RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.04
24
CM:0
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 「部内限り」の内実を知っていれば、あまりにも間抜けな話である。というのも、「部内限り」には、まず秘密が含まれていない。

 ニュースに「防衛省情報本部の女性事務官、文書持ち出し図る」※ とあるが、その中身は公表されている米国の定例会見を和訳したものであるという。その文書に「部内限り」とあるので「文書持ち出し」云々と騒いでいる。

 しかし、「部内限り」は、ほとんど何の秘密もない。秘密を区分する上で、最も低いレベルであり、大した内容もない。なんとなく秘密っぽい内容だけど、明確に秘密に指定できない内容のときに、雰囲気で付すものである。

 「部内限り」は、外に出すと恥ずかしい程度にすぎない。例えば、公刊文献を無断翻訳、し、複製した本に付してある、その程度のものだ。参考資料の類に多いが、著作権上の問題がやかましい。外に持ちだされて騒がれないように、「部内限り」にする。まず、そのようなものである。

 この「部内限り」程度で、持ち出し云々の注意処分は尋常ではない。実際には誰も気にしないし、問題視もしない。他人に渡すとか、持ち出す必要があるなら「部内限り」を付箋で隠してコピーすれば何の問題もなかった。実際にそうしろといわれるし、そうする。データで持っていれば、必要な内容部分だけをテキストでベタ打ちする。その程度のものだ。

 たまたま、秘密保全週間みたいな時期に引っかかっただけなのだろう。情報本部のあるC棟玄関で、一斉検査かなにかをやっている時期にカバンを忘れて、たまたま引っかかったかといったあたりだろう。可能性としては、予めマークしていたオバちゃんが忘れ物をしたので、好機と探ったら「部内限り」しか出てこない、しかたがないので処分をしたというのは考えがたい。そんな面倒なのはサッサと配置転換するものだ。

 スーパーで中国人と知り合いになっていたことも報道に添えているが、これも大したことではない。東京市内なら隣人が中国人というのもよくある話である。普通の居酒屋でも始終行っていれば、王さんや孫さんみたいなネームプレートの人と知り合いになることもある。そんな程度の話は、身上調書に書く「年賀状をやり取りする程度」にも達していない。それ以上であっても、メンドイだけなので誰も報告はしない。

 そもそも、情本勤務や幕勤務の奴が、中国人がいる夜のお店に通っている。だからといって、報告した話は聞いたこともない。知っていても告げ口もしない。外国人の知り合い云々は、その程度の死んだ規則である。実際には、奥さんが外国人なら届け出る程度である。

 情本はスタンドプレーが好きなところである。今回も、まずは、セキュリティー関係をやっていますよという姿勢を見せるために公表したのではないか。正規の事務官、自衛官なら揉み潰すだろう。しかし、60代というのであれば、多分、日当幾らの1年契約職員※※ なので、自衛隊のスネに傷もつかないと処分して公表したのではないかね。



※ 「防衛省情報本部の女性事務官、文書持ち出し図る」『YOMIURI ONLINE』(読売新聞社,2013.4.23)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130422-OYT1T01413.htm?from=ylist

※※ 事務官の定年は60になった年の年度末。なので、正規職員であれば60代は正規職員の定年年度だけで考えにくい。その後の再雇用(1年契約で月給)か、翻訳技術者としての技術補(アルバイトとして募集)のような日当採用(だいたい一年契約)ではないかな。事務官と自衛官を合わせた自衛隊員の面子を気にしないあたりで後者ではないかと思うよ
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント