RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.10
20
CM:15
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 74式戦車の部品再生産は、容易に実現可能である。

 前に「74式戦車の部品の再生産はできない、予算は単歳だけど再生産は1年では終わらない」という半端な知識をひけらかす人がいた。普通に国債で契約できると教えたのだが、調べてみると実際に国債でやっている。

 ちなみに国債とは国庫債務負担行為のことで、国が1つの契約の履行期限を2-5年とするもの。普通は2-3年で、それぞれ2国、3国と呼ぶ。ミサイル艇は3国、掃海艇は4国。護衛艦と潜水艦は5年だが、これは国債ではなく特例の艦艇継続費でやっている。艦艇建造は年度ごとの支払いがバラつくが、国債だと年度支払いの標準があるが、

 平成25年度の一般会計予算をみると、武器車両等整備費用は最長の5年国債になっている。25年予算では、戦車や装甲車を購入する武器購入費も5国である。例の水陸両用車、AAVP-7、昔のLVTP-7を買う話があるので、輸入につきものの納期トラブルを防ぐために、このあたりは5年にしているのだろう。やる気になれば、明許繰越と事故繰越を使えば、この予算は7年まで引き延ばすこともできる。明許と事故繰は昔やったことがあるが、面倒だが難しいというほどでもない。

 武器車両整備費が5年国債なら、その枠内に74式の部品再生産を入れれば5年、伸ばして7年でできるということだ。もちろん、全ての整備費が5国というわけでもなく、中には単歳や2国・3国も含まれている。だが、枠の最長が5国なら、74式の部品再生産でも、理由を立てれば5国にするのは難しくない。

 車両については、輸入でなくとも国債にしている例もある。国産大型トラックは納期の関係で2国とされている。大型トラックで理由が立っているなら、戦車用部品調達でも理由は立つ。

 「74式は寿命だ、足回りやらエンジンやら」も、結局はやるべき整備をやっていないだけの話だ。確かに、油気圧式のサスペンションも面倒だろうし、エンジンは12ZC系列で素性は悪い。

 だが、エンジンと足回りに高度整備を施せば、74式はまだまだ使える。砲は機動戦闘車と同じである。FCSにしても、L-7は中距離までなら直接照準でも命中率に大差はない。装甲も、機動戦闘車よりも丈夫である。

 もちろん、戦車は余っている。90式戦車が350両、10式が50両もあれば、74式はなくても良い。ただ、74式の過半は製造から30年も経っていない。その足回りとエンジンに高段階整備を施せば、別に10式も機動戦闘車も新しく作る必要はなくなる。本土防衛やら警備所要は大したものではない。また、その優先度も低い。74式でも性能は充分であるし、無駄に高い新車両を買うよりも既存品を活用したほうが経済的である。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

もう部品製造ラインが無い74式を復活させるより、現用ラインがある10式戦車を買うのがコストパフォーマンス高いですよね?

数字や制度だけ見て、思いつきで書いてますよね?

No title

まあ、他国でやっている延命は無視し、74は寿命がありませんだからなあ。自称事情通は。T-55やセンチュリオンですらいまだにつかっているくにがあるのにね。
ものを知らないのか、嘘つきなのか、頭がおかしいににか。
多分その全部なのだろうけど。この手のアレな連中ほど声が大きいのは困ったものですよ。

No title

オブイェクトのJSFさん達、国産戦車マニアいわく、74式の足回りは限界で、交換は難しく、新型戦車に更新したほうがコストパフォーマンスがいいとか。
油圧サスって、そんなにダメになりやすいのかと思いました。

兵器マニアは、国産兵器はマンセーしつつ、新型と更新の話になると旧式では駄目だ!と手のひら返ししますな。

Re: No title

この場合、コストパフォーマンスの、パフォーマンスみても10式は悪手ですね
10式でも90式でも74式でも、本土防衛の所要は満たせるわけですから

コストパフォーマンスで考えれえば、74改修で済ませるのが一番よかったでしょう。
本土防衛でのパフォーマンスを考慮すれば74で充分ですし、コスト的には一番安く済んだ。

実際には、90も350買っちゃったので、それを活かすしかないんですけどね。
現実には、いまある90をあと30年つかうことを考えるのがいいでしょう

10式調達は論外です。90と大差ないもの、いまさらわざわざ新造するのは金の無駄遣いです
なんせ1両10億以上するわりには、それが必要な切実な理由もないわけですから


> もう部品製造ラインが無い74式を復活させるより、現用ラインがある10式戦車を買うのがコストパフォーマンス高いですよね?
>
> 数字や制度だけ見て、思いつきで書いてますよね?

