RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.11
17
CM:3
TB:0
13:12
Category : 未分類
 安倍首相がカンボジア・ラオスに行っているのだが、安全保障分野での云々は、何の成果も産まないだろう。まあ両国軍とのお付き合い程度に終わるのではないか。

 ニュースでは、成果があったように書いてある。
日本の安全保障政策について「国際協調主義に基づく積極的平和主義の立場で貢献していく。平和国家としての根幹は不変だ」と述べた。フン・セン首相は「積極的平和主義を支持する。世界の安定に資する」と応じた。
「カンボジアと安保対話推進で合意…首脳会談」『YOMIURI ONLINE
』(読売新聞,2013.11.16)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131116-OYT1T00925.htm
だが、カンボジアの回答も、その立場からすれば「あ、そう」程度に過ぎない。

 カンボジアは、政治・経済的に中国に従属している。今回の訪問も、そのカンボジアを引き剥がす効果もない。決まった話も、近所だから、仲良くしましょう。経済的に互いに利益になれば協力しましょう程度のものだ。(日本から見れば、縫製産業程度だろう) 安全保障については、ほとんど効果は見込めない。

 これがラオスになると、中国従属度はさらに上昇する。経済的な規模や能力もカンボジアよりも更に低い。天然資源にしても、モンゴルの石炭と同じである。海にアクセス出来ないので、日本としても旨みもない。

 カンボジア、ラオスと仲良くすることは、異存はない。軍隊同士で仲良くすることも、いいことだろう。

 ただし、対中包囲網云々となるといった点では、全く期待できない。両国は中国に依存しており、今の日本の勢いでは、勢いある中国から引き剥がすことは難しい。

 両国から見ても、日本との首脳会談云々は保険に過ぎない。中国への過度な依存への牽制、はっきり言えば、隷属にならないための保険程度だろう。

 安倍首相は、外交に熱心である。だが、それは国の利益というよりは、彼の個人的得点を念頭においたもののようにしか見えない。アベノミクスとやらも、通貨供給量増加を含めた通貨切り下げ以外では、ほぼ行き詰まっている。そのうち失速するだろう。そうなると、このような個人的得点以外では意味もない外交をやって、無駄な約束や援助で国帑を費やすのではないかと見ている。

 まあ、インドあたりでいいように使われるのではないかな。カンボジアやラオスなら火傷もしないが、インドはヤバイ匂いがするものだ。



※ 仕事が忙しいので、予約投稿を忘れていて急いで書いたよ。場合によると、今後は間引き投稿にするかもね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

少なくとも、こういう外国に行って、目立つことをやってれば、自民党支持のネトウヨたちが安倍さんを支持するのは確実でしょう。

No title

カンボジアとラオスはベトナムのショバであるはずなんですが・・・
ベトナムが中国の衛星国だとはまさか思ってないですよね??

No title

というか何でもかんでも中国けん制にメディアが結び付けすぎな気がしますが。