RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
31
CM:5
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 防衛省平成26年予算要求に、ちよだ後継艦として508億円の「新型潜水艦救難艦」が挙げられている※ が、果たして必要なものだろうか。

 防衛省は「ちよだ」後継艦を要求している。会計上、艦艇建造費は5年払いなので、認められれば2014年発注の2019年に就役となる。特に、大規模災害対応を前に出すことにより「ちよだ」よりも2000t大型化しようとしている。

 しかし、「ちよだ」代艦は、特に必要性があるようにも見えない。まず「ちよだ」は、まだ老朽化しておらず、新型艦に代える必要はない。また、後に「ちよだ」が老朽し代艦が必要としても、同じような潜水艦救難艦を建造する必要もない。

 今、運用されている救難艦「ちよだ」は、代艦が必要なほど老朽化していない。「ちよだ」は1985年就役なので、艦齢28年であり、代艦完成時でもまだ艦齢33年である。ディーゼルを搭載した中低速の支援艦であり、同じような中速商船同様に寿命は40年かそれ以上はある。護衛艦以下の寿命延長の流れからすれば、まだまだ使えるのに新型艦を建造する必要はない。また、潜水艦救難について新技術への対応についての必要もない。潜水艦救難技術は、「ちよだ」建造当時から特に技術的な進歩もないためである。

 後に老朽化したとしても、潜水艦救難艦を建造しなければならない必要性もない。最近の潜水艦への救難は、まずはDSRVという小型の救難潜水艇で実施される。そして、このDSRVは運用上、必ずしも救難艦を必要とはしない。たとえば米海軍は、DSRVを至近の港まで空軍輸送機で運び、そこから潜水艦に乗せて救難する体制にあり、救難艦は運用していない。DSRVがあれば、特に救難艦は必要というものでもなく、適当な水上艦船/潜水艦で運用できる。ある意味で、救難艦は、DSRV以前のレスキューチェンバーほかの時代の名残に過ぎない。

 潜水艦への救難で必要なのはDSRVであり、救難艦ではない。DSRVが運用できれば、別に新しい救難艦を買う必要はない。

 「ちよだ」更新については、救難艦を建造せず、搭載艦船を選ばないDSRVを作ったほうが安く付く。護衛艦でも、掃海艇でも、民間曳船でも運用でき、航空輸送が可能なDSRVと支援ユニットを作る。その補助装備として、ROV、乗員/潜水員用加減圧チェンバー、潜水用ハードスーツを用意すればよい。DSRV以下は高価であるが、508億円の救難艦を買うよりは安い。

 救難地点までの展開時間云々をいうのなら、複数を準備して、横須賀と呉以外、例えば稚内や沖縄、佐渡、父島あたりに保管しておいてもよい。今の横須賀と呉にだけ救難艦を置く体制よりも、短時間での展開が可能になるだろう。

 なんにせよ、新型潜水艦救難艦の必要性はない。交代する「ちよだ」は老朽状態にはなく、更新の必要はない。また、将来的にも新型潜水艦救難艦は必須ではない。潜水艦救難ではDSRV運用がメインである。救難艦を必要としない新型のDSRVと、その周辺機材を整備すれば済んでしまう話である。金がない折に、500億も掛けてどうでもいいような支援艦を作るべきではない。




※ 『我が国の防衛と予算 -Defense Programs and Budget of Japan』(防衛省,2013.8)http://www.mod.go.jp/j/yosan/2014/gaisan.pdf、P.5

※※ 別にDSRVを甲板上に搭載/泛水できなくとも、曳航すれば済む。通信指揮と充電機構は甲板上に乗せなければならないが、コンテナ程度に収まる。加減圧チェンバーも今は組立/折畳式があるので、これら艦船への搭載も難しくない。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

この多目的救難艦の話を聞いた時は、てっきり事実上の「おおすみ改」とも言える輸送艦になるかと期待したのですが残念です。

どうせなら、輸送艦ベースの船体ドンガラにコンテナ追加式の潜水救難装備や言われている病院船装備の追加で対応するなどの、どうせ造るなら意義がある艦にして欲しいですね…

Re: タイトルなし

まあ、中身に積む医者や看護婦の話は別にして
病院船つくるにしても、大規模震災対応なら、USSマーシーみたいな奴にしないとあんまり効果ないと思うのですよね。アレ、一回はいったことあるのですけど、医療設備が充実しているのはともかく、中は階段使わなくともスロープになっているわけで、アレくらいじゃないとダメでしょうねえ。


文句があるなら乗ってみろっての


乗った人間でもないくせに必要じゃないだのなんだの言う資格ないな…


それにちよだの後継艦が無かったら呉にある「ちはや」だけで潜水艦を助けるとなると現場の急行から救助までの時間に多大なデメリットが起きる


ましてや現在でさえも上の連中は潜水艦をバンバン増やすと言ってる割には救難艦はちはやとちよだの2艦だけという事態…


だから後継艦が作られないだけまだマシなんだよ…

Re: タイトルなし

潜水艦救難の原稿を上げたんで
たぶん来月の軍事研究に乗ると思いますよ

> 文句があるなら乗ってみろっての
>
>
> 乗った人間でもないくせに必要じゃないだのなんだの言う資格ないな…
>
>

乗ったことないですねえ
横潜基の雨漏りとかプールの整備とか「ちよだ」の入船係留くらいですか
総監部は本番でも遭難者家族対応だけですから

ただ、無人化とか商船運用が進んでいるから
将来も今の数でいいか、救難艦+有人操縦DSRVのままでいいかはわからないですよ


> それにちよだの後継艦が無かったら呉にある「ちはや」だけで潜水艦を助けるとなると現場の急行から救助までの時間に多大なデメリットが起きる
>
>
> ましてや現在でさえも上の連中は潜水艦をバンバン増やすと言ってる割には救難艦はちはやとちよだの2艦だけという事態…
>
>
> だから後継艦が作られないだけまだマシなんだよ…

No title

> 下っ端さん前段
誰かの個人所有物ではなく、私たちのお金でする買い物ですから口を出す資格は十分です

> 下っ端さん後段
で、あるならば高額高級後継艦よりも量産に適したシステムこそが必要になるんじゃないでしょうか