ブログ主が「手遅れになる前に部品を手当てしておけばよかった」という話をしているのに、
「手遅れなんだから今さら部品を手当て出来ない」という反論は反論になっていないよなあ。

No title

3世代の戦車+戦車もどき1の四車種を並行して装備する場合の教育、兵站負担は考えないんだよね。あの人達。定数400は即で、74式はすぐなるると思っている人たちがいるけど、あれは大綱が終了時に官僚していればいいから、当面74は現役に留まります。

兵站負担はかなりデカイと思います。なにしろ、東日本大震災では、隊員がゴム手袋をホームセンターで調達してきた国ですから^^;

この状態で全く互換性のないのを4車種も作ってどうする気ですかね?トヨタ並みの部品供給能力があるわけ?

まあ、戦争なんか起こらないと思ってやってるんだから、それはそれで良いのかも。

だって陸自はせんそーなんて野蛮な行為はしませんからw
災害派遣や海外出張に戦車は持って行かないから関係ねえし。
たぶん師団旅団ごとに全部戦車の種類が違っても誰も気にしないと思いますよ。
どーせ演習にしか使わねーんだw

No title

74はもう高い金がかかる修理をする必要が出れば
廃車にする方向で良いと思う。
C4IやFCSの問題もあるし、10式に金を回すほうがマシ
旧式戦車が使われる事を以って否定する意見も有るが
あれは
・人の命が安い
・金が無い
・それでも役に立つ場所
だから使われるだけ。

イラク戦争でのT-72みたいに相応でなければ
一方的にやられる安物買いの銭失いになる。

Re: No title

大陸で大戦車戦をするでもなし
日本本土防衛やらゲリコマ対策くらいなら74式でも充分ですからね

人的損害を減らす云々なら、それこそ海空装備で抑止するなり、海で沈めるなりですよ

No title

でたよ。大本営発表鵜呑み。

〉旧式戦車が使われる事を以って否定する意見も有るが
あれは 人の命が安い

この世にイスラエルや南アフリカという国家があることも知らないらしい。

看護陸曹が自分の判断で投薬も注射も、簡単な手術も許されない国の方が人の命が安いのでは?

〉C4IやFCSの問題もあるし

近代化の方が安くつく。だから世の中にそのマーケットがある。
まあ、現実が見えない人にはなにいっても無駄でしょうけどね。

10式?安かろう悪かろうですよ。安普請の時代遅れの機甲戦を妄想を想定した役立たず。
これを世界に冠たる新鋭戦車と信じているのは、
歌舞伎町で5千円で素人娘とできるソープがありますぜ、というポン引きにノコノコついていくようなものですぜ。

No title

反論するようで申し訳ないが現在の正規戦および非対称戦にしても第三世代型以上の戦車は必要ですよなぜならば74式戦車などの第2世代型戦車の装甲は薄く歩兵の
攻撃でも多大な損害がでることは容易に想像できます。
改修したところであまり性能に変化なくお金のむだですよ。

No title

徹甲弾が飛んでくるならともかく、非対称戦なら74式に反応装甲でもつければ充分でしょう。そもそも島国で警備も固い日本にそうそう大規模なゲリラ部隊なんて上陸できません。撃ってくれれば位置が露呈して万々歳です。

だいたい第三世代戦車だって正面以外はRPG等に耐えられませんし、四方八方、それも上方からも弾が飛んでくる市街戦なら戦車単体の性能なんて枝葉末節なことです。

No title

もろに影響されたようなこと言ってみる。
ホームセンターで鉄板買ってきてシュルツェン作ればいいんじゃね。
設計だけ上が作って、この通り作れって言ってもいいわけでしょ。
やらないだろうけど。