RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
09
CM:2
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 保全監視の休日直だか夜直だかの時の話なのだが。陸曹長、空曹、付幹部、己で、己以外は全部高射だった。どうでもいい話をしていたのだが、そこで高射の話になったことがある。

 最初はスカイスイーパーの話だった。付幹部は直近の下僚なのだが、生徒あがりの高射特科なので定年に近い。古いものを承知しているだろうと尋ねると、部隊にあったという。罰直で装填訓練があったかと聞くと、それほど年寄りでもないよ、やったことはないと言われた。

 大砲の装填訓練装置はどうみても罰直に最適に見える。「かとり」には装填練習用の装置があった。砲尾部に模擬弾を装填すると、落っこちて、そのまま下の揚弾筒部分に落ちてくる。それをまた拾い上げて砲尾部に装填する。これを繰り返す永久機関である。実習幹部なので、ヒマにかこつけて見ていると1分しない内に作業服の背中に汗が溢れてくる重労働。しかも、どうみても達成感はない。いやまあ、罰直にもってこいだと思った。

 その話をすると、海はいまどき高射砲を使っているのかという話になった。いや、3インチも5インチも、対空射撃もする。方位盤が高精度高性能なので、3000m先を漂う風船にブラ下げた1m四方の的に初弾直撃とか、昔の人力砲でも標的機直撃・撃墜が結構あったという話になった。

 そこからSAMの話になった。付幹部は経歴上、長く短SAMの部隊にいたという話をする。己も陸上用短SAMとVADSを持っている部隊にいたことがあるという話から、細かい話になったのだけどね。陸曹長と空曹(この人も上曹)も混じって、いろいろな悪口とかの話になった。

 そこで曹長さんが、陸がペトリ買っていたら悲惨なことになったという話をした。米陸軍の装備には、野戦展開で使うトレーラーハウスみたいな居住用のユニットがついている。しかし、陸自が買うときには、少額の金をケチって、それを買わない。防空部隊は長時間活動するのに、野戦展開で幕営なんかしたら、疲れてすぐに能力が下がる云々。いや、空が買って正解といった内容。

 曹長さんも生徒出身で、外国とか結構行っていた。イラクにも連絡将校付かなにかで行って、コンテナの中に寝泊まりした云々の人なんだがね。その話でも居住性が悪いとすぐに能力は低下するよが持論だった。

 まあ、北朝鮮が弾道弾を発射するという話があって、隣の部屋が発射の誤報を出して、それがNHKに流れてしまったその晩の話なんだがね。臨時で運動場にペトリが展開しているのだが、ああいう状態では陸自なら長期間は持たない、空自が買って正解だったという話になったよ。



※ 海で短SAMというとスパロー/シー・スパローを指す。陸用とか、陸自用(空自も使っているけど)とか言わないと紛らわしい。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

確かに…陸自の高射特科の連中がペトリ部隊を見学したらミサイル見ないで各種自活車両に集ってしまいますもんね…

もっとも海自のその手の装備も必要性が低いせいも有りますが貧弱というか皆無です。

原発に出動した海自の隊員も簡易ベッドすらなく困ったようですし。

Re: タイトルなし

本来の海自の必殺技は、ホテルシップ回航や、借り上げですから。

基本はホテル借りて、食事付きで寝泊まりです。別の所で飲み食いに行くヤツもいて、その金額内部でドガチャガして泡の立つ飲み物を付けるとかありますね。勤務時間外なのでお咎め無しで

もともと野戦で出る気もないので、そんなものです