RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.09
26
CM:8
TB:0
12:00
Category : 未分類
 北海道で鉄道は維持できるのか。

 JR北海道のトラブルが問題になっている。補修作業が必要なレールを放置するといった問題に、維持補修そのほかをしっかりやれと国交大臣が叱咤している状況(「JR北海道トラブル、国交省が連絡会議」)である。だが、そもそも不採算であるJR北海道に、しっかりした設備維持や更新をするお金を出せるのか。

 北海道には、鉄道に対する需要は少なく、鉄道事業を維持する収益も確保できないのではないか。

 北海道での人員輸送で、すでに鉄道は選択肢ではない。北海道への移動や、北海道からの移動は、まず航空機が選択されている。青森ほか北東北からの移動でも、自動車とフェリーがが選ばれる。鉄道を利用するのは、鉄道に乗ることを目的とした趣味的な観光旅行程度である。北海道内の移動も同じである。まず自動車が選択されている。鉄道は出る幕はない。一部の都市間移動に急行があるが、そこでも高速道路が使われている。

 北海道での貨物輸送でも、トラックがメインになっている。そもそも北海道から鉄道で運ぶようなものがない。かつては石炭や木材といった、鉄道輸送に向いた大重量低価格、いつ届いても構わない貨物があった。しかし、国産炭、国産材の時代は終わった。石炭も木材も、輸送費込みでも外国産が安い状況にある。農産物や水産物も鉄道輸送するようなものはない。高級品は航空輸送され、それ以外の品もトラックや船舶で冷凍・冷蔵の上で輸送されている。北海道に運び込む物資も、消費物資がメインであり、トラック輸送がメインになっている。

 ピギーバックそのほかの余地もない。日本の鉄道では大型トラックをピギーバック搭載できない。鉄道コンテナも効率はよくない。積み込み積み下ろしの手間が掛かり過ぎる。それなら本州各地からの船舶輸送と組み合わせたほうがよい。フェリーは大型トラックを迅速に搭載でき、コストもコンテナよりも安い。トレーラ置き去りもできる。トラックの自走も非常識と言うまでの距離でもない。

 北海道では、人員輸送でも貨物輸送でも鉄道は役割を終えている。JR北海道は設備を維持するよりも、鉄道事業をやめたほうが効率はよい。一部路線を残すにしても、採算から札幌以南・以西が限界だろう。おそらく、政治的な判断から、根本にある赤字構造を放置したまま、公費を突っ込むことになるが、それは問題を先延ばしにするだけの方策である。問題を根治するためには、鉄道を廃止するのが最も有効な施策である。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

都会育ちですか?

お発です。
なんか
「白河以北一山百文」
を地でいく話ですね~

地元北海道では、
「JR北海道だけは国有化すべきだ」
という意見をチラホラ目にしますが。

No title

もっとさかのぼれば、そもそも北海道に鉄道を引いた目的自体が北海道開拓であり、北海道開拓の目的は北辺防備、つまりはロシアの圧力に対抗するためのモノだった。

ロシアの圧力が無くなってしまえば日本にとって北海道に人間を貼り付けておく意味は無くなるから、必然的に自立経済圏を構築できている札幌都市圏以外の北海道の人口は減少していく。となれば、鉄道も維持できなくなるのが必然だよなあ

Re: 都会育ちですか?

北海道には鉄道を維持するに足る需要がないということです
山陰や四国もそうですけど、不採算路線は鉄道を廃止してバス転換でいいんじゃないですかね
だいたい、鉄道だけが移動手段でもないわけだから

地方の鉄道路線維持の要求も、他人にお金を払わせて、しかも自分たちは乗らないという、誰も得しない構造ですよ

そうは言いますが

スクラップ・アンド・ビルドではないですからね。スクラップだけ。

確かに、この先やって行けないでしょうが、棄民となった方々の憤懣がどこに向くのか。TPPなども絡めば、もはや北海道の食糧基地としての存在意義さえ揺らぎます。

これに震災、原発事故とくれば、連想するのは2.26…

時速50〜70km程度のローカル線需要は、完全にバスで代替可能。問題は時速120〜130km程度の中小都市間の特急列車の代替で、高速道路が無い地域ではバス代替が効かない。

既存の軌道をバス専用道にした上で高速走行させるBRT方式あたりに落ち着くんじゃないかね

No title

鉄道廃止の代替えとして、各地方都市に1500mから2000m程度の滑走路を持つ空港をこさえるだけで済むんちゃうかなあ。空港がぎょうさんあるように見える北海道だが、空港を整備するコストの安さに比べたら少ない。たとえば根室市から最寄りの空港の中標津まで80km近くある

無知が語るな大ボラを

現実を無視してるね。
道東最大の都市 釧路と札幌の距離は351キロもある。年間利用者数160万人程。
釧路は国際バルク戦略港湾として北海道最大の国際穀物輸出入港がある一大物流拠点。
そのような実態を考慮できないのは知識が足りないからだ。

No title

>釧路

たかだか人口18万の人口減少衰退滅亡都市じゃないですか。それにTPPで北海道の農業も漁業も消滅させることが国策で決まってるわけだし。