RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
07
CM:2
TB:0
00:00
Category : 未分類
 なんか、同じ穴のムジナという感がしてならないのです。

 古森義久さんは「靖国参拝の安倍首相を援護した米国の若手ホープ議員」※で「安倍首相を評価するアメリカの議員がいる」と述べています。

 ですが、相手のルビオ議員は「ティーパーティの王子様」※※と言われる程度の政治家です。基本的に、教条的な保守主義とか、宗教とかコントロールされる側というあたりでは、安倍首相と変わるところがないわけです。古森さんの記事では、その辺りを全部スッとばしているのは、会談した相手の価値が下がるからでしょう。その程度の人が、安倍首相を責めなかったといっても「だからアメリカは安倍首相を評価している」とは到底言えません。

 だいたい、古森さん自身の説明でも、ルビオさんは別に安倍首相を援護もしていません。発言中で安倍首相を責めていないだけで、靖国社参拝を別に肯定もしていません。例えば、古森さんが挙げる韓国でのスピーチですが
 「(安倍首相の靖国参拝、慰安婦問題、日本の教科書問題などへの韓国側の反発に関連して)韓国と日本はともに米国の同盟国同士である。その相互の関係を脅かしかねないような、深くて苦痛にまみれた、かつセンシティブな苦情については両国で解決に努めてほしい。だが、米国はその種の案件に関与すべきではない」
「靖国参拝の安倍首相を援護した米国の若手ホープ議員」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39861
日本にも韓国にも無難な話をしただけの話でしょう。これで「靖国参拝の安倍首相を援護」(古森)とは到底言えないわけです。

 価値観が似たようなものなので、話も合うのでしょう。古森さんによると、安倍首相と会談したそうです。

 しかし、そこでも「靖国参拝の安倍首相を援護」(古森)したわけでもない。「ルビオ議員は安倍首相との会談では、靖国参拝に一言も触れなかった。」(古森)点を「批判めいた言葉は皆無だった。」(古森)と評価していますが、実際には肯定する言葉も皆無だったわけです。

 そもそも、結局は野党議員で、しかも若手であって、注目株ではあっても影響力も大したものではないといったあたりでしょう。

 この記事が基づく事実関係って、クリントン大統領が助平スキャンダルの時に、親子丼の山崎拓さんが渡米会談して「エロは人間として仕方のないこと」とか適当なことをいったようなものではないですかね。外国のトップの助平を責めてもしょうがないし、価値観的には不倫大好きで似たような立場なので、相身互いだから、触れないであげた程度じゃないですか。それを「不倫は文化、山タフ、クリントンの助平を擁護」として記事にしたようなものかと。まあ政権ヨイショが過ぎるのではないかと思いますよ、ハイ。



※ 古森義久「靖国参拝の安倍首相を援護した米国の若手ホープ議員-日米両国間の同盟の絆はまだまだ健在」『JBpress』(日本ビジネスプレス,2014.2.5)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39861

※※ "Midterms 2010: Tea Party 'Crown Prince’ Marco Rubio wins""THE TELEGRAPH"(Telegraph Media Group,2010.11.3)http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/us-politics/8106646/Midterms-2010-Tea-Party-Crown-Prince-Marco-Rubio-wins.html


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

また靖国の件でアメリカを説得しに行くそうですよ。

外務大臣訪米 強行日程で“ギクシャク”関係修復へ(02/07 11:49)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000021036.html

これだけ何回も靖国訪米を繰り返しているところをみると、要はアメリカを全然説得できてないということで・・・。
中曽根は「説得できた」といってたけど、これもまったくの嘘。

靖国参拝「米は理解」 日米議連の中曽根氏
2014/1/11 10:31
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM11017_R10C14A1NNE000/

No title

これに限らず、古森氏の記事ってこういう「知日派」を探し出して羅列してくる記事が最近ちらほらあってどうかと思う。「最新鋭装備を持つ自衛隊!」とか言って、89FVや10TK、03式中SAMがさも多数配備された自衛隊の主力装備であるかのようにイメージ操作してる記事と似たような、実態とかけ離れたイメージを与えるヨタ記事の匂いが。
靖国神社参拝にネガティブな評価を下すアメリカ人(要職に居る人も含め)の方がどう考えても多数派だと見えるんだけどなぁ。