RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.06
21
CM:12
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 高い開発費を突っ込んでC-2を作っているけど、何機作るのかね。

 C-2はC-1を代替する機体となっている。C-1は25機あるが、同数は完全に更新できない。単価が高いこともあるが、必要もそれほどないからだ。

 空自には25機もC-2は要らない。長距離・大量輸送には向いているかもしれない。だが、普段使い用には大きすぎて使い難い。内地での定期便等に使うにしても効率が悪すぎる。

 C-2は、C-1がやっていた普段使い用には大きすぎる。雑用には燃料代が相当かさむ。機体空重量は、C-1は20tだったが、C-2は60tある。飛行距離と搭載量の組み合わせがあるのでなんとも言いがたいが、燃費が悪いことは間違いない。多少、エンジン効率は上がったとしても、3倍の重さの機体を動かすには、必要な燃料もそれなりに増加する。

 内地での使い勝手も悪い。C-1をC-2にすると、短距離・軽量の輸送は相当に非効率になる。5tの貨物を運ぶのに60tの機体を使うこともない。内地にある自衛隊飛行場間での輸送需要は大したものではない。C-1にしても、満載で飛ぶこともない。ざっとだが、5tで500kmみたいな輸送がメインになる。それ以上の重さを、空輸でまとめて運ぶような需要もあまりない。

 特にC-1がやっていた空挺訓練は、C-2には全く向いていない。入間のC-1を柏まで回して、空挺を乗っけて、習志野で荷物を落とし、入間にもどるような訓練をしている。そういう任務には向かない。仮にC-1で2機分をC-2では1機にできても、割は合わないだろう。

 C-1がやっていた内地での雑用的な仕事は、C-2には回ってこない。定期便等や空挺の訓練は、C-1退役後はC-130でやる事になる。C-2にはその分、仕事もなくなる。

 それ以外の仕事も、C-2になって搭載量が増えることもあるので、C-1よりもヨリ少ない機体数で可能になる。極端な話、C-1で5機分の仕事が1機で済むという話になれば、「C-1代替だけど、25機分はC-2を5機でヨクネ?」という話にもなる。

 さて、C-2は何機つくるのだろうか。中期防では「10機作ってもいいかもね」といっていた。だが、肝腎の実物が遅れており、最終的に幾らになるのか分からない。同じ状況にあり、ヨリ金食い虫になるだろうF-35との兼ね合いもある。10機行かないで終わる可能性もあるのではないかね。

 戦略輸送的な分にしても、10機はいらないんじゃないのかね。イラクやアフガンに手を出した英国も、C-17は8機で済ませている。日本はとりあえず手を出しているところはない。もちろん、国際貢献や、硫黄島への輸送、有事に空自がやる基地転換用に、C-2クラスの機体はまとまった数は必要かもしれない。とはいえ、英国のC-17よりも少なくて済むだろう。所要から行っても、5・6機で済んじゃうんじゃないかな。



※ まあ、量産機作って火傷する前に、今からでもC-17買ったほうがいいんじゃないのかねと思うよ。P-1・C-2とも、「国産したい病」の結果できたものであって、別にC-2である必要もなかった。どうせ数作るものでもない。P-8とC-17にしとけば、開発費もリスクも節約できたんじゃないのかね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

C-2はPKOなど海外任務には向かない。特に長期派遣の場合はね。C-130などと違って現地でバーツの融通もできないしね。それに舗装滑走路でしか運用できないのは致命的。
C-17買う方がよほど便利、誰かさんたちが大好きな戦車も本土から沖縄まで運べるしね。どうせ島嶼防衛にはC-2は大きすぎて使えない。C-130を増強するか、もっと小さな輸送機も検討すべきだね。

確かに予算が厳しいですね。また航空輸送力が不足と言っても、普段から不便している訳ではない…勿論緊急事態に対応するには有るに越したことはないのですが。

海自が買ったC-130Rの具合のよっては空も有るかもしれませんね…

Re: タイトルなし

輸送機なんて既成品が幾らでもあるのに、出来合いを買わないのも変な話ですよ。
あれだ、技本は昔の通産省と同じで、なんでも無理矢理に国産開発をするくせに、失敗しても何の責任もとりませんからね。

以前ハイチに災害派遣された空自のC130部隊の整備責任者の記事を読みましたが、
同じく派遣されていた米空軍のC130部隊から補給部品を回してもらえて
非常に助かったと言っていました。
あちらさんの補給整備体制は空自とは比較にならないほどスムーズで融通が効くのだとか。

