RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
22
CM:0
TB:0
12:00
Category : アニメ評
 西武池袋の駅で『L♡DK』(wikipedia)の広告を見た。不勉強にして知らなかったが、大人気のマンガだという。要は、一人暮らしの女子高生のところに、イイ男が転がり込んでくるという話。

 男のところに都合のよい女が転がり込んでくる話はいくらでもある。その萌えマンガ・アニメの男と女を入れ替えるだけでもどうにかなる。なんせ商業的に成立しているわけだ。女性は女性で、女のところに都合の良いイイ男が転がり込んでくる話にワクワクするのだろう。

 男が消費するものを、女に売りつけるのは、時節柄である。

 例えばオートバイも男が消費するものを女に売りつけようとしている。オートバイなんて男しか喜ばないものかとおもいきや、女にも喜んで買う者もいる。免許を取りに行くと女性は珍しくないという。

 タバコもそう。昭和中期、響、エコー、新生、わかばの時代には女性は吸うものでもなかった。女性でタバコを吸うのは、それ者か、それに近い商売の女が吸うものであった。だが、昭和末期頃から女性向けのタバコが出ている。ピアニッシモなんていけ好かないデザインであるが、あれも女に吸わせようと仕向けたものだ。

 ソフトなものでは、鉄道も山もカメラもそうだ。男の趣味として男が消費していたものを、女向けに手直しするだけで女に消費させている。鉄道であれば鉄子、山であれば山ガール、カメラで言えばカメラ女子がそれだ。

 オートバイ、タバコ、鉄道以下まで女に売れるのであれば、萌えマンガ・萌えアニメも女に売れることに不思議はない。男に売る女同士のエロも、女に売る男同士のエロとして20年以上前から成立している。ならば、男の家に女が転がり込んでくる話も、女の家に男が転がり込んでくる話にすれば普通に受け入れられるだろう。

 少し考えてみれば、『フルーツバスケット』もそういった話だった。女の家にイイ男が転がり込んでくるわけではなく、女がイイ男の家に入り込む話だが、願望的には似た様なものだ。女1人にイイ男複数という逆ハーレムという構造である。ヒロインの本田透は、草摩由希草摩夾を自由に攻略できる立場にあった。

 ただし『L♡DK』は、最初から女に都合のいい、イイ男に萌えるだけの話で済ましている。ざっくり見る限りでは、物語を作る、作劇をするというのではなく、男モノでいう「萌え」だけを玩味するものである。何にしても、知恵者はいる。話に中身の無い「萌え」であっても、男女を入れ替えるだけで、女に売ることができると考えた。そして、そのたくらみは見事に成功したというわけだ。

 いずれは中身のない、生徒会や部活モノも出てくる。『僕は友達が少ない』、『生徒会の一存』、『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』の類、生徒会か部活という箱だけ用意して、その中にできるハーレムでの雰囲気だけを鑑賞する。何の事件も試練もなく、どうしようもない話である。いずれはフォーマットをそのままに、男女を入れ替えただけの話も出てくる。すでに出ているかどうかは承知していないが、出ているのも、出てくるのも不思議はない。仮に今、小説で出ているならば、それが退屈なマンガになり、退屈なアニメにもなるだろう。

 女が複数のイイ男を自由にする、鬼蓄その他といようなエロゲームやエロマンガも出てくるのではないかな。男の征服欲を満たすため、男が女を自由にするエロゲームやエロマンガもいくらでもある。その男女を入れ替えて商売しようとする者も出てくるだろう。すでに女性の性欲を利用した物語は商業的に大成功している。性欲を刺戟するメカニズムとしての征服欲について、それは男にだけあって、女に無いということもない。アレだ、学校トップクラスのイイ男を、全て肉奴隷にできるようなゲームは売れるのではないかね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント