RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.11
24
CM:5
TB:0
12:00
Category : 未分類
 中国が尖閣諸島に防空識別圏を設定したという報道がある。だが、中国にとってこの識別圏は、実際に運用できるエリアなのだろうか?

 中国が識別圏を作ることは、突飛な話ではない。中国側からすれば「尖閣諸島は中国領域である」であり、当たり前の話なのだろう。日本側が尖閣諸島上空も実効支配しようとしている。中国には、それへのカウンターを打ち出す必要がある。

 だが、中国は尖閣上空を把握できるのだろうか? 尖閣諸島は、中国本土から350kmほど離れている。大陸沿岸にはあまり高所はない。沿岸部にある400mほどの山にレーダを置いても、計算上、尖閣上空では6400m以上の飛行機しか発見できない。水平線ギリギリでは、角度分解能の話も出てくるかもしれない。(距離分解能で解決するかもしれないが)
 仮に、飛行機を発見しても対処できるかも怪しい。中国が尖閣上空で高高度を飛ぶ日本機を発見しても、大陸から飛んで行く時間もある。離陸から始めれば20分や30分は掛かってしまう。そのころ日本機はどこかに行っている可能性も高い。厄介なことに高度を下げられると、まだいるのか、日本に帰ったのかもわからないし、目標に戦闘機を誘導することももできない。

 結局は、告示して終わりではないか。中国の目的は、あくまでも日本側実効支配への対抗である。実際に戦闘機を飛ばして云々できないかもしれないが、それでも構わないという発想なのだろう。

 ただし、日本側も尖閣の真上に戦闘機を自由に飛ばさせないほうが良い。
[日本]政府関係者は「中国は尖閣は自国領と言ってきた。ある程度は想定できたことだ」と事態を冷静に受け止める一方、「日本の領空で空自機の活動が影響を受けることはあり得ない」と述べ、毅然(きぜん)とした対応が必要だとの認識を示した。
と時事通信は報道している。だが、中国機が来たわけでもないのに、尖閣上空に空自機、特に戦闘機を飛ばすのはやめたほうが良い。それを海監経由で知った中国側も、対抗措置として尖閣の真上に戦闘機を飛ばすだろう。そうなると、今、海でやっているような無駄な消耗戦になる。泥仕合をしても、日本の得になるものでもない。それなら、上空については寝た子を起こさないしておくのが妥当ではないか。今までのように、P-3Cや陸自CH-47で領海上を飛ぶ程度にとどめて置いたほうがよい。



※ 「不測の衝突懸念=中国『防空圏』設定-日本政府」『時事ドットコム』(時事通信,2013.11.23)http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112300223
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

冷戦時代の日米ソはそれなりに阿吽の呼吸であつた様に感じたが中国はどうかね?

早期警戒機の運用を開始するつもりなんだろ

No title

「監視できない」のは事実だからこそ言ってるのかもしれんなあ。
現時点で尖閣界隈に出張っている中国側の勢力は海警やら海軍やらの船舶ばかり。
で、陸海空の予算分捕りあいのなかで、空の人たちが発見したネタが「わが領土の釣魚島上空を監視できていない、けしからんから監視出来るだけの予算をよこせ」というストーリーなのかも

No title

あんたの話は、臭いもんに蓋。

Re: No title

リアルな話、尖閣では余計なことはしないほうがいいですよ
現状維持以上の事やろうとすると、日中共に得しない構造ですよ

> あんたの話は、臭いもんに蓋。