C2では米軍を頼れないし、2~3機持って行っただけでは部品の食い合いも出来ない。
結局海外任務はC130を使わざるを得ないんじゃないですかね。

じゃあC2は事実上国内定期便専用?なんつー勿体ない。

No title

c-2、P-1の現在評価(P-8にしなくて本当に良かった)や中国に対する対応への評価(安部の外交政策、中国封じ込め等)、あなたが批判していた当時にあなたに見えていなかった(賛成派は少なからず理解していた)部分が時間経過でどちらに軍配が上がったかハッキリしてきましたね。孤立しているのは日本ではないし、アメリカもようやく対応を変えてきたし。
あなたの話は分かった風だけどあまり参考にならないや。

No title

2015.07.25の名無し様

C-2とP-1の現在の評判を教えていただけないでしょうか?

・C-2
C-2がC-17と比べて優れているところは一つでもあるのでしたっけ?(価格あたりの輸送力とか)

A400Mとの比較で言っているのでしょうか?そうだとすると、わたしの理解では、まだ全然結果は出ていないと思いますが(どちらもまだ、まともに使用されていない)。。。

・P-1
P-1は「P-8+ポセイドン」と比べて、何がどう優れているのでしょうか?P-8は優れたセンサーフュージョンやネットワーク性を売りにしていますが、P-1はどうなのでしょうか?P-8の高高度対潜哨戒システムは、まだ開発が終わっていません(魚雷降下システムがまだ)が、イギリスの情報(P-8を買うか、P-1を買うか、議論中)を見る限り、また聞きですが、P-8のセンサーは評判がよさそうです(マルチスタティックソノブイ探査の結果の評判は、まだ出てきていないようですが。。。)

また、P-1の方がP-8よりも実戦配備で大幅に遅れを取っているのは事実であり、「演習の結果の実績として、P-1の方が総合的にP-8より優れている」という評価を聞いたことがありませんし、まだ聞ける状態でない(特にP-1が全然試験が足りない)と理解しています。

#そういえば、P-1のエンジンの問題は、解決したのでしたっけ?

優れていない、というつもりは毛頭ありませんが(C2もP1も、まだまともに運用されていないから評価のしようも無い)、C2やP1の方が優れていて、わざわざ独自開発した意義があったのかどうか、まだ結論が出せていないのでは?


ドナルドさんへの意見と、本作の意見

そもそも、c-2は、c-17の方が安いが
これには訳が有り、大量生産されていてそのために、大量にパーツも揃えられて、安くパーツから何まで
買えます。 だから、安いのですが
日本の技術力を向上させるために、開発・生産が必要です。
それにより他国からも、購入し、
安くなってc-17のようになります。
でも、今はそのレベルに行けてませんので、両数が少なく高いですが、
C-17も空挺もしているし、全く問題ないです。
輸送力は現状、要事には今は、全然使いものにならないです、諸島奪還作戦展開には輸送機が、大事ですが
cー1の8tなんてchー47使った方がいいですね 30機で、
c-17 c-2のハイミックスローで買った方いいかもしれません


No title

いろいろな見解をききのはたのしいが、Cー2を造るくらいなら、C-17を買え、いやCー2は大きすぎるとの意見は余りにも素人ぽい軍オタが多すぎる。
C-1は社会党の意見が反映された、非効率、不能力を旨として制作されたことは軍オタの最低限の知識。

No title

C-17こそ、国内に数多くある短い滑走路で
運用できないと思うのだがw
平時の稼働率も保守部品国内メーカーなのとは
全然調達のし易さが違うわけで。
まあ半可通なんですな。

Re: No title

C-17がキチンと運用できない飛行場ではC-2もロクに運用できないし
そんな飛行場にはそれほどの需要もないですよ

可働率もねえ、部品だけの問題でもないからね
部品が入手できないも、アレは調達制度の問題で飛行機の問題でもない
民間機はことごとく海外製だけど、可動率が悪いといった話もないよね

だいたまだ実働していないC-2が高可働率だせる保障もないよ
不具合から特例検査とか出まくったらそれで終わり

> C-17こそ、国内に数多くある短い滑走路で
> 運用できないと思うのだがw
> 平時の稼働率も保守部品国内メーカーなのとは
> 全然調達のし易さが違うわけで。
> まあ半可通なんですな。

