RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.06
14
CM:1
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 陸自は無駄に将官ポストを保有しているのではないか?

 陸自は実数14万人弱でありながら、野戦部隊として師団と旅団を合計15個持っている。これは、13万5000人と、ほぼ同じ規模であるフランス陸軍が8.5ヶ旅団であることと較べると、相当に多い。

陸自・フランス陸軍の比較

 陸自は、野戦を担当する部隊として、師団と旅団を15個、師団×9、旅団×6を保有している。別に旅団級の野戦部隊を2個もっている。内訳は空挺団と富士学校教導団である。支援部隊として、旅団と連隊の中間程度の団を14個もっている。14個の内訳は、混成団×5、通団×1、施設団×4、高射特科×2、特科団×1、ヘリ団×1になっている。

 フランス陸軍は、野戦部隊を旅団8.5個保有している。内訳は、特殊戦旅団×1、機甲旅団×2、軽装甲旅団×2、機械化歩兵×2、山岳旅団×1、空挺旅団×1、加えてドイツと折半の仏独共同旅団を、フランス持分0.5個とみると、9.5個旅団になる。ほかに、独立連隊(相当)8個を持っている。内訳は空挺×1、外人部隊×3、陸戦隊×3、アフリカ連隊×1。旅団級支援部隊は4個、砲兵旅団×1、施設旅団×1、通信旅団×1、電子戦/情報旅団×1に過ぎない。

 日本はフランス、旅団級以上の部隊数をフランスの2倍持っている。比較すると、日本は、日本が17(師団×9、旅団×6、旅団級×2+)、フランスは9.5に過ぎない。フランスは独立連隊を8個持っているといっても、比率はあまり変わらない。旅団換算にすると、独立連隊8個は、旅団換算でだいたい5-3個旅団相当になる。しかし、日本は師団を9個含んでいる。これを旅団換算すれば、だいたい20-15個旅団相当になる。乱暴に、師団を2個旅団、旅団を2個連隊で換算すると、日本は26個旅団相当、フランスは13.5個旅団相当になる。日本はフランスの2倍という数字は変わらない。

 もちろん、軍隊をどう分割するかは、それほど意味のある話ではない。その単位を師団と呼ぶか旅団と呼ぶか連隊と呼ぶかは、その国の勝手だ。

 しかし、日本がフランスに対し、矢鱈と高級ポストを作り出し、維持していることは判然とする。部隊将官ポストでみると、日本とフランスの比率は、40対13.5と、3倍野さがある。師団は師団長(陸将)・副師団長(陸将補)と二人の将官を含む。旅団は旅団長(少将、陸将補、准将、代将※)が一人いる。将官ポストで見ると、日本は野戦部隊で26、フランスは9.5と3倍の差が出る。旅団級支援部隊では、日本が14、フランスが4である。

 司令部・学校でも、将官ポストには差がある。陸自は司令部として中即・5方面総監部を持ち、学校を14個もっている。フランス陸軍は、タイプ司令部2個、タスク司令部3個、学校は7個に過ぎない。将官ポストで見ると26である。内訳は陸自が司令部で12(2人づつ)、学校で14。フランスが17、司令部が10(2人づつ)、学校で7となっている。

 指揮官等の将官ポストは、日本が66、フランスが20.5と3倍の差がある。この他にも将官ポストには、省庁ポストや統幕・陸幕・参謀本部、開発・研究機関もある。その辺りは調べていないが、司令部、師団、旅団、学校長といった指揮官等ポストだけを見ても、陸自将官ポストはフランス陸軍に比較して相当に多い。

 陸自の将官ポストの数には、削減の余地があるのではないか。日本は、ほぼ同じ陸軍兵力を持ち、しかも陸軍国であるフランスよりも、指揮官等での将官ポストが多くする必要性はない。将官ポストを増やしても何もいいことはない。極端な話、将官指揮官には、佐官指揮官に較べて高コストである。給料や官舎、自動車といった待遇だけではない、多くの幕僚や、高級な副官、大規模な付隊を消費する。

 師団以下の部隊を見ても、内実に較べて相当に飾っている。世界標準で見ると、人数的に陸自9ヶ師団は9個旅団が妥当である。6ヶ旅団は混成旅団、空挺団は空挺大隊に過ぎない。支援部隊である団も、内実は連隊-大隊である。方面司令部も、ムダに多い。陸幕の下にタスク司令部を2個も作っておけば充分だろう。学校も、14個もいらない。武器、需品、輸送あたりは1個でもいい。あるいは、少数職域は、訓練隊の形にして1佐で十分である。

 現場に人が足りないというなら、余っているところから足りないところに持って行くべきだろう。将官ポストや、その司令部で人数を取られると、現場に誰もいなくなる。そのあたりは、将官を適正な数に削減するだけで相当に改善する。※※



※   方面混成団長は、実質准将である、団長である一等陸佐が宛てられており、代将にあたる。

※※  普通科各連隊を、中隊数を維持したまま大隊にすれば、相当に人員は節減できる。陸自は今の連隊は外国の大隊規模というなら、連隊の看板を大隊と変えても問題は起きないだろう。あとは、謎の編制特科隊も、人数と大砲の数をそのままに、大隊・中隊に落としてでいいのではないかな。

※※※ 海空自も、相当に将官ポストはインフレして減らすとこは一杯あるけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

多すぎる防大生にポストをやらんといけないので、偉いさんが増えたという話もありますがどうなんでしょうか?

防大生の採用と自衛隊からの逆任官拒否ができれば少しは解決するかも。