていることである。

 軍用小銃の歴史を見ても、フルメタル・ジャケットが導入されるのは1890年ころである。初期のガトリング砲も鉛弾である。そして問題なく動作している。日本では村田銃までは鉛の弾を使っているが、問題はない。フルメタル・ジャケットは、1882年に登場するが、その理由は停弾でもなければ、暴発でもない。単に鉛無垢では、発射と銃身通過に伴う摩擦や変形等により、初速が落ち、また長距離の銃外弾道も安定しない。それを解決するためである。そして鉛無垢の弾がマイナーになったのは、国際条約によって変形しやすい弾を戦争で使わないことにしただけのことだ。

 今でも鉛無垢の弾はつかわれている。小口径ライフルでは、弾頭は鉛無垢である。写真の弾が22LRであるが、FMJではない。その弾を多い時は1日300発内外、それを2日連続や、1週間ほどクリーニングせず計3日間、射撃したりもしたが、当たり前だが停弾も出なければ横転も出ない。国内では販売されていないが、22LRには半自動も全自動もあるが、銃は問題なく動作している。「高初速では溶ける」云々にしても、RWSの超音速銃弾でもそのような問題は起きない。大口径ライフルや拳銃弾でも、ケチンボ向きに鉛鋳造キット※(http://leeprecision.com/bullet-casting/rifle-bullet-molds/bullet-mold-double-cavity)が存在している。これで出来た鉛無垢の弾でも、問題があるという話はない。

s22LR.jpg

 使う気になれば、軍用銃でも使える。生産設備は保管状態でいいんじゃないの」http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-509.htmlで、使えと主張しているわけではないが、可能である。条約の制限や、弾道変化があるので余り意味は無いが、やる気になればやれる。実際に、223NATOのライフルには、教練用に22LRのコンバージョンキットがあり、そこでは無垢の鉛の弾が実用銃身を通過しているが問題はない。溜まった鉛も、マカロニ状のフェルトパッチで引き抜けば機械的に容易に取れる。ソルベントも必要はない。



※ 「生産設備は保管状態でいいんじゃないの」http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-509.htmlで、溶かした鉛を再利用できるといったのが、このLEEの鋳型のこと。特にあまり売っていない変態口径だと、弾頭部も高い。これを使うかどうか悩むあたりの価格になっている。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

鉛のライフリングへの癒着の発生によって金属ブラシで銃身を掃除する必要があって、その結果銃身寿命にも弾道特性にも悪影響があったのでFNJの登場になるのですが?
鉛の癒着は無いに越したことはないし、しかもその問題が発生しているのはボルトアクション初期やスナイドル式単発銃の時代。
現代のフルオート小銃で無垢の鉛玉使ったら、ガスピストンに悪影響が出ることは想定しなきゃいけない。
つうか、訓練時にコンバージョンキット使って、射程も弾道特性も違う射撃訓練なんて馬鹿な事するぐらいなら、普通にBB弾で訓練したほうが安上がり。
あと、その写真の22LRは低初速のサブソニック弾だから、鉛融解のリスクが低い弾丸。
超音速弾なら、普通にFMJ加工されてるよ?
.22LRでも。

はっきり言って、目先の金惜しさに自衛隊の訓練の本質を見失ってません?
有事に使えないコンバージョンキットやら鉛玉やら無駄なもん揃える意味がわからんですわ。

Re: No title

> 鉛のライフリングへの癒 さん

 主張が
>銃身寿命にも弾道特性にも悪影響
に後退されるわけですね。

 まず、何にせよ、前におっしゃっていた
「鉛を鋳なおして手作業で弾頭作ったら、それも微細な形状の差異がにより暴発の危険があります 」や
「全鉛弾とか、フルオート射撃の自動火器使う自衛隊員殺す気ですか?と」おっしゃった件について、
誤りだと自覚していただけて嬉しいです。まあ、私は自衛隊で使えなんて言ってませんけどね。

 ま、別にライフルで鉛弾撃っても問題ないということです。主張される「銃身寿命にも弾道特性にも悪影響」も、鉛弾の問題ではなく、いまどき金属ブラシを使った過剰手入れの結果です。金属ブラシでゴシゴシやるのは、いまどき自衛くらいじゃないですかね。民間だと普通はナイロンブラシとマカロニパッチ使うから、ライフリングも殆ど傷つきませんけど

 区々たる点については、次のとおりです

・ むしろ金属ブラシと薬品で掃除する必要があるのがFMJですね
  鉛なら昔ながらの布パッチで問題はないです

・ ガスピストンへの悪影響もあるでしょう
  しかし、実際にはカーボンの方が先にたまりますね。あと、鉛もカーボンも容易に取れます

・ 英陸軍は訓練でコンバーションキットを使っていますね。理由は大口径よりも安いから
  なんにしても大口径の方が安いという理屈は成り立たちません
  実弾と射場の面倒から、80年台には、空気銃のペレット(5.5mm)を発射できる
  コンバージョン用カートリッジも造られています。採用されませんでしたけど

・ 22LRの音速弾でも、特にFMJ加工されてませんね。
  http://www.altiusguns.com/dynamic/products/thumbs/350x350r100_208.png
  多分、177のリムファイヤと勘違いしているのでしょう。
  作ればあるのかもしれませんけど、22LRの競技銃なんかだと
  ライフリングピッチがやたらキツイので、FMJを使えば、それこそ、銃身に悪影響ですね。


 あと、鉄製薬莢云々は誤って削除しちゃいました。でもねえ、鉄製薬莢も表面をリン酸によるパーカライジング加工しておけば、普通の銃砲に使えるんですよ。旧軍の25mm機関砲なんか、戦争末期には並行生産した鉄製薬莢使うことにしてましたから。それでも気になるなら2硫化モリブデンなり、別に油を塗布してもいいですしね。