RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
01
CM:1
TB:0
00:30
Category : ナショナリズム
 サッカーの日韓戦で、政治主張が云々の話をしているのだが。

 どうでもいい話ではないのかね。何も官房長官が出てくる話でもない。※

 まあ、サッカーの国際試合なんて、試合の中身よりも観客や視聴者がナショナリズム高揚の場所なんだから、暴力以外なら、応援席は何でもありにしたらいいだろうよ。

 好きなだけ互いに罵り合う場所でいいんじゃないのかね。だいたい、サッカーも労働者のスポーツで、ポロやクリケットみたいな高尚な趣味でもないだろ。日本も言いたいことを横断幕で伝えれば良くないかね。「請求権は解決済み、2回も3回も金とろうと思うな」みたいなことを、もっと上品に、第三国が「へえ、そうなの」と思うように書けば良くないかね。

 いっそ、もっとゴキゲンなギャンブルの対象にしたらどうかね。日本国内の試合では、三競オート同等のギャンブル興行を許可する。ついでに中では発泡酒とホッピを格安で販売しておけばいい。そうすれば、敵味方お構いなく罵倒する、今以上に熱心なファンが来るだろ。見世物として最高だし、2割5分のテラ銭を確保できる。なによりバカバカしくて面倒くさい政治問題も霞んでしまうだろうよ。



※ なんつーか、今の内閣、支持層へのリップサービスか知らんが、中韓にキツく当たっている。けど、それで何も問題解決しないよね。歴史問題での態度なんて、むしろ中韓側が戦後価値観や人道を表に出してきている。それに感情的反発をするだけでは、中韓側を利するだけ※※じゃないかと思うけどね。

※※ 一種のパラドックスだと思うよ。歴史問題で中韓に有利に立とうと「日本がやったことは正しい」と言うと、国際社会には「侵略戦争を肯定するんじゃね」とか「人道問題を軽視しているよね」と反応されてしまう。結果として、歴史問題では中韓が有利になってしまうという構造があるんじゃないかとね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

相手とのゲームで相手と同じ手段で、同じレベルで対抗しようとする集団は結局のところ対した成果も出せずに膠着しちまうだけなのさw日中韓共にこんな感じの低レベルな領域を抜け出せないでいるからいつまでたっても一流どころか二流国にもなれないでいるわけだwまぁ、何処の国でも似た様なものだけどねw