RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.01
31
CM:4
TB:0
22:05
Category : 未分類
 昨晩から今晩まで、メインで使うパソコンをXPから7に引越していたので今頃更新です。サブ(これは先に7)とかノートもあるのだけれども、従前使っていたHDDの中身を新しい方に移すのに一日かかるのは面倒臭い。起動部分を含むHDDをブラ下げるだけだとXPが動きだす。外付けだと直ぐに見つからないのが面倒くさい。

 そこで、写真を何葉かみつけた。

台所

 これ、大震災のあと、3月12-15日頃の写真なんだが。その頃はせっせと家の開口部を目張りしていた。当時は付配置で院生、必要になれば呼ばれるカモと作業服を用意したあとは何もやる気がなくなったので、一種の現実逃避かね。

 写真は24時間換気部分の仮閉鎖の写真。どりあえずはこんな感じで内側から養生テープで塞いで、翌日には外から開口部に丸めた新聞紙とエアコン用粘土詰めといた。

 他の開口部も思いつくところはほぼ全部塞いだ。

 塞がなかったのはシャワーブースの排気シロッコファンだけ。湿気取りに24時間回していた排気ファンはそれから2ヶ月位は必要に応じてしか動かさなかった。

 他のところも大概なことをしたよ。台所の上の換気扇なんか外からビニール袋を被せて養生テープでグルグル巻き。余ったエアコン用の粘土で使わない窓の際を目張りした。天井裏は家の完成検査の後に歩行床として、壁際にドンつけでコーキングしといたので問題はない。1階床面も新築のときに徹底してコーキングしといてある。

 玄関は北向きなので、もともとからっ風避けで2重にしてある。しかも完成検査後にタイトにしてあったので問題はない。

 ……とまあ、ここまで丁寧にやったのは「目張りすれば化学兵器に耐えられる」という話を読んだことがあったためだ。旧内務省がやった民防空の資料にそういう検討結果があった。当時の日本家屋でも外面を目張りして、外壁に面さない内側の居間も密封できるようにしてそこにいれば大丈夫というもの。

 まあ、仕事でNBCはさんざんやっていた。旧軍投棄化学兵器処理とか、○○のNBC防護担当とかいった大概な配置をやっていた。野戦は知らないが、後方でのNBC防護はそれなりに知識があった。

 現実よりも安全神話に乗っかっていた奴が「[原発が危険だという]バカは黙ってろ」の頃はこんな感じだったよ。米不足か燃料不足で、ウチに米か薪かを取りに来た、近所に住む同じゼミ生(さらにド文系)が「何が起きているのかは分からんけど、今まで考えられていなかった事態が起きているのは間違いないし、直ぐに収束する話でもない」と言っていたこととペアで覚えていたよ。

 まあアレだ、ベタな創作で「……さまのタタリじゃ、行っちゃならね」で助かる爺ィと「何故だ、計算は正しいはずなのに」といって自滅する野心家の差みたいなもんか。もちろん前者は「数学できんで何が悪い」という、己等の無学な私大文系で、後者は国立理系の黙ってろさんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

くだんの「黙ってろさん」は、たぶん中国地方や九州あたりに在住しているんじゃないですかね。
その地域の住民なら震災も原発事故もリアルじゃない。テレビの中の別世界の出来事だった。
おそらく東京以北に親戚も友人も住んでいなかったのでしょう。
100%他人事なればこそ、自分の見たいものだけ見て、信じたいものだけ信じることが出来た。
しかし、情報が錯綜している段階で何を根拠に「黙ってろさん」はそうまで自信たっぷりに安全だと信じたんだろう?未だに謎だ。

図書館でバイトしてた経験で言うと

軍事はとても人気があるカテゴリーでして、本の出入りは激しかったですね。貸出上限までキッチリ借りてく。

ただ、この手の趣味の方は、それしか借りない。空母なら空母だけ、戦車なら戦車だけ。国際問題だの財政だの科学技術など見向きもしない。

ですから、件のお方も、決して自分が勉強不足とは思ってないでしょう。
これほど専門的な勉強を積んでる自分に文句を言う方がおかしい。
だから「黙ってろ」と。

そうそう、書庫に昭和18年の子供向け解説書がありまして、
「我が国の代表的空母」
・加賀、赤城、飛龍、蒼龍…
いつの時代もこの程度のもんなんですけどね。

報道を纏めればアウトなのは明白だったのに、適当な妄想で大丈夫とか思う知能がやばい。
はじめは予備電源で三日持つとか言ってたのに八時間しか持たないに変わったんですよね。これは現場把握できてない証拠。

というか安全なものならば都心につくるだろという発想がないのもやばい。

>>ただ、この手の趣味の方は、それしか借りない。空母なら空母だけ、戦車なら戦車だけ。国際問題だの財政だの科学技術など見向きもしない。

やはりですか…