No title

ちょっと調べればわかることですけどC-2はC-1の後継機であると同時に海外派遣等C-130が行っていた任務を引き継ぐための物です。そのため国内輸送だけではなく海外への輸送も考慮する必要があります。
またC-17は所謂大型トレーラーのようなものでありC-2とはそもそも設計思想が違います。
文中ではイギリスを例に挙げていますが、そのイギリスもエアバスA400Mという機体を新たに開発しておりC-17ではイギリスの要求を満たせていないことが解ります。
このエアバスA400MのスペックをみるとC-2と似たような物となっておりC-2が国産したい病の結果だとと仰っているということは同じような物を作っているヨーロッパ各国も国産したい病を煩っていると言うことになります。
つまりこれらの輸送機は国産したい病のため作られたのではなく必要とされているから作られていると考えるのが妥当でしょう。

またC-1よりも燃費が悪いと書いてありますが、C-1は8トン積んで1,500km、C-2は12トン積んで6,500km飛ぶことが出来ます。
そのため燃費云々の批判は全くの的外れと言えます。
また内地での定期便についてもC-1が増槽をつけて無理矢理航続距離を伸ばして行っていることを考えるとC-2の用途としては問題は無いように思われます。

空挺訓練についてもウィキペディアに書いてありますが後部扉には空挺用の風よけが付いており空挺用途にも使えることがわかります。

あなたの意見はぱっと見それっぽいことを言っていますが、Wikipediaで調べれば出てきそうなことを何一つ理解しておらず「でかい飛行機=燃費が悪い・取り回しが悪い」・「C-1の仕事はC-2に来ない」など完全に憶測で語っておりとてもじゃありませんがよくネットに載せられるなと言わざるおえません。

長文失礼しました

Re: No title

WIKIPEDIAに正解が書いてあるわけでもないですし
むしろそこに書いてない部分も考えたほうがよろしいのではないですか?

> ちょっと調べればわかることですけどC-2はC-1の後継機であると同時に海外派遣等C-130が行っていた任務を引き継ぐための物です。そのため国内輸送だけではなく海外への輸送も考慮する必要があります。
> またC-17は所謂大型トレーラーのようなものでありC-2とはそもそも設計思想が違います。

海外輸送ならC-17でしょうねえ


> 文中ではイギリスを例に挙げていますが、そのイギリスもエアバスA400Mという機体を新たに開発しておりC-17ではイギリスの要求を満たせていないことが解ります。
> このエアバスA400MのスペックをみるとC-2と似たような物となっておりC-2が国産したい病の結果だとと仰っているということは同じような物を作っているヨーロッパ各国も国産したい病を煩っていると言うことになります。
> つまりこれらの輸送機は国産したい病のため作られたのではなく必要とされているから作られていると考えるのが妥当でしょう。

英国の航空機産業の雇用とか、そういった要素なんでしょうね


> またC-1よりも燃費が悪いと書いてありますが、C-1は8トン積んで1,500km、C-2は12トン積んで6,500km飛ぶことが出来ます。
> そのため燃費云々の批判は全くの的外れと言えます。
> また内地での定期便についてもC-1が増槽をつけて無理矢理航続距離を伸ばして行っていることを考えるとC-2の用途としては問題は無いように思われます。

1-2トンの物資を500km運ぶ場合、C-1クラスとC-2クラス、どっちが安く上がりますか?
航空基地間の定期便がやる航空輸送なんてそんなものです
あと、国内定期の分なんてc-130があればC-2なんか全然不要ですねえ、だからC-130J買わないわけなんでしょうけど


> 空挺訓練についてもウィキペディアに書いてありますが後部扉には空挺用の風よけが付いており空挺用途にも使えることがわかります。

空挺訓練なんか、入間の輸送機を柏の下総航空基地から習志野に運ぶだけなんですが
それにC-2みたいなデカイ飛行機使うのって非効率だと思いませんか?


> あなたの意見はぱっと見それっぽいことを言っていますが、Wikipediaで調べれば出てきそうなことを何一つ理解しておらず「でかい飛行機=燃費が悪い・取り回しが悪い」・「C-1の仕事はC-2に来ない」など完全に憶測で語っておりとてもじゃありませんがよくネットに載せられるなと言わざるおえません。

あなたのご意見には経済性の観点が欠如していると思いますよ
防衛費には上限があることを理解できないでそういうことをおっしゃると、まあ、そんな扱いされるでしょうねと思いますね