RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.11
10
CM:6
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 日テレNews24、「新防衛大綱 陸自戦車数を削減へ」によると、防衛省は戦車定数を100減らし、人員を5000増やそうとしているという。

 しかし、北海道に人は余っているのに、人員を5000増やすというのは解せない話である。ソ連が崩壊して以降も、北海道には陸兵5-4万を無意味に置いていた。西方や関東、近畿に兵員を増やすなら、北海道から移駐させればよい。5000や1万の都合はつく。

 そもそも、5000人増やして何をやりたいのかがハッキリていない。水陸両用部隊を作るための人員増といった話なら、北海道の師団や旅団の一つでも潰して人員予算装備施設を集めればよい。政府機関で一つの部署を作るためには、一つの部署を潰す、スクラップ・アンド・ビルドが原則である。特に無駄に人員を抱え込んでいる陸自について、その人員を増やす必要はない。

 ただし、これは防衛省が希望する内容である。実際に、人員増5000を認めさせることは難しい。

 おそらくは、財務等が要求する、人員減に対するカウンターなのだろう。防衛は前からそういうことをする。戦車定数400にするときにも、とりあえずカウンターとして3万増を要求し、人員差し引きを有耶無耶にしようとしている。

 実際のところ、戦車100減、人員は+-100程度の、あまり意味のない増減に終わるだろう。装備減で防衛省・陸自は抵抗しない。実際に戦車100減はどこからも文句は出さないだろう。あとは砲をどこまで減らすかといった程度である。そのかわり、人員減には必死に抵抗する。役人組織にとっては、人員数で表される組織規模の減少は何をおいても阻止しなければならないものであるからだ。

 人員増5000には何の根拠もない。結局は減らしたくない役人論理で、カウンターでふっかけただけである。防衛省・陸自も、納得できるような具体的な必要性を上げて説明はできない。実際のところ「そんなに重要な人員所要があるのなら、なぜ北海道から人員を引き剥がして充当しない?」と言われればそれまでである。

 いずれにせよ、これで無駄な装備更新の必要性は立たなくなった。戦車定数が300となれば、既存の90式350両、発注分を含んだ10式50両でお釣りが来る。10式を新規調達する必要性はさらに立たなくなる。新型砲開発も同じで、所要が自走砲で充当されれば、カエサルもどきを開発する必要もなくなることになる。



※ 「新防衛大綱 陸自戦車数を削減へ」(日テレNews24、2013.11.9)http://news24.jp/articles/2013/11/09/04239969.html

※※ JSFさんは、この期に及んで10式調達が続くといっている。「90式を10式で置換して行く感じになるんでしょうね。」とトンチンカンなことをいっている。90式は一番古い車両で車齢22年に達していない。それを更新する所要は立たないことを理解していないのだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

JSFさんやドラゴナーさんらは心の病気なんでしょう。
戦車などの、国産兵器を持ち上げ、帰依することで精神安定させているのだと思います。

とはいえ、自衛隊員1人を北海道から移動させれば家族やら波及効果やら含めて3〜4人は北海道の人口が減る事になる。
ただでさえ衰退を続けていて、さらにTTPで農業が壊滅して衰退を加速させる予定になってる北海道で、自衛隊員も減るとなると滅亡確定だよねえ。

No title

そもそもに陸自に戦車はいらないのです
早く0査定にならないかしら!

人数に関しては

東日本大震災の教訓で減らすのはよくないとか北澤元大臣の回想にあったような気がしますが。

No title

火力戦闘車は開発が始まる前ならともかく、一旦予算認められたらやるんじゃないですかね。

>だむさん
実際北海道のそれは深刻です
しかし中央が地方を考えに入れないのは沖縄も福島も似たようなもんで北海道に限ったことではないという。

結局アジアの暑い国あたりからウィンターリゾート客を当て込むくらいしか思いつかないね。

No title

東西冷戦で余剰となった北海道の陸自部隊を、南西諸島に移駐させれば、米海兵隊を沖縄県外へ移転できますな♪
で、辺野古のV字型滑走路の建設は取りやめて、浮いた4千億円を海自・空自の強化に充てましょう!