RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
18
CM:4
TB:0
19:04
Category : 未分類
 別にオリンピックで日本が勝とうが負けようがどうでもよい。だが、そればかり報道されるのも困る。なんせ興味がないので、つまらないこと限りない。

 世の中には、芸能スポーツには興味がない層もある。昔なら昨晩の野球の話、今なら夜半のサッカーの話をすれば、誰とも話の接穂になると考える者がいるが、それは誤りだ。芸能やスポーツに興味を持たないものには、却って苦痛な話である。

 女性のいる店で、女がサービスのつもりで助平な話をするようなものだ。アレは聞くに堪えない。

 同じように、オリンピックの話で、踊りで4位だっただの、飛んだり跳ねたりで銅賞もらっただのの話をされても、うざったいだけである。さらにそれを、東北に希望云々いっているのは、全く聞くに耐えない。その志があるというなら、勝手に被災地にいって踊るなり、飛び跳ねればいいだろう。

 オリンピックで勝ち負けしても、社会には何の影響もない。そのようなどうでもいい話よりも、社会に影響が与える事件や、社会が変化しつつあることを示す話をしたほうが良い。

 そもそも、オリンピックは見たくて見ているものなのだろうか? 

 視聴者や読者がオリンピックを見るのは、放送局はオリンピックを見ろ見ろといった結果にすぎない。視聴者は「みんなが見るから」と見ているだけであり、放送局も「みんなが見るから」と放映権を買って、コマーシャルを売りつけるだけである。オリンピックの、しかも冬季大会の競技なぞ誰も知らない。そもそも、放送局も、知らない競技である。そのような競技を見ても、面白いはずもない。

 なに、競技なんか誰も見ていない。見ているのは、日本が何位になった、金賞か銀賞か銅賞かだけである。それなら、あんなに時間を費やす必要もない。そもそも速報の必要も、動画の必要もない。どうせ競技を見ても何もわからない。それなら、翌日のニュースか新聞に結果だけ載せればいいだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

アニメとミリタリーだけ映るテレビがあればなあ…

大本営発表

正に大本営発表ですね。ウソ八百の例えではなく、本来の意味での。当時はあんなモノでもマスコミはコレを基に記事を書き上げて、国民の興味本位の需要を満たしていたわけです。経過なんてあまり意味なく、結果大事で、かつ成果があがり続ける限りは十分機能していたわけです。

No title

競技スポーツなんて相手がコケれば自分がイマイチでも勝てるのに
一生懸命応援してるのは馬鹿みたい
アメリカはスポーツ興味無い人がそのまま生活できるらしいのでこういう時はうらやましい
日本もスポーツ専門局でも作ってそこでずっと放映してればいい
同じチャンネルでニュースもスポーツもドラマも放送するからウザったい番宣を延々見ることになる

大本営発表といえば

>ヱランさん

今となってはだいぶ昔の話。

オリンピックだか何だかだったと思うけども、サッカーでブラジルに勝ったとき、スポーツ新聞から夕刊紙から果ては一般紙まで「ブラジルに勝利」の大見出しが出たときは、この国はブラジルに奇襲攻撃でも仕掛けたのかと思ったなどということを思い出